就活生の中には「スーツで働きたくない、私服で仕事がしたい」と思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか? 対人関係が主となる営業職などはスーツを着こなし仕事に臨むわけですが、業種・職種によって“私服でもOKな働き方”を推奨しているところもあります。今回は自由な服装で働きたいと考える人のために、服装の縛りが無い仕事の特徴を解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜスーツで仕事をしたくないのか?

 

 

 

 

「社会人ならすべからくスーツを着るべきだ」とは言いませんが、多くの職業ではスーツ姿で仕事をするのが基本の形になります。スーツの色も紺または黒で統一し、ネクタイも個人の特性(性格や意欲)を指し示すような色と柄で纏めるのがお約束です。フォーマルな服装で上下をしっかり整えてデスクワークやら営業やらをこなしていく。昔から変わらないサラリーマンの在り方ですね。ただこのパターン化した服装に対し、ネガティブな気持ちを抱いている人も少なからず存在します。

あらゆる職業もとい働き方に多様性が根付いてきている昨今、未だに前時代的ともいえる“スーツ文化”が慣習として色濃く残っており、社会人に限らず就活生の立場でも企業説明会や各種インターンなどの就活イベントや本選考で着用を求められています。学生からは「皆が同じ服装を強制させられているようで気持ち悪い」といった声も時折挙がりますね。もちろん各人のスーツもブランドや当人の性別によってデザイン・カラー・機能性など細かな違いはありますが、傍から見たら「クローンのようにどれも同じに見える」との事です。しかし古くからスーツは規律や礼節を重んじる仕事の場で着用する事が常識だったため、“社会人=スーツ姿”という認識を覆す事は難しいでしょう。

 

 

 

他にも「用意するにも費用は決して安くは無いし、いちいちクリーニングに出すのも億劫」という声も。確かに就活生向けのリクルートスーツを夏服・冬服別に上下揃えるだけでも数万円は掛かりますし、複数ストックしておく事も場合によっては必要になります。洗濯方法も普通のシャツやズボンみたいに洗浄し外干しで乾燥…というわけにもいきません(モノによってはシャワーで十分なスーツもある)ので、わざわざクリーニング店に出向いて費用と時間と手間を掛けて洗わなければならない側面も、苦手意識を増長させる要因として考えられます。

そしてスーツ自体を選ぶ基準も“色や形がフォーマルな場に適しているか”“自身の背格好に不釣り合いではないか”“通気性も良く運動性も確保出来ているか”などが含まれますが、これらをベースにシャツやネクタイにジャケットなどのコーディネートも重要になってきます。あまり地味だと印象に残りづらいし、個性を主張し過ぎると大人としての品格を疑われる…。スーツが敬遠される理由にはこういった“自由自在に着こなす事が難しい点”も含まれますね。

 

そもそもスーツの起源は15世紀イギリスにまで遡り、軍人としてのユニフォーム(フロックコート)が由来し、その後は貴族の衣装(権威の象徴)のために変化していき着用されてきた背景があります。貴族までいくとあまりピンと来ませんが、軍服として用いられたコンセプトには「集団の統一性」が含まれており、この考え方は現代のビジネスシーンでも受け継がれています。それはイギリスだけでなく日本でも同じ事で、特に日本は集団行動を尊重する特徴があり、そういった意味でも服装一つで集団意識を纏め上げるのは理に適っていると言えます。

 

服装が自由な職業の特徴とは?

 

 

 

 

今までは服装に対する制限が無かったにも関わらず、就活生~社会人の立場になるとTPOに則した格好にする事が必要になる。これで仕事へのモチベーションを高められるなら全く問題はありませんが、元々畏まった服装が苦手だという人にはとてつもないストレスになるでしょう。ただ最初の方でも軽く触れたように、全ての仕事でスーツ必須というわけではなく、特定の分野ではスーツ以外の服装でも成果さえ出せれば気にしないというところも存在します。では服装が自由な職業にはどんな特徴が挙げられるのでしょう?

代表的なものがフリーランス(個人事業主)という働き方です。こちらは仕事の内容や進め方そして待遇がクライアントとの交渉次第で変動するだけでなく、社員間では当たり前のルールに従う必要がありません。それは今回のテーマである服装にも同じ事が言え、業務調整や打ち合わせなどでは相手に失礼の無いよう常識の範囲内の格好が求められますが、仕事の場が自宅(事務所)では普段着で仕事に向き合う事がほとんどです。実際社会人の中にはフリーに転じて「私服によって“しがらみ”から解放された」と話す人も見かけます。

 

次が内勤です。コールセンターや一般事務が私服OKな仕事の特徴として考えられます。もちろん企業の事業方針や社風によって“オシャレ”の幅は変わっていきますが、外回りなどに比べてオフィスカジュアルの組み合わせが容易だったり、普段着で出社する事も許される職場も増加傾向にあります。服装に限らず頭髪やネイル、装飾品も場所によっては寛容に捉えるケースもあるので、志望する企業や職種が、その辺りの自由化を推しているかも企業選びをする上で大事な要素ですよ。

 

 

 

 

他にはWebエンジニア達が活躍するIT業界や飲食に建築などがスーツを必要としないフィールドとして考えられます。Web系ですと顧客との条件の見直しや調整では一時的にスーツを着る機会もありますが、通常業務では普段着やオフィスカジュアルで臨む人が多いのが特徴的です。また飲食や建築などは、仕事中は支給された作業着・ユニフォームを着るのが一般的なので、出社時にスーツを着る必要がありません。

そして私服自由化の代表格として名が挙げられやすい業界がアパレルです。ファッションを売りに出す性質上、就活の面でも他所の業界に比べて柔軟な姿勢を持っている事で知られています。近年では大々的に「面接でも私服で大丈夫」と就活生を呼び込む企業も増えてきており、スーツ着用に難色を示す人には救いの存在になっていると言えるでしょう。

 

また会社の規模や社員の年齢によって服装の制限が厳しくなる事は往々にしてよくある話ですが、最先端を追い冒険的な動き方をするベンチャー企業では、服装について言及する事があまりありません。というのもベンチャー企業の特徴には上も下も年齢層が低めであり、古くからの余計な慣習に縛られずに結果だけを追い求める自由かつシビアな面が挙げられます。またBtoCのベンチャーだと消費者と直接的に関わる機会がまず無いので、私服が許容される職場がほとんどだと言えます。

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか? 街中でも多く見かけるサラリーマンのほとんどがスーツなだけに、社会経験の乏しい人からすると“仕事=スーツ”という構図が先入観として現れがちですが、意外にも「私服でも大丈夫」という柔軟な姿勢を持つ企業も多いのです。ただあまりにも社会人としての常識から逸した服装(露出過多、派手な色合い)をしてしまうのはアウトです。企業選びに悩んでいる場合、服装の在り方がどうなっているかを判断材料にするのも手段として有効的ですよ!