面接も最終まで達成し、一通りの就活工程を終えた人も多いかと思います。しかし毎年現れるのが、最終面接を終えた後で企業に対する志望度が低下してしまったというタイプですね。最初は「この企業で自分を成長させたい、長く貢献していきたい」と考えていたにもかかわらず、人事担当者や役員達を交えた選考を迎えて、希望していた会社で働く事に疑問が出てしまうのです。今回はなぜそうなってしまうのかという理由の掘り下げや、面接後の辞退の仕方についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

最終面接で志望度が変わってしまった

 

 

 

 

せっかく多大な労力と時間を費やし企業選びや選考の対策を行ってきたのに、本番を終えてから志望企業で働く事への意識が失われてしまった。実際、こういう意識変化は就活の風景でよく起こる話です。もちろんこれが悪い事とは言えません。志望企業への“憧れ”が無くなっただけであり、社会人として働く事自体難しくなったわけではありませんしね。

ですが、そもそも何で最終面接を契機に志望度が変わってしまうのでしょうか? 以下の方でその原因をいくつかご紹介していきましょう。

 

そもそも志望度が高くない事に気付いた

 

企業の上層部を相手取る最終面接を終えてから、企業への志望度がそこまで高くない事に気付いたという人も多いですね。一次・二次を終えて役員面接まで進み、無事に終了した後は“多少”の時間的余裕が生まれるもの。そこで自分の行ってきた就活を冷静に見つめ直した時に「本当にここで働きたいと思っていたのか」「就活の流れに焦って選んだだけじゃないのか」と考えてしまい、自分のやりたい事にブレが生じてしまうパターンもこれに該当します。

 

終始、希望する企業での業務従事に意欲的ならば入社後のメンタルにも問題は無さそうですが、こういった“そもそも志望度が高く無かった”ケースで働き始めてしまうと、任せられる仕事に興味が湧かず早期退職してしまう事も十分に考えられます。まず志望度は、選考に臨む前に自己分析や度重なる企業研究の照らし合わせで明確化していくものですが、これが不十分な状態だと言うまでも無く志望度を高める事は出来ません。

 

面接官の態度や物言いに疑心や不安が生じた

 

これも上記と同じく“就活あるある”なのですが、企業説明会や合説、応募時の対応は良かったのに実際に面接に赴いたら社員・役員の悪辣な姿勢にガッカリしてしまうケースですね。面接は書類では伝わってこない学生達の人柄やポテンシャルを対面での話し合いにて掴んでいくものです。学生のスタンスはもちろんのこと、企業側も多大なコストを費やして利益を生んでくれるかもしれない人材を選んでいくわけですから、言わずもがな“本気”です。なので時には質疑応答にも熱が入り込み、就活生の気持ちを試す機会もある事でしょう。

 

ただ悲しい事に企業の中には、学生の性格や経歴を貶したり嘲笑するタイプも一定数存在します。必死に頑張ってきた取り組みや努力の過程で培ったスキルを「ウチでは必要ない」「そんなの役に立たないよ」と軽く評価したり、明らかにやる気の無い態度でこちらからの回答を面倒くさそうに聞いていたりと、憧れの対象から採用の本気度や真摯な姿勢が感じられないと、その企業で働く事に不安感を抱かせてしまいます。

 

募集要項と面接での説明で情報に違いがあった

 

就職だけでなく転職の場面でもありがちですが、応募の際にチェックした募集要項の記載内容が面接での説明と大きく違うのも、志望度を下げる大きな要因の一つですね。たとえば残業代についてですが、企業が超過した仕事を“残業”と認めない場合は支給されないというのを、面接を通して発覚する事も多いとされています。他にも福利厚生の面で“育休制度の実績があり利用しやすい”と謳っていたにもかかわらず、いざ面接で聞いてみたら「そんな実績は無い。なのであなたが前例になってみては?」と言われるなどが挙げられます。このように「こんな仕事や制度があるなら入ってみたい」と思わせるために事実と異なる内容を記載してしまうのも、就活生・転職者のモチベーションを下げる結果に繋がってしまいます。

 

社内(面接会場)の雰囲気が良くなかった

 

最終面接に限った話ではなく初めて企業で面接を受ける場合でも、会場で順番を待っている時にオフィスから社員を激しく叱責する怒号が聞こえてきたり「トイレで社員が就活生や顧客の悪口を話していた」なんて光景も度々目撃されます。自分には関係の無い事だとしても、そんな場面を味わった後で面接に向かうのは誰だっていい気持ちはしませんよね。選考自体は何の問題も無く無事に終えたとしても、本当にそんな企業で働くべきか迷ってしまい、当初抱いていた志望度が低下していくわけです。

 

社長や役員があまりにもガツガツしていた

 

企業のトップ陣が軒並み顔を揃える最終面接。中小企業などでは一回目の面接で社長が面接を担当する事も珍しくありませんが、企業の上層部に位置する立場の人があまりにも“ガツガツした態度”だと、相手を怖がらせてしまう事も。またあくまで傾向の話ですが、面接でこういった姿勢を取るところは慢性的な人材不足で疲弊気味な場所も多く、働いてみてから面接の時とのギャップの激しさに気付いたなんて声も聞かれます。

 

辞退をメールでする場合の注意点

 

 

 

 

面接を終えて企業からの通知を待っている間、志望度がガクッと下がり返答を待つ前にこちらから辞退報告を入れる人も多いかと思います。その具体的な伝え方を例文を交えて解説していきましょう。

まずはメールでの辞退報告ですが、就活では一般的な連絡手段は“電話”です。しかし選考途中のやり取りや内定後のお礼状というわけでは無く、あくまで辞退報告なのでメールでも差し支えません。

送信する時間帯も先方の営業時間内、午前なら10時から正午前(昼時は昼食を取っている人も多いのでそれ以前が無難)、午後ならば13時から16時頃が妥当です。以下にてメールで送る際の文章を例文として載せていきます。

 

『件名:選考途中辞退のおしらせ/〇〇 〇〇(学校名・学部名・氏名)

 

本文:〇〇株式会社 人事担当〇〇様

いつもお世話になっております、先日面接をしていただいた○○と申します。

面接の際はお忙しい中、お時間を作ってくださり誠にありがとうございました。

お時間を頂いたのにも関らずこの様なご連絡になってしまい大変心苦しいのですが、この度の選考は辞退させて頂きたく存じます。

身勝手ではございますが何卒ご容赦くださいます様、お願い申し上げます。

また、本来であれば貴社にお伺いしてお詫びするべき所をメールでのご連絡となります事、重ねてお詫び申し上げます。

貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げます。

 

〇〇 〇〇(氏名)』

 

まず件名ですが、相手が本文に目を通す前にどんな内容か分かるような内容にしましょう。

中身については、無駄に辞退の理由や度重なるお詫びは逆に失礼と捉えられる場合があるので、このように簡潔な文章で問題ありません。

そして、たとえ面接で相手の態度が悪かったり聞いていた内容と齟齬があった場合でも正直にそれを書く必要はありません。辞退の理由を話す時は「一身上の都合により~」「諸般の事情で~」などの文言で問題無いでしょう。

 

メールで辞退の連絡をするタイミングですが、選考を受けてから一週間以内に企業へ送るようにしてください。まだ通知が来ていない段階なので合格・不合格かは分かりませんが、早めに送る事で企業にも余計な手間を取らせなくて済みます。

ですが、相手は忙しい立場なので下手をすると送ったメールに気付かない可能性も大いに考えられます。その点を考慮して、もし送信から数日経過しても何の音沙汰も無いならば「〇月〇〇日の〇時頃にメールを差し上げたのですが」と、電話にてアプローチしましょう。

最後に、メールで文章を書く時は宛名と名称のミス表記や細かな誤字脱字の無いように、書き終わった後で最初から最後までの見直しをしてくださいね。

 

辞退を電話でする場合の注意点

 

 

 

 

さて、次は電話での辞退報告の仕方をお話していきます。対面ではないにしろ、実際に選考でお世話になった相手に辞退の旨を話さなければいけないので、メールよりも精神的な負担は大きくなります。しかし、メールよりもこちらからの方が誠意が伝わりやすいので「後顧の憂いを断つ」では無いですが、礼節を重んじた対応ならば余計なトラブルも回避出来ますしなるべくなら電話で報告しましょう。電話でも話す時間帯やストレートな内容はメールの時と変わりませんが、相手に聞こえるようにハキハキとした口調で情報に漏れの無いように内容を固めてから話しましょう。

ここからは電話で採用担当者に報告する際の話し方を例文でご紹介していきます。どう切り出せばいいか分からないという人は是非参考にしてみてくださいね。

 

『私、先日〇〇日に面接をしていただいた〇〇大学の〇〇(氏名)と申します。採用担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?

 

(採用担当者が電話口に出た後)お世話になっております。〇月〇〇日に面接をしていただいた〇〇大学の〇〇と申します。いきなりで大変申し訳ないのですが、一身上の都合により御社での選考を辞退させていただきたいと思い、ご連絡差し上げました。

 

(相手が納得した後で)大変申し訳ございません。それでは失礼致します。』

 

「一身上の都合」とありますが、この時に相手から何故辞退に至ったのか追及された場合は「別企業から内定を貰ってそちらに進みたいから」と話すのも良いでしょう。

また、電話で気をつけるべき点の一つに“環境音”が浮かびます。相手に辞退の報告をしているのに周囲の音が騒がしかったら相手に不愉快な気持ちを植え付けてしまうでしょう。必ず静かな場所を確保してから落ち着いて話しましょう。

 

そして採用活動を行う企業では“内定辞退”“選考辞退”は当たり前となっており、比較的あっさりした対応が多いですが、こちらはあくまで断る側に立っているので誠心誠意の謝罪の気持ちを出しましょう。もちろんただ謝るだけでなく、忙しい時間を割いて面接の機会を設けてくれた事への感謝の言葉も含ませるのを忘れないように。

 

まとめ

 

 

 

 

人生の半分近くの時間を費やして働く事になる企業を選ぶわけですから、選考後での志望度低下は看過出来ない問題です。また最初の方でも触れたように、志望度が高くない状態で働き始めたら、ギャップや飽きによる早期退職(新卒キャリアの喪失)も懸念されます。

自分の望む条件・働き方で長期的に勤めるためにも、選考後に違和感や不満が出てきたら辞退の道も早々に視野に入れてみましょう。