学生のみなさんは就職活動をする上でどのような基準で企業を選んでいますか?給与や待遇、また職種や年齢制限など企業が求めるものと個人が求めるものをマッチさせることが大切です。そのマッチ度を確かめるために書類選考や面接を行い、採用を決定しているわけですが、志望動機などを書く際に「給料が高いから」、「誰でも知っている名前の有名な企業だから」という理由ではお互いのマッチ度を確認することはできませんよね。では、どのようにして自分に合った企業を見つけるのか、それには「業界研究」、「企業研究」が非常に大事になり、就職活動をする上で非常に重要な要素になってきます。しかし、どちらも簡単に行えるものではなく、特に業界研究と企業研究の違いについて分からないままの人が大勢います。今回は業界研究と企業研究の違いから就活での活かし方などをご紹介します。

 

 

 

 

業界研究と企業研究の違いとは?

 

はじめに、業界研究と企業研究の違いについて知る必要があります。まず業界というものは取り扱う商品、商材やサービスによってグループ化したものになります。食品業界とひと言でいっても製造や販売などで企業が変わりますよね。業界研究を通して特徴などを知り、自分にとって興味のあるものをピックアップし、さらに掘り下げていきます。対して企業研究というものは、業界研究で興味をもった、あるいは気になった企業を会社ごとに調べていくことをいいます。企業研究で自分と企業の価値観や考え方などがマッチしているかを確認することで、就職活動での志望動機の明確化や就職後のミスマッチを減らすことができるという大きなメリットがあります。

 

業界・企業研究のやり方とコツ

 

では次に、業界研究のやり方ついてご紹介いたします。やり方に関しては今の時代ではインターネットが主流のため、業界団体のホームページなどを見ることでその業界の最新情報を知ることができます。また学生であれば学校内で説明会などが開催されているため、参加することも業界を知るための方法になります。本などでも業界に関する知識や情報などが多く存在していますが、どの業界においてもなるべく最新の情報が載っている本を選ぶように心がけましょう。業界研究で特に注目すべきところは、市場規模と事業内容などです。市場規模を知るだけでも平均年収や業界全体の売上などが分かります。業界全体の課題や将来性などから自身の将来性へと繋げて考えることができ、自然と自分の目標や未来のビジョンについて考えることができます。

 

続いて企業研究のやり方について、こちらは興味のある企業があった場合企業ごとの公式ホームページを見るのが一番効率的といえるでしょう。ホームページのほとんどは取り扱っている商品一覧や本社、お店の場所などの基本情報の他にも、企業理念や採用情報などが載っているため、自分がやってみたい仕事かどうかを知ることができます。そして気になる企業が複数あることの方が大半です。その場合はホームページや会社説明会、書籍などの情報を元に他企業と比べることも重要です。また、業界の中にもさまざまな企業があるため、業界研究よりも念入りに調べる必要があり、ネットや書籍などで得られない情報は、実際に働いている先輩の生の声を聞くことや、周りの声(口コミ)などからの情報がとても大切です。

 

就活でどう活かしていったらよいのか?

 

就職活動をうまく進めていく方法は、自分を知る(自己分析をする)ことと、相手を知る(業界・企業研究をする)ことです。業界・企業研究をして志望動機を明確なものにすることで、どうしてその業界なのか、企業なのかという動機の基礎を固めるようにします。志望動機を明確化することで自分がその企業に就くメリットだけでなく、自分がその企業に就くことでどのようなメリットが企業側にあるのかを伝えることができます。企業が採用する理由は「企業側にメリットがあるかないか」ですので、これをしっかりと志望動機の中で伝えることができれば、業界研究、企業研究はうまくできていると言っても問題はないでしょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

コンビニのアルバイトが店舗によって募集しているシフトの時間帯が違うように、ひとつ業界の中にもさまざまな事業内容、理念や方針を持った企業が存在しています。自己分析と並ぶほどにこれら二つの要素は就職活動をする上でとても大事な要素になります。大企業に採用してもらうようにするだけでなく、自分自身がやりたい仕事や就きたい企業を見つけることで将来の自分を豊かにすることができます。今回の記事を通して業界研究と企業研究の重要性や違いについて少しでも知っていただけたら幸いです。