SNSの爆発的な普及によって広報をはじめとする企業の採用活動にも変化が現れ始め、TwitterやFacebookなどを用いて業界・企業の情報を提示する事で、求職者は以前よりも企業理解が容易になったといえます。このソーシャルリクルーティングを導入する企業は国内でも続々生まれてきておりますが、就活生はこの採用活動にどう向きあっていくべきなのでしょうか?

 

 

 

ソーシャルリクルーティングが普及した背景

 

「ソーシャルリクルーティング」とは簡単に言ってしまえば“SNS上での採用活動”を指す言葉であり、少子高齢化によって労働力の確保に難儀している現状で効果が期待されていて、従来の広報活動だけでなく公式アカウントを作成しPRする企業も増加してきましたね。

TwitterやFacebookなどのSNS自体は10年以上前に生まれており、なぜここ数年になってソーシャルリクルーティングの関心が高まっているのかというと、ネットの利便性と情報量の向上によって企業が就活生に身近な存在になったからといえるでしょう。

スマホやタブレットなどで手軽に情報を手に入れられるだけでなく、SNSで誰とでも繋がる事が出来る。またFacebookで実名登録をすれば就活用の情報集め以外でも企業のアカウントと関わりを持てて存在を知らせる事も出来る。テクノロジーの発展はもちろん、こういった就活生の意識や手段の変化もソーシャルリクルーティングが国内で普及してきた要因に考えられています。

 

企業側も、今までは一方通行な情報発信で限られた就活生にしか注目されませんでしたが、SNSを上手く活用する事で膨大な数のユーザー(就活生や中途)の目に留まり、情報を共有でき、企業の認知度を高めやすくなったのです。広報の有用性やアカウントの話題性でバズり、何千何万のフォロワーを得て人気になった企業も存在するので、“優秀な人材を確保する”“顧客を増やす”意味でもSNSの活用は重要な生存戦略の一つといえるでしょう。

SNSは若年層の利用が多く、また就活生になるとSNSで企業のアカウントをチェックしたり評判を検索したりする傾向にあるので、“ユーザーにとって有益な情報を提供出来ているかどうか”も企業は気にしなければなりません。

 

また、今までは就活生から企業にアプローチを掛けて時間を割いて意思の疎通を図るのが一般的でしたが、ソーシャルリクルーティングだと企業が気になる人材へ声を掛けたり、SNSを通じて互いにコミュニケーション(質疑応答)を取れるのが大きな特徴となっています。

企業・就活生の双方向のコミュニケーションが実現する事で、企業は相手のアカウントから“性格”“趣味嗜好”“熱意”“特技”などを知る事が可能になり、就活生は情報を発信している企業の取り組みだけでなく社内風土もイメージ出来るので相互ミスマッチを減らす事も期待出来るのです。

そして、企業SNSは一般消費者からのコメントを貰いやすいので、会社としても傍からの客観的な評価を得て次に活かせるというメリットも。

それ以外でも、法人・個人に関係なくSNSの利用はタダなので、イベントや説明会で掛かるコストを大きく削減出来るという点もメリットに含まれますね。ただデザインや運用に掛かる人件費などは必要になりますが、既存の手法よりも大幅に“節約”しつつ採用活動に励めるのは魅力的なのです。

 

ここまで読んだ人は、「どうせこんな例は海外企業とか先進的な働き方をする大手の一部だけでしょ」と考えるかもしれません。確かにソーシャルリクルーティングは海外で主とされる採用戦略なのですが、国内でも大手中小に関係なくSNSで採用情報の告知やイベントの詳細を提示する企業が増加傾向にありますよ。

 

SNSで採用活動を行う企業

 

既存SNSを使い、フォロワーやそれ以外のユーザーの関心を引いて人材を見繕う方法は上記で説明しましたが、SNSの選択によって得られる効果は違ってきます。

TwitterやFacebook、Instagramなどは10代を始めとし、40代50代と幅広い人気を誇っていますが、TwitterだとFacebookに比べてアクティブユーザー数が多く、話題性に繋げやすいですが文字数制限があるだけでなく他のSNSよりコミュニケーションを取りづらいので、より有益な情報を与える・本格的な採用にシフトするには別のサービスや自社コーポレートサイトに誘導する必要があります。

具体的な例を挙げるとすると、近年でシャープ株式会社(SHARP)の広報アカウントが商品に関わる情報を出すだけでなく、親しみやすいキャラクター性がウケて多くのフォロワーを獲得しました。

しかし、先ほど語ったようにTwitterでは性質上、特定の人物に向けてコミュニケーションを取るというのが難しいので、新卒入社を希望する人向けに自社サイトに導かなければならないのです。

つまり、“とっつきやすい”“企業を知るきっかけ作り”という意味ではTwitterは有用ですが、ここでは採用活動の1から10までを賄う事が出来ないというわけですね。

 

一方、FacebookではTwitterとは違って実名登録が基本となるので、企業はフォローしているユーザーの情報を探りやすいです。代表的な企業はライオン株式会社や株式会社ニトリが浮かびますね。現にFacebookをソーシャルリクルーティングの主な舞台に考えて、多くの企業が新卒採用ページを開設・運用しています。ただTwitterと比べてユーザーの平均閲覧時間は少なく、年齢も20代や30代が多いので、新卒だけでなく中途へ向けた情報も求められるでしょう。

 

そしてInstagramは、主に写真を用いてユーザーと交流を図るという特徴を持っています。説明会やHPだけでは知れないような、職場の雰囲気や仕事風景などを掲載する事で視覚的に就活生の興味を引きやすいようです。Instagramを使ったソーシャルリクルーティングは国内でも増加してきており、Twitterと同じく若年層のアクティブユーザーが多いのですが、Twitterよりもセンスが問われる事もあり、秩序を意識せざるを得ないため炎上しにくいという特徴を持っています。

このように各SNSによってソーシャルリクルーティングの在り方は大きく異なります。就活生の皆さんは一つの媒体に拘らず、TwitterやFacebookなど並行して情報収集に当たりましょう。

 

就活生はSNSとどう向きあっていくべきか

 

たとえ企業とネットを通じて気軽に質疑応答が出来るといっても、マナーを欠如した振舞いをしてしまえば一気に窮地に立たされる事でしょう。

今のデジタルネイティブな就活生はテクノロジーの発展と共に成長して多くのデバイスに触れる機会がありますが、幼い頃から学校でネットリテラシーについて学んできたわけではありません。

そのため、相手との距離間や立場をいまいち理解出来ず、ちょっとしたイタズラ心でSNSに不穏当なツイート・書き込みをして、人生を大きく左右するような大炎上をしてしまう事も未だにあるわけです。アルバイトの従業員が飲食店で食材を粗末に扱ったり、風紀を乱すような行いをしたりして解雇され、企業に賠償を求められたなんて報道も過去にありましたね。

 

これはあくまで極端な例ですが、ネットを多用する現代の就活生でも同じ事が言えます。

企業はフォローしてくれているユーザーの情報をチェックするものですが、そんな相手が未成年にもかかわらず飲酒喫煙の写真を載せていたり、常識に反するような行動を嬉々として行っていたりしたらどうなりますか? 言うまでもなく相手からの印象は最悪で、こちらが働く事に前向きでも相手から払いのけられる事でしょう。

もしかしたら“要注意人物”として企業間のブラックリストに載るかもしれません。表面上は好青年を装っていても過去に問題行動を起こしていたのなら、誰だって採用したいなんて思いませんからね。

なので、ソーシャルリクルーティングを上手く活用してマッチ度の高い企業と巡り合いたいのならば、日頃からSNSの使い方に気を払い、“地雷”となる投稿はすぐさま削除しておいてくださいね。

まとめ

採用活動の新たな形であるソーシャルリクルーティングは人材不足を解消するきっかけとして注目されてきており、自社HPやハローワークなどで簡単な求人しか出していない企業よりもSNSで情報を発信している企業の方が会社風土や事業を深く知れるので、ユーザー(就活生)からの支持が厚いです。是非、就活生の皆さんも開設された志望企業のアカウントをフォローして、企業や業界の分析に役立てていきましょう。