一つ前の記事では「インターン生必読!就活と学業・アルバイトを両立しよう!(その1)」として就活と学業についてお伝えしてきました。今回は第二弾として「就活とアルバイト」の両立をしていくためのお話をしていきます。学業編と同様に、アルバイトをしている学生の中には、これから就活が本格化してきた時に両立していくことに不安を抱く人もいることでしょう。ですが、これから本記事でお伝えすることを意識することができれば、きっとアルバイトをしながらでも就活を成功させることができます。

 

 

 

 

就活とアルバイトではどちらが優先か?

 

みなさんが就活とアルバイトのどちらを優先しますか?」と聞かれた時、どちらを優先すると答えますか?多くの学生は「就活が優先なのは分かっているけど、アルバイトもしないと・・・」と感じるはずです。結論はその通りで、就活とアルバイトの優先順位では就活が第一になります。就活は、今後の人生を大きく左右するターニングポイントですので優先しなければなりません。学業の時はその就活の内容と比べて優先順位を比べるようにお伝えしてきましたが、アルバイトの場合には就活の内容が選考には直接関係のない企業説明会等であったとしても就活が第一です。たとえば、上司からシフトに入ってほしいとお願いされた時でも事情を話して就活を優先するようにしましょう。またアルバイトをしていることで就活の準備に支障をきたす場合にも注意が必要です。アルバイトが選考までビッシリ詰まっていて、面接対策も筆記試験対策も満足にできなかったとなると本末転倒です。万一、現在のアルバイトを継続することで就活に良くない影響を出すようであればシフトの見直しをお願いしたり、アルバイトを変えるなどして対応していくようにしましょう。

しかしそうは言っても、就活中でもアルバイトをしてお金を稼ぎたい人がいることもまた事実です。一人暮らしをしている学生であれば食費や趣味に使う費用等を自分で稼ぐ必要がある人もいるでしょうし、就活にも費用が大きくかかるものです。もちろん就活とアルバイトを比較した時は就活を最優先にしなければいけませんが、就活中にアルバイトをしてはいけないわけではありません。就活とアルバイトのスケジュール管理を行いながら、就活を優先することさえできれば、あとは自由です。ですので、「就活が最優先事項、でもアルバイトもすることはできる」ことを覚えておきましょう。

 

 

 

就活とアルバイトを両立していくためには?

 

それでは、就活とアルバイトを両立させるために何かよい方法はないのでしょうか。就活を優先事項として考える必要がありますので、両立の対策をたてる時は、アルバイトを上手にこなしていくことが大事になるでしょう。まずは学業の場合と同様にスケジュールの把握をしなければなりません。自分が受ける企業で実施される就活のイベントを可能な限り早くスケジュールに盛り込み、絶対に他の予定を入れることができないようしておきます。これができれば、空いている日はアルバイトのシフトも安心して入れることができますよね。ただここで注意しておくことがあります。それは就活のイベントの内容によっては用意しなければならないものが出てくるはずです。一番わかりやすいのは選考に伴う提出書類です。履歴書やエントリーシート、場合によってはポートフォリオを提出することもあることでしょう。提出物の準備に要する時間のことも考慮しながら、アルバイトしていかなければなりません。提出物の準備だけでなく、選考対策のための時間もとらなければなりません。就活のイベントの日程を盛り込んだら、そのための準備スケジュールを考えて計画が完了します。そこでようやくアルバイトに安心して取り組むことができるようになるわけです。しかし、就活のスケジュールを立てる前にすでにアルバイトのシフトが組まれている場合もあることでしょう。その時には、バイト先の店長や上司、同僚に事情を話して配慮してもらえないか交渉する必要があります。アルバイト先によっては難色を示されることも否定できませんが、あくまでも就職が最優先です。シフトの変更が必要な場合や就活のために出勤日数を減らしてもらえるように事前に伝えるべきことを伝えて、アルバイト先に最小限の影響で済むように心がけましょう。また、就活と両立するためにアルバイト先を変更するのも一つの方法です。夜に働けるアルバイトや土日限定のもの、日雇い等の短期、単発のアルバイトがおすすめです。

以上のように、就活とアルバイトを両立していくためには、就活の行事をできる限り把握できるようにスケジュールを組み、それをもとにアルバイトの仕方を工夫する必要があります。なお、両立する際には、無理が重なることがないように体調管理にだけは十分に注意するようにしましょう。

 

アルバイトしていることは就活に活かせる!

 

就活とアルバイトを両立することは、心身ともに疲れてしまうもので大変なことです。しかし、就活中にアルバイトを続けていることにはメリットもあります。いくつかご紹介します。

・時間管理をアピールすることができる

就活中でも学業をしなければなりませんので、アルバイトをしながらですと3つのやるべき事をこなしていることになります。3つのやるべきことを上手にこなしているということは、時間管理ができて、物事に優先順位をつけることができる人物と評価されることにつながることでしょう。このようにPRポイントにすることができるメリットがあります。

・息抜きしながらお金を稼げる

就活がスタートすると忙しい毎日となり、肉体的にも精神的にも疲れや不安を感じてしまい気持ちに余裕を持つことができなくなります。しかし、そんな時にアルバイト先の人たちと会話をしたり、アルバイトに集中して取り組むことで就活のことを忘れることができ、気持ちをリフレッシュすることができます。また気持ちの気分転換をすると同時に、必要なお金も手に入れることができます。就活では思っているよりも費用がかかるものです。リクルートスーツ一式、履物、カバンなどの身につける物だけでなく、就活のイベントに参加するための交通費や宿泊費等も発生する可能性があります。アルバイトをすることで少しでも金銭的な余裕を持つことができるというメリットがあります。

このように、就活とアルバイトを両立することは、時間にも追われて疲れるというデメリットだけでなく、就活に活かすことができるメリットがあります。

 

まとめ

 

前回のテーマに引き続き、今回は就活とアルバイト両立していくためにはどうしたらよいかにつてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?就活とアルバイトを同じ天秤にかけた時、就活が優先されることになります。しかし、同じ天秤にかけることができる以上、アルバイトをしてはいけないわけではありません。就活を第一に考えながら、アルバイトもすることができます。また、アルバイトをすることで、物事に優先順位をつけることができるようになったり、息抜きをしながら、就活に必要な費用を手に入れることができます。みなさんも就活とアルバイトを同時にこなすことに不安を感じるかもしれませんが、就活を成功させることができますので安心して両立していきましょう。