就活を終え、ひと段落して10月頃になると「内定式」の案内が届く人もいるのではないでしょうか。ニュースや新聞、SNSなどでは毎年のように内定式の開催報告や様子を確認することができます。みなさんは「内定式」でどのようなことが行われるのかご存知ですか?また何を目的として毎年開催しているのでしょうか。今回は内定式にまつわる情報についてお話をしていきます。

 

 

 

 

内定式に出席しよう!

 

まずは内定式でどのようなことが行われるのか見ていきましょう。内定式に盛り込まれる内容は、次のようなものが挙げられます。

・内定通知書の授与、内定承諾書の提出

・社長や役員などの講話

・内定者懇親会(食事会)

・レクリエーション

・先輩社員との交流

・内定者研修

式と聞くと堅い、面倒くさい印象を持ってしまいますが、上記に挙げた中でもメインとなるのは「内定通知書授与と内定承諾書提出」、「内定者懇親会」になります。もちろん社長や役員の話も必ずありますが、難しい話をするのではなく会社の理念を紹介したり、心構えを示したりするものですので、気持ちを楽にして耳を傾けるようにすれば大丈夫です。それほど堅い感じはしませんよね。ですが、どうしても参加できない事情がある人や参加したくない人もいるでしょう。内定式には絶対参加しなくてはならないのでしょうか?たしかに内定式は就職に向けた大切なイベントの一つですが、欠席したからといって内定が取り消しになるようなことはありません。ただし、デメリットは少なからずあることを覚えておきましょう。たとえば、社員から良い印象を持ってもらうことができない、他の内定者に比べて出遅れてしまう、内定者との親睦を深めるタイミングを逃すなどが考えられます。内定式は社員との親睦を深める機会になります。入社前に距離を縮めておくことで入社後の人間関係を円滑にすることができます。また、参加しないということはやる気がないと思われてしまいかねません。出席することによるデメリットはありませんが、欠席によるデメリットは入社後に出てきてしまいますので、余程のことがない限り参加するように心がけましょう。

 

内定式の目的がわかれば参加したくなる!?

内定式で行われることを簡単にお話しましたが、では実施する目的とは一体何でしょうか。

①入社意志の確認と入社意識を高める

複数企業から内々定をもらっていても入社することができる会社は一社だけです。内定承諾書を提出することでも十分に入社意志を伝えることは可能ですが、実際に内定式に参加してもらうことで、企業はより入社する意志があるのだと最終確認することができます。また社長や役員が同席する内定式に参加することで内定を得たこと、大学卒業後にこの会社で働くのだと実感することにつながります。

②先輩社員、内定者同士の親睦を深める

就活中に人事や役員とは顔を何度か合わせていたかと思いますが、先輩社員と初めて顔を合わせることができる機会です。仕事の楽しい話や世間話をすることができ、入社への緊張を緩和することができるかもしれません。また内定者同士でも就活中の苦労話をしたり、入社後や将来に対するビジョンを共有するなどコミュニケーションをとることで絆を深めていくことにつながります。

③内定者のフォロー

内定が出たからといって安心できていない学生もいるのではないでしょうか。入社後の不安が生じてくるものです。よく内定ブルーと言いますが不安な状態を軽減することも内定式のひとつの目的です。入社までの期間が長くなってしまうと入社後の漠然とした不安に襲われ、入社を考え直す学生も出てくることがありますので学生が入社までの期間を落ち着いて過ごすことができるようにします。就活中のモチベーションを持続させる感じですね。

以上が主な目的ですが、いずれもこれから入社してくる学生のみなさんのために行うのだということが伝わるかと思います。企業はみなさんの入社を心待ちにしています。学生のみなさんが入社後の不安を持ちながら、残りの学生生活を送ることがないように、企業は内定式を企画しています。入社することへの熱意を見失わないように、入社後の人間関係に不安を抱かないように、そして入社までの期間中の不安をなくすために内定式が行われますので、きっと参加してよかったと思うことができますよ!

 

ユニークな内定式のプログラムをご紹介

 

それでは最後に少し変わったユニークな内定式を紹介します。

『内定式でサイクリング』

入社後の先輩社員との親睦や企業独自の文化を肌で感じてもらうために、総距離300キロを超える距離を本社まで3日間かけて走るのだそうです。そのあとに内定式を行うというハードなものです。しかし、サイクリングですので楽しみながら先輩社員、また内定者同士も交流を深めることができますし、完走した時の喜びは一生忘れることができないものになりそうです。

『オリジナルメッセージ』

会場はポップなバルーンで装飾し、明るく和やかな雰囲気にして内定式が行われているといいます。この企業では内定証書に合わせてメッセージカードが手渡されるそうです。このメッセージカードには内定へのお祝い、会社を選んでくれたことへの感謝の気持ち、そして内定者ひとりひとりに対して期待していることが書かれているとのこと。内定者それぞれに書かれてあることが違うって特別感が大きいですよね。ひとりひとり見ていてくれると嬉しい気持ちになりますね。

『コンセプトはマリアージュ』

入社とは会社や仕事と結婚することかもしれないと考え、「愛しい人に恋をするように、会社や、その社員たち、仕事にも恋をするように接してもらいたい」という願いが込められた内定式です。この会社は、なんとチャペルやクラブを貸し切りにして、移動は専用リムジンをチャーターするという演出をしたこともあるようです。遊び心があって楽しそうですよね。内定式ではサプライズとして、ご両親からのメッセージを、内定者一人ひとりにプレゼントするという楽しさと感動が兼ね備わった内定式になります。

 

まとめ

 

内定式についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?内定式は式典ではありますが、儀式のような堅苦しいものではないことが伝わったかと思います。企業は学生のみなさんが安心して入社を迎えることができるように内定式を企画して開催します。式典と考えると腰が重くなって面倒くさいと感じてしまうところですが、企業の思いを理解すると同時に、参加することで得られるメリットはたくさんあります。また、ご紹介したような、ちょっと変わった他の人が体験しないような内定式に参加することができるかもしれません。ぜひ、積極的に出席するようにしましょう!