自己分析や企業研究、履歴書・エントリーシート等の書類作成、面接対策、そして本番と就職活動は長期に及ぶ戦いです。書類を何枚も書き上げる作業や、面接の練習も繰り返し行い、本番へ向けて準備を進めているうちに疲れてしまう人や内定が中々もらえずに嫌気がさす人もいるはずです。そこで今回は、「もう就活したくない」気持ちや「うまくいかない不安」な気持ちと上手に付き合い、就活をやり抜くための方法を紹介していきます。

 

 

 

就活したくない・・・気持ちの原因は何ですか?

 

あなたが「もう就活したくない」と思う気持ちの原因は何でしょうか?きっとその原因は一つに限らずたくさんあることと思います。私も就活をしていた時は、就活に対して恨めしく思うことが多くあり、「もうやめたい・・・」とよく言っていました。

・内定がもらえない

・周りが内定をもらい始めてプレッシャーを感じる

・履歴書やエントリーシート等の書類作成に疲れた

・面接のたびに緊張してしまい辛い

・グループ面接で他の就活生と比べて劣った回答しかできなく劣等感を感じる

・毎日、就活のことを考えてしまうため楽しくない

・なんとなく面倒くさい

以上のような就活に行き詰っている時や繰り返しの就活準備や対策に飽きてしまい嫌気を感じる時、一日中就活の事を考える日々から解放されたいと思う時、もはや就活自体がどうでもよくなって面倒くさいと感じるようになった時に就活をしたくないと思うことがあるのではないでしょうか。私もよく上記のようなことを感じていました。就活をスタートした時は「よし、やるぞ!」と気合十分だったのですが、何枚も書類を作成しているうちに飽きが出始め、周りが就活を終えたという話を耳にするようになると焦りが生じて、気持ちが疲れてきました。「もう就活をしたくない」と感じている理由はそれぞれ違うかと思いますが、私もこの気持ちを経験したことがあるのでみなさんの気持ちがわかります。この気持ちだけを素直に受け止めてしまうと、就活を進めていく足を引っ張るように感じてしまいますよね。ですが、この気持ちは決して悪いものではなく、自分の気持ちと向き合うことができる機会であると同時に、就活を振り返るタイミングにもなる機会ですので前向きに捉えるようにしましょう!

 

就活がうまくいかない時は振り返りをしよう!

 

前述した「もう就活をしたくない」と思う原因の中でも、なかなか内定をもらうことができないというのは多くの学生が感じている印象があります。ここでは就活で思うような結果を得ることができずにいる学生へ「就活の振り返り」をおすすめさせてください!「納得のいく結果が出ないからもう嫌になった」という気持ちは当然に出てくるものですが、それに合わせて「どうして上手くいかないのか」と考えることも大切です。上手くいかない原因を追究するということですね。そこで出てくるのが「就活の振り返り」になります。就活をスタートしてから現在に至るまでの就活を見直してみましょう。たとえば次のような項目を見直していきます。

・自己分析は行ったか?

・企業研究は行ったか?

・履歴書・エントリーシートの内容や書き方に問題点や改善点はないか?

・面接時の髪型や服装、立ち居振る舞いなどのマナーは守られているか?

いずれも基本的なことと思われますが、振り返りを行う上で欠かすことができないものです。基本を見直し、基礎を固め直すことで上手くいかない原因が見えてきます。就活の入口に振り戻しになるのではなく、経験を踏まえて振り返りを行うものですので前向きに考えましょう。自分一人での見直しもよいですが家族や友人、ゼミに所属している学生は担当教員など周囲に相談して客観的に見てもらうのも有効です。自分の中では「問題ない」と思い込みがある可能性もありますので、周りからアドバイスをもらい、自分の魅力の気づきを得ることも大切かと思います。人に相談するのは少し抵抗がある人もいるかと思いますが、行き詰っている就活を打開していく手段のひとつですので積極的に相談してみてはいかがでしょうか。きっと一人で抱えていることも共有してもらうことで、不安を解消していくことにもなるでしょう。

 

就活が”つらい”と感じたらリフレッシュしよう!

 

ここからは就活が思うように進まない人だけでなく、1の項目で挙げたような就活に疲れた人や面接等の入社試験で緊張してしまい辛く感じている人、周りの就活生と比べて劣等感を感じている人、楽しくないと思っている人など就活漬けの学生へ向けて、気分を切り替えることをおすすめしていきます。

就活に対する思いは、「超有名な企業に就職する!」、「小さい頃から憧れていた職業に就く!」など人それぞれ異なります。目標を達成するために一生懸命に就活準備、対策に臨むことでしょう。しかし、まずは“体が第一”ということは忘れないようにしてください。目標を持っていても就活を進めていくにあたって「つらい」と感じることは必ずあります。強い気持ちのまま走り切ることも素晴らしいことではあると思いますが、つらい、疲れたなど気持ちが弱まったと感じた時は、踏ん張って頑張るのではなく気分転換をしてみましょう。

①好きなだけ睡眠をとる!

就活中は応募する企業の数だけ履歴書やエントリーシートなどの必要書類を作成しなければなりません。作成にあたっても自己分析や企業研究とやることは膨大です。それに加え大学の学業面もおろそかにはできません。また、アルバイトをしている場合にはそちらにも時間を費やしてしまいます。このように疲れはたまっていく一方で、疲れをとる睡眠時間を確保することができないという状況になってしまいます。一日だけは何もしない日を取り入れて一日いっぱい眠ることで少しでも疲れを解消するようにしてみてください。頭もスッキリし、リフレッシュできますよ。

②友人とゆっくり過ごす!

心を許す親しい友人と一緒にショッピングに出かける、外食することも就活漬けの日々を忘れさせてくれます。友人と過ごすことで慌ただしい日常と距離を置き、心を落ち着かせることもできます。お互いの近況報告をするなど他愛もない話をして楽しみましょう。お酒を飲んだり、カラオケに行ってはしゃぐこともアリです。大騒ぎしてストレスを解消してください!ただし、ハメの外しすぎには注意しましょうね。

③のびのび身体を動かす!

就活中はデスクワークが多くなります。長時間座り続け、同じ体勢を取り続けてしまうと体が凝り固まってしまいます。体が疲れてしまうこともそうですが、頭も思うように働かなくなってしまいます。少しの時間でも軽く外の空気を吸いながら散歩をしてみたり、ジョギングしてみたりすると体もほぐれ、息抜きができ気分もスッキリするでしょう。

とにかく、長期にわたる就活では疲れやつらいと感じた時には無理はせずに休息をとることを忘れないでください。一日いっぱい寝ることもいいですし、あれやりたい、これやりたいというものを実現するのもアリです。そういう時間を定期的に作るようにしましょう。うまくいかない不安も消えていきますし、必ずまた「よし、やるぞ!」と気持ちを入れ替えることができます。また普段、就活している時でも深呼吸する、移動時間に好きな音楽を聴く、帰り道に遠回りして普段の景色を変えてみるのも手軽にリフレッシュできる方法の一つかと思いますので試してみてください。

まとめ

就活をしたくないと思っている人の気持ちの原因は様々あるものです。就活でのマイナスな気持ちがいくつも重なって就活自体が嫌になってしまいます。就活の振り返りをすることでうまくいかない原因を突き止めることになり、不安を解消していくことにつながります。就活に心身ともに疲れて嫌気がさしている人は必ず休息をとるようにしましょう。疲れを感じたままや就活に嫌な気持ちをもったまま続けても思い通りの結果を得ることは難しくなってしまいます。自分にあった気分転換をすることで気持ちを入れ替えることができ、また新たな気持ちで就活を進めていくことができるようになります。きっと良い結果をゲットすることにもつながりますので休息を取り入れつつ自分のペースで就活していきましょう!