皆さんはインターンシップに参加していますか?インターンシップというのは直接採用や内定に関わるというわけではなく、所謂「職業体験」になるのですが、学生に業務等を通して社会経験を積んでもらうことが企業の大きな目的になっています。

インターンシップに参加することでその企業で実際に働く先輩の声を直接聞くことができたり、色んな人たちと出会うことで自分の視野を広げたりなど、就活をする上では欠かせないものばかりです。

しかし興味のある業界のせっかくのインターンシップ、簡単な業界分析だけで終わらせていませんか?

適性を知るという意味では企業と自分自身が本当にマッチしているかを見極める必要があります。

自己分析を行い、自分の特性を踏まえたうえで、インターンに参加した方が企業間とのマッチをより明確に感じることができます。

そのためには、企業分析に加え「自己分析」をする必要があります。しかし自己分析をしようにも、やり方や就活での活かし方というものは自分だけで見出すことが難しいものです。今回は自己分析の方法解説や、就活での活かし方をご紹介いたします。

 

 

 

 

そもそも自己分析って何?

 

 

 

 

就職活動を始めると色々な場所で自己分析という言葉を耳にするかと思います。しかし実際に自己分析をしている人なんて周りにはいないし、そもそも自己分析のやり方なんてわからないから自己分析なんてしなくても平気。そう考えて面接で問われた自分自身の長所、短所が答えられなかったり憧れの企業に就職したけど、自分が思っていたものと全然違うなどと悩んだ人はたくさんいます。

ここでは自己分析がそもそもどういったものなのかをご紹介するとともに、自己分析の重要性をご説明いたします。

 

【自己分析とは】

 

自己分析とはこれまでの自分の経験や思考を振り返り、整理することで自分自身の強み・弱み・価値観などの特性を理解することです。

 

では自己分析は何のために行うのか?

就活における一番の目的は「企業と個人の適性確認」です。

企業選びの軸を持ち、自分に合った企業選びをするためや、自分の特徴などをしっかり相手に理解してもらうための素材になります。

自己分析を行うことの重要性は、就職しているときだけではありません。

仕事で失敗したときや、人生でつまずいてしまったとき、過去・現在・未来の自分を見つめ直し考えることで、

自分がどう生きていきたいか、本当にやりたいことは何なのかなどを理解することができ、自分自身の成長へと繋がります。

 

 

 

自己分析のやり方と進め方

 

 

 

 

続いて自己分析のやり方についてですが、人生において何度も自己分析を行うわけではないため当然わからない人の方が多いです。

ここでは自己分析のやり方と進め方をご紹介いたします。

 

【自分史の作成】

 

これまでの経験やエピソードを思い出せる限り紙に書き起こし、自分がなぜそのような行動をとったのか掘り下げを行い、大変だったことや経緯、その行動や取り組みから学んだことなど、すべて書き起こします。

そうすることで自分が大切にしている価値観やを人柄を認識することができます。

 

【強みを見つける】

 

過去を振り返り、整理することで自分の人柄や強みが共通してることが分かっていきます。

面接ではよく自分の強みや長所について聞かれますが、自己分析を行うことで整合性がとれた回答ができるようになります。

 

【やりたいことを考える】

 

今思い描く夢や将来の自分を考えてみましょう。夢がなくても、趣味や楽しいと感じた中に、これからやりたいと思うことがあるかもしれません。

これらを理解するのも自己分析と言えます。

 

【志望動機への理解】

 

過去の自分から得られた価値観や将来の自分、やりたいことなどから企業分析を行うと、なぜその企業に応募したいのかが分かってきます。

業務内容と自分の強みや価値観の適性が理解できるようになると、事前に面接対策をしていない質問にも答えられることができるようになります。

 

自己分析結果を就活でどう活かす?

 

 

 

 

エントリーシートや面接でよく聞かれる自己PRは特に、自己分析をするかしないかで、答えやすさが段違いです。

自己分析をしてインターンに参加することで社会経験はもちろんのこと、業務内容の向き・不向きを知ることができるだけでなく、それを元に業界や職種を絞ることができるため、自分に合った企業選びができ、早期の就活終了を見込むことができます。

また、自己分析で得た自分の長所や短所を理解することで、面接で聞かれるような質問にも自然にスラスラと答えられるようになります。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。就活だけでなく、自己分析を行うことは人生においても重要な要素と言えます。

自己分析をするにあたりこれといったマニュアルなどは存在しませんが、

過去を振り返り、現在を見つめ直し、未来を見据えるということができれば自ずと自己分析ができてきます。

面倒だと思って自己分析をしてこなかった人も大勢いるかと思います。

ですが一度じっくりと時間をかけて自己分析を行うことで、思わぬ発見があるかもしれません。

学生の方だけでなく、今の仕事に不満などがある人も当記事を参考に一度自己分析を試してみて下さい。