就職活動をする上において、さまざまな用語を耳にするかと思います。中でもガクチカという言葉をご存知でしょうか。そして、このガクチカを皆さんはどのようなことを書いていますか?ゼミや研究などの学業に関することや部活動やサークル、アルバイトなどなど。人によってさまざまかと思いますがどのように書けばいいのかわからないですよね。

今ではガクチカという言葉が就職活動において当たり前のように使われいますが、略すほど使用率が高いということはその質問が企業にとって採用を大きく変える要素になっているということです。中でもアルバイトをガクチカに取り上げる学生も多いです。しかしそれと同時にアルバイトの内容や書き方がうまくまとまらないと悩む人も大勢います。そこで今回はアルバイトを取り入れたガクチカのESの書き方についてご紹介いたします。

 

 

 

 

ガクチカはアルバイト!ESの魅力的な書き方は?

 

 

 

 

まずガクチカという言葉についてですが、こちらは【部活動・サークル編】にて詳しく説明しているため当記事では簡単なおさらいとしてご紹介いたします。ガクチカというのは就職活動にでよく使われる用語で「学生時代に力を入れたこと」の略称です。そしてESというのはエントリーシートというもので、採用選考に使われる書類の略称です。どちらも就職活動ではよく使われる言葉ですので、覚えておくと良いでしょう。

アルバイトというのはガクチカに取り上げやすいけど実際にどう書いたらいいかわからないという方がほとんどです。まずエピソードというのは人によって数もさまざまかと思います。エピソードの選び方のコツは、記憶によく残っているエピソードを選ぶことです。当たり前のことですが嘘や作ったエピソードでは人事にはすぐ分かってしまいますし、深掘りされて質問されたときに答えられないようでは人間性という部分で信用されなくなってしまいます。

そしてガクチカをESに書く際、アルバイトの場合はどのような書き方が人事の目を引くのでしょうか。まずアルバイトをガクチカに取り入れるという点において、社会に近い環境にいたからこそ学んだことなどを書くことができるというメリットがあります。そして書き方についてですが、結論から話すことで当時なにをしていたかをイメージさせやすくします。当時の問題点や課題を挙げ、それに対する行動をした結果どうなったのか、そこでなにを学んだのかを書くと具体的になり、受け手が想像しやすくなります。

 

差をつける!アルバイト経験から伝えるべき事

 

 

 

 

アルバイトと一言で言ってもさまざまな種類があり、それぞれによってガクチカの書き方も大きく変わってきて困ってしまいますよね。ですがそれが周りとの差別化を図るためのチャンスとなります。まずは今まで携わったアルバイトの経験を思い出してみてください。そこで自分が頑張った、苦労したことなどはなんでしょうか。そこからアルバイトを経験しなければ学べなかった「自分だけの経験」を見つけることができます。人事はアルバイトでどんな成果や実績を出したかを知りたいのではなく、アルバイトという社会を通してなにを学び、得たのかを知りたいので実績や成果の有無は全く関係ありません。また現役生の中でまだガクチカに書けるようなエピソードがないと焦っている方もいると思います。ですが就職活動が始まる前に今からでも自分が力を入れていることを意識してメモをとってみてください。そうすることで新しいエピソードを見つけることもできます。

 

バイトを転々としている・・・悪印象?

 

 

 

 

アルバイトの経験があるけど始めては辞めての繰り返しで、アルバイトをガクチカにした場合逆に悪い印象を与えてしまわないか心配と思う方も中にはいるかと思います。さらにアルバイトをやめる理由もそれぞれ。飽きたり人間関係が嫌だったりなどの理由もあるかと思います。しかしアルバイトを転々とするということは、伝え方によっては好印象を与えることができます。例えば人間関係が嫌だったからと直接いうと印象が悪くなりますが「色々な人間との出会いが良い刺激になる」というようなポジティブな表現に換えることができます。

また業務内容に飽きたのという理由でアルバイトを辞めた場合は「さまざまな業務を通して社会を学ぶ」というように伝えることもできます。実際周りではアルバイトを転々としていると聞いただけでは納得する方のほうが少ないかとは思いますが、伝え方によってはプラスにすることもできますので転々としている方も過去のエピソードを遡り、良いと思ったもの書いてみてください。

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は部活動・サークル編に続きアルバイトをテーマにESに書くガクチカのポイントなどをご紹介いたしました。

アルバイトや部活動・サークルでは学ぶことはそれぞれで書く内容も大きく変化しますが、伝えようとしていることは共通で、その人の価値観や人柄を人事に伝えるということにあります。ですのでわかりやすい書き方や具体性、そしてどれだけ自分のことを理解しているかということがカギになります。当記事を参考にし自分だけのガクチカを書いてみてください。

また、アルバイトをしてなくてガクチカを書くことができない。またはアルバイトをしたがどうしてもエピソードがないという場合は【部活動・サークル編】も併せてご覧ください。