就職活動を進めていく中で内定をもらえなかったらどうしよう。と心配になる方も多いです。今回は就職活動での成功とする人と失敗する人の特徴のご紹介や成功させるためにやるべきこと、就職活動の失敗についてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

就活で成功・失敗する人の特徴について

 

就職活動を成功させる人と失敗が続いてしまう人には大きな差があります。ここではそれらの特徴をいくつかご紹介いたします。

 

【企業や自分に対する自信】

面接では「いかに自分をアピールするか」が大事で、企業からの質問に対する自分の答えには自信を持って答えることが大切です。皆さんが面接官だった場合、「頑張って働きたいと思ってくれる人材」を雇いたいと考えますよね。「多分…頑張れるかな。」という答え方をされては「将来うちの会社で活躍してくれるのかな」と不安になってしまいます。どれだけすごい実績を残したとしても、その実績が仕事で活かされるのかは分かりません。その実績を取るまでにどれだけ努力し、その努力をどう仕事に活かせるのかを伝えることが重要です。

 

【コミュニケーション能力】

一部の就活生の間では「コミュニケーション能力が高い=誰とでもすぐに仲良くなる」という考えを持つ方がいますが、これは大きな間違いです。社会におけるコミュニケーション能力というのは、相手の言いたいことを理解した上で、自分の言いたいことを相手にわかりやすい言葉にでき、円滑に話を進めていくことができる能力のことを言います。すぐに仲良くなろうと、面接官に対して敬語で話さなかったり、軽率な言動をとったりする方も実際にいますので注意しましょう。

 

【準備に費やす時間】

人によって準備をする時間や量はそれぞれです。「これぐらいでいいや」と終わらせ何もしていない間にも、他の就活生は準備を着々と進めていきます。「面接は会話なんだから対策のしようがない」と思うかもしれませんが、企業が知りたいと思うことの中に、よく聞かれる質問があり、それ対する答え方を練習しておくだけでも本番での答えやすさが段違いです。また、さまざまな理由から、準備不足のまま就職活動に臨む場合もあります。内定をもらえなかった場合、どうして内定をもらえなかったのか、問題に対する原因究明をするかしないかで、今後の就職活動は大きく変化します。そして、面接だけでなく、見落としがちの身だしなみにも気を付ける必要があります。清潔感のある人はそれだけで好印象を与えます。

 

 

 

就活を成功させるためにやるべきこと

 

就職活動を成功、または有利に進めるためやるべきこと、それはまず「目標を定めること」です。当たり前のことのように思えますが、なんとなくで就職活動をしている就活生が多いのが実情。そして就職活動における目標は就職になるわけですが、就職を達成するにあたり細かいゴール設定をすることが大事です。例えば、「会社説明会への参加をする」や「知り合いと一緒に面接の練習をする」などでも構いません。自分で細かい目標を作り、それに合わせて動くことが成功への近道と言えるでしょう。また、目標設定というのは自分の将来を決める機会でもあります。自分の将来のビジョンが明確になっていれば、志望動機も自ずと思い浮かんでくるものです。その時に、「就職活動を周りが一斉に始めたから自分もなんとなく始めてみた」という方が大勢います。この場合「就職できたとしても与えられた仕事しかせず、成長意欲がないまま転職を繰り返してしまう。」なんてこともあり得ます。就職活動というのは「人生で一番頑張らなければいけないイベント」です。他人のことでなく自分の将来のためだと意識して行動することが良い企業を見つけるきっかけになります。

 

 

就活で失敗したらどうなるのか・・・

 

人生において、就職活動というのはとても大事なイベントです。そのため「就職活動失敗=人生の終わり」と考える方が非常に多いです。しかし内定がひとつももらえなかったからといって就職活動を失敗と決めつけてしまうのは早いのかもしれません。例えば春夏採用の就職活動で内定がもらえなくても秋冬採用の就職活動があります。仮に秋冬で内定をもらえなかったとしても悲観する必要はありません。就職留年という方法が一番主流ですが、これは大学に留年して学生として就職活動を行うものです。ですが企業によって、留年理由を細かく聞いてくる場合があるため、それらに対する答えをきちんと用意しておくようにしましょう。また正社員として働くことがステータスに考える方がいます。しかし、アルバイトをして生活費を稼ぎながら就職活動をすることは珍しいことではなく、一つの選択と言えるでしょう。周りと同じタイミングで就職活動のスタートを切ったからといって周りと同じタイミングで就職活動の終了を見込めるとは限りません。自分にとって良いと思う企業を見つけ、それに向かって前向きに行動することが就職活動を成功させるコツです。

まとめ

 

今回は就職活動中、またはこれから就職活動に臨む方向けの内容となりました。就職活動に対する心構えは人それぞれですが、就職活動の終わりを決めるのは自分自身だということを忘れてはいけません。絶対にどこにも就職できない人間はだれ一人として存在しません。就職活動について悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひ当記事を参考にして良い企業を見つけてみてください。