みなさんの中で、会社説明会への参加をしたことがある人は多いかと思いますが、座談会に参加した経験がある人はどのくらいいるでしょうか。座談会への参加は直接的に選考に影響することはありませんので、積極的に参加する人は少ないように感じます。就活における座談会は全ての企業で行われているわけではありませんが、多くの企業で実施されています。また企業説明会の後で行われることも多いため、せっかくだから参加してみても損はないように感じます。そこで本記事では座談会について取り上げて、参加するメリットや座談会で質問したいことをお伝えしていきます。

 

 

 

 

就活における座談会について

 

就活の座談会ではどのようなことが行われているのでしょうか。座談会は会社説明会のように一方的に話を聞くだけでなく、実際に企業で働いている先輩社員とコミュニケーションを取ることができる場です。ただ会社の説明を聞いているだけだと働くことに対するイメージを掴みづらいですが、現場で働いている社員と交流することで会社の雰囲気も感じやすくなりますよね。またネットだけでは得ることができない情報も、社員に質問することで知ることができるため貴重な機会といえるでしょう。では、この座談会は一体なぜ行われているのかですが、会社のより具体的な良さを感じてもらうため、就活生のことを知りたいという2点が目的として考えることができます。就活では採用担当や役員などの会社の一部の人としか関わることがありません。就活生と年齢の近い社員と交流できる場面というものは少ないものです。ですので、会社側は座談会を開催し、できるだけ就活生と年齢の近い社員との交流を通して、会社や仕事のことを知ってもらうことで良さを伝えたいと考えています。年齢の近い人だと価値観も似ていることもあるため、感じている良さを共有しやすいですよね。また、会社が就活生のことを知りたいという目的については、就活生から出される質問からどのようなことに関心があるのかを知ることができるからです。企業にもよりますが、座談会は選考と関係することはほとんどありません。しかし、どんな学生が来ていたかという情報を得ることができます。会社は時間や人件費を割いて座談会に参加していますので、学生の関心ごとやどのような人が来ていたかを知るなど、何かしらの収穫を得たいという考えがあることは当然といえるでしょう。

 

座談会に参加するメリット

 

それでは座談会に参加することで、どのようなメリットを得ることができるのでしょうか。一番大きなメリットは企業説明会では知ることのできない情報を得られることでしょう。会社で働いてその雰囲気を感じている社員から話を聞くことができるため、現実的な内容を知ることができます。ネットだけでは知ることができない情報でずっと気になっていたことも聞けるチャンスでもあります。また会社からの情報だけでなく一緒に参加している学生もいますので、その人たちの質問からどこに注目しているのかなど、ライバルについても知ることができます。座談会で得た情報はその場だけのものではなく、今後の就活に活かすことができます。場合によっては会社のパンフレットや企業HPにも載っていない情報を手に入れられることもありますので、その情報を面接で触れれば、一目置かれることになるかもしれません。また情報を手に入れることができるメリットの他にも、顔を覚えてもらうことができる機会になることもメリットとして挙げることができるでしょう。座談会は小規模で行われることが多いですので、質問内容や座談会での話の聞き方等の参加する姿勢で好印象を与えることができれば顔はもちろんですが、名前までも覚えてもらえるかもしれません。選考には直接影響しないことは繰り返し言っていますが、こちらから自分のことを相手の印象に残して選考の場面で活かすことは出来てしまうのです。

以上のように座談会に参加することで、普段知ることができない情報を得ることができると同時に、自分の存在を会社の人に認知してもらえる可能性があります。これらは今後の就活、とくに面接という選考の場面で活かすことができる利点になります。

 

座談会で質問したいこと

 

では最後に、座談会でどのようなことを質問したらよいかお伝えしていきましょう。質問の内容を考えるためには、前提としてその会社のことを知っていなければなりません。つまり企業研究をする必要があるということです。企業研究をすることで質問の内容にも深みが出てきます。具体的にどのようなことを聞いていけばよいかですが、基本的には会社説明で触れられなかったことについて質問することが望ましいです。一度説明された内容を質問で聞いてしまうと「話を聞いていなかったのかな」と思われてしまいます。もし会社説明で話が出た内容かどうか自信がない時は「会社説明の方で一度説明があったかもしれないのですが、」とひと言入れてから質問するようにすればよいでしょう。また事前に企業研究をして参加するわけですから、自力で調べることで得られる情報について質問することは避けた方がよいです。準備不足と感じられてしまいます。加えて、会社が答えづらい、答えることができない内容を質問すること、そして自分にしか関係しないような質問も控えるようにしなければなりません。「どうすれば入社することができますか?」、「入社後は○○部署に配属してもらうことは可能でしょうか?」これらは会社側も回答をし難いですよね。また、「○○大学出身の方はどれくらいいますか?」、「私は御社に適正であるといえますか?」という質問は個人的質問であるといえます。それぞれ控えた方がよいでしょう。

座談会でおすすめしたい質問は、ぜひ参加している先輩社員に関することです。先輩の志望動機や、就活で苦労したことも質問することができますし、就職してから現在に至るまでの流れを聞いてみるのもありです。また、仕事に関することだけでなく、同期とのコミュニケーションの内容や先輩社員や後輩社員との関係性について質問することもいいですね。

以上のように、質問するためには事前準備をすること、避けるべき質問があることを頭に入れ、ぜひ参加している先輩社員に関することを聞くようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は就活での座談会についてお伝えしてきました。どちらかというと企業説明会に注目してしまいがちですが、座談会に参加することも有益です。企業説明会に参加するだけでは得られない情報もありますし、実際に働いている先輩社員の声を聞くことができます。やはり、就職を考えている会社のイメージをより具体的に持つようにするためにも座談会に参加してより多くの情報を知ることが大切といえます。みなさんも、座談会が開催されることがわかったら積極的に参加するようにしてくださいね。