働き方改革の推進や年功序列・終身雇用制の廃止、外国人留学生の雇用促進など、“仕事の在り方”が徐々に変化している現代。しかし就活では未だに水面下で学歴フィルターを使って、就活生の能力関係無しに篩(ふるい)に掛ける話もしばしば聞かれます。人材不足に苦しんでいる昨今、なぜまだ学歴フィルターにすがった採用活動を企業はしてしまうのか? 今回はその点について解説していきましょう。

 

 

 

学歴フィルターが存在する理由

 

「あそこの企業は東大卒ばかりだから高学歴じゃないと無理だよ」「仕事に活かせる資格を持っていても〇〇程度の学歴が無いとエントリーすら不可能」。就活生の皆さんはこういったセリフを一度は聞いた事があるのではないでしょうか?

“当人のスキルや意欲に関係無く在籍校の偏差値で可能性を図り、その水準に満たない人物は省く”という採用手段を俗に「学歴フィルター」と称しますが、国内に点在する大手企業の一部(とりわけ認知度の高い人気企業)では未だに学歴フィルターを用いて就活生を“取捨選択”しています。

 

学歴フィルターは人によって企業によって基準点が異なり、A社では「MARCH・関関同立以上なら高学歴だしそれ以下は募集しない」、B社では「役員が東大や一橋大出身者ばかりだから、その水準が欲しい」、C社は「日東駒専クラスでも問題無い」などとバラバラです。

ですがたとえ学業において優秀な成績を収めた高学歴でも、仕事にシフトしても本当に優秀かどうかは、選考の時点で確証を持って見極める事はほぼ不可能。

仕事には筆記試験のように明確な答案があるわけではありませんし、仕事そのものにも得手不得手があるわけですしね。

そのため、海外の就活では新卒一括採用が無く、学歴を重要視しない代わりに「応募者が何を得意とするか」「保有スキルが利益に直結するか」など実力に基づいて判断する事がほとんど。

しかし日本企業では歴史が長く、盤石な会社基盤がある人気企業ほど“学歴信仰”に囚われて“不確かな採用活動”を行うケースが見受けられます。

なぜこうなってしまったのかというと、それは新卒の専門性の無さや、企業が思い込む優秀な人物像が大きな要因として考えられるでしょう。

 

 

たとえアルバイトで与えられた仕事の流れを体系的に学んできたとしても、新卒は社会人経験・実務経験が無いのがほとんど。学校生活でも、専門学校や情報技術特化の学部に所属していない以上は、希望する業務の実践的スキルについて学べるわけではありません。

そのため多くの学生は自身の“やる気”“将来性”を前面にアピールして相手を説得する形になるわけですが、誰もが知るような人気企業志望だと、この他に“学歴”が判断材料として付加する事になるのです。

 

大手人気企業では毎年何百何千と膨大な人数が集中してエントリーしてきます。人事担当者も送られてきた書類を一枚ずつ懇切丁寧にチェックしていては、費やす労力が甚大なのはもちろん、採用に掛ける時間も大幅に超過する事でしょう。

そこで、就活生の出身校のレベルを分かりやすい足切りの判断に使い、高学歴はセミナーや選考を受けられる。“一般レベル”はお見送りという風に人を選んでいるわけです。

先ほども言ったように、求職者が本当に仕事で真価を発揮してくれるかどうかは“働いてみた後”じゃないと分かりません。

しかし、数えきれないほどの応募が殺到する人気企業では、“優秀さ”の分かりやすい指標に学歴を置き、採用の失敗をなるべく犯さないようにしているのです。

 

たとえ実務経験皆無といえど、高学歴は幾多の難関な試験で目を見張るほどの実績を残し、それを可能にするために日夜努力を重ねてきた人物。

そのため、「高学歴なら仕事を覚えるスピードは期待出来るし、それを効率良くアウトプットする能力も期待出来るだろう」という希望的観測に基づいて優遇されます。

また、採用担当者は選考が進んだ人物や内定を得た人物について、社長や役員に「なぜそんな判断になったのか」という根拠を明示しなければなりません。

実は大手人気企業の経営陣ほど学歴に固執する傾向にあり、たとえ採用担当者が学歴以外で採用の決め手になる要素を見出したとしても、最終的な採用決定権を持つ経営陣がそれに納得出来なければ結果的にお見送りとなってしまいます。

そういう過程と掛かる労力を身をもって知っているからこそ、人事担当者は学歴を足切りの材料に使い、高学歴に絞った採用活動に専念してしまうわけです。

 

就活では学歴が重要になるのか?

 

前述では大手人気企業で発揮される学歴フィルターの存在感について解説していきましたが、読んでいて「オイオイ、結局就活は学歴が左右するのかよ」と、肩を落としている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに学歴は資格などのように少し努力すれば簡単に手に入る、覆るようなものではありませんし、事情ありきで難関な大学に入れなかったという人も就活生の中には含まれるので、多くの就活生に最初から人気企業に対する選択の余地が無いという意味で、学歴フィルターは“残酷”だと感じます。

ですが“人気”企業はある種“仕方ない”としても、大手企業の中には学歴以上に本人の適性や仕事への意欲的な姿勢を考慮して採用を決めるところも存在します。何の経験も無い状態で新卒として入り、今では主任係長として自分より学歴が上の部下を指導している人。アルバイトとして下積みを重ねて正規雇用された人など、たとえ大手規模でも学歴を全てと考えず当人の能力や姿勢を真摯に受け止めて判断する事は往々にしてありますよ。

 

それに数万社ある国内企業の9割ほどは中小規模ですし、残りわずか十数%~数パーセントの企業群に狙いを絞って玉砕し、就活に対して絶望してしまうのは非常にもったいない。

また、大手に比べて仕事にやりがいを感じやすく成長も見込める中小では、学歴はそこまで意識されません。

もちろん、人材不足で若手が集まらず学歴にこだわっていられないという背景もありますが、個人の裁量が大きくなる企業ほど“学歴よりも意欲や適正が大事”だと認識して採用活動に取り組んでいますよ。

高給やネームバリューに優れた企業や専門性に富んだ仕事では、どうしても新卒を見極める手段として学歴をあてにしがちですが、一部の大手や中小そしてベンチャー企業だとそこまで学歴が重視されないので、“何がこの企業で求められているか”をしっかり分析した上で就活をこなしていきましょう!

まとめ

就活で毎度まことしやかに囁かれる学歴フィルターですが、今回の記事で紹介したように、学歴で就活生を大別するのは膨大な応募が集中しやすい大手人気企業が主であって、全ての大手で学歴フィルターが活かされているわけではありませんよ!

学歴という壁に振り回されて思うような就活が出来なくなるのを避けるために、就活生の皆さんは企業理念への深い理解はもちろん、余った時間で資格取得や業務の勉強など、学歴とは違う自身の魅力を高める努力をしていきましょう。