就活での書類選考を突破するために必要不可欠な存在であるエントリーシート(ES)ですが、具体的にどんな風に自己PRを落とし込めばいいのかを迷っている就活生も多いのではないのでしょうか? またESと履歴書の似ているようで違う書き方のポイントも理解しておかないと書類内容の差別化も図りづらいものです。今回はESでの自己PRの書き方や、分かりやすい例文を記載していきます。

 

 

 

 

 

 

そもそも履歴書とESの違いって何?

 

 

 

 

どちらも企業への応募書類としてお馴染みではありますが、この二つには似ているようで違う役割がそれぞれ含まれます。詳しく解剖していきますとESは“企業への自己PRのため”に作成します。自身がどれだけお目当ての企業・業界に熱心であり、今後どんなキャリアステップをしていきたいのかを明確に文章で示していく事になります。書いていく内容は“志望動機”“長所・短所”“学生の頃に何を頑張ってきたのか”などが代表的ですね。ですが企業によって質問の内容は異なってきますので、上記の内容の他にも“コアな質問”が盛り込まれる可能性も無きにしも非ず。なので満足のいく回答を行うには、漏れの無いような自己分析と執拗なレベルの企業・業界研究の追求が求められるでしょう。

 

履歴書に関して言えば、こちらは前述のESの内容に矛盾を感じさせないようにする“裏付けの意味”が含まれます。というのも就活生の中には「どうせ書類上のデータに過ぎないしバレなきゃ大丈夫だろ」と、記載内容を“盛る”という軽率な姿勢を取る人が一定数存在するのも事実。ですがそういう学生は往々にして、その後の面接選考などで人事担当者と対面した時、更に掘り下げた質問をされて躓いてしまうパターンが多いです。そういった学生や志望度の高い優秀な学生を明確に線引きするためにも、ESとは別に履歴書の作成・提出を求めて、二つの書類内容の信憑性や学生への期待値を明らかにしていくわけです。その履歴書の内容ですが、ESのように長所・短所や志望動機も書きますし、学歴や保有しているスキルも記載していく事になります。

 

そして最も分かりやすい違いが、ESは「将来、入社した暁にはどんな活躍をしていきたいのか」という“未来”。履歴書は「これまでどんな学生生活を送って、何を学びどんな課題をクリアしてきたか」という“過去”を語っていきます。先ほども触れたように履歴書はESの裏付け的な役割も担っています。自分がどんな性格なのかという内面の情報は書類だけだと第三者には理解を得づらいものですが、“以前に行ってきた実績・体験”は書類でも伝えやすく自分の有用性もアピールしやすい特徴があります。先にESにて「今後、自身の長所を活かしてどんな貢献をしていくつもりか」という内容をアピールして読み手に期待を持たせ、その後に履歴書で「どんな道のりを歩んできたのか」「社会人としての素養は十分か」を確かめ、“ESの内容に嘘偽りが無い事”を明瞭にして両者(就活生・企業)の信用度を高めていくのです。

 

人事がESで見たがっているポイント

 

 

 

 

このようにESでは企業の期待値を上げるために自身のアピールポイントを言語化していく事が求められますが、どんなに優れた技能や魅力的なエピソードを持ち合わせていたとしても全ての企業が同じようにポジティブな印象を持つかは疑問です。というのも業種ないし企業によって必要とされるスキルや考え方、キャリアパスなどは違ってきますし、こちらが他の就活生よりも特出している分野のアピールが出来たとしても、志望企業の採用担当者のニーズに沿わない場合は選考落ちの結果が訪れる事でしょう。

 

ここで覚えておきたいのが“一方通行なアピールは相手を惹きつけない”という事です。企業研究をしっかり行えている学生ならば、勉強やイベント参加の過程で「相手がどんな人材を必要としているのか」がある程度理解出来ているはずです。それを加味して「自分の長所やスキルが企業の事業にどう結びつくのか」を紐づける工程を忘れてはいけません。

選考だけでなく説明会やインターンにセミナーなどと、各企業は採用活動だけでも膨大な費用やスケジュールを割いて臨んでいます。それは単純に労働力を確保したいからではなくて、長い期間自社に利益をもたらし、一緒に気持ち良く働いてくれる仲間を欲しているからです。

 

そのために中途半端な気持ちや将来像を持つ学生を除いて、企業への貢献に繋がりやすい人を見つけたい。だからこそ就活生はESにて「相手が求めるスキルや姿勢を持っていて、尚且つ企業理念や社風に理解もあるんだ」と無駄なく簡潔に表現する必要があるのです。

 

自己PRを書く際の注意点

 

 

 

 

自分がどれだけ優秀な学生なのかをアピールするのに絶好の機会であるES。ただあまりにも書く内容が自分本位で“傲慢”なものに偏ったり、前述でも触れたように企業の意図に反した“ニーズ外のアピール”をしてしまうのはNGです。数年間に渡る学生生活では各々が積み重ねてきたものや学習内容は違ってくると思いますが、その経歴を過剰に持ち上げて行き過ぎたプライドを前面に出してしまうと読む相手は辟易してしまいます。「自分は〇〇を体験してきた!」「資格もたっぷりある!」それは大いに結構ですが、そこで終わらず過去に培ってきた能力がしっかり企業に反映出来るかを伝えられないと意味がありません。

 

そしてESに限った事ではありませんが、自分の話を相手に納得させる事が大事です。部活・サークル体験やアルバイトで素晴らしいエピソードや肩書を手に入れたとしても、その説明が曖昧になってしまうと、ただの自己完結で済んでしまい企業側は消化不良気味になって採用の判定に迷ってしまいます。選考を突破するには納得に至る具体的な説明が肝心であり、自身の行動や志望度を裏付ける事が自己PRを通して出来れば相手に好印象を持たせる事が出来るでしょう。優秀な学生は自分だけではありません。同じく志望するライバルの中には自分よりも注目度の高い能力や経歴を兼ね備えている人もいる事でしょう。そんな人達に埋もれないためにも、“納得のいくアピール”で読み手の心を掴む工夫がESを通過させる要となります。

 

最後に忘れてはならないのが、ESの大筋で話すべきポイントは“これまでの結果”でなく“何を体験し学んできたかという過程”です。無論、過去に起きた問題を解決出来たんだという結果は悪い印象に繋がるわけではありませんけれど、そこだけにクローズアップした文章は読み物としても面白くありません。解決に至る段階では“取り組んだ努力の数々”“葛藤や発想の連続”などの楽しい事やツラい事の積み重ねがあった事でしょう。ESや履歴書を読み込む人事担当者はそこに注視すると言っても過言ではありません。それらの要素を明らかにしないと材料不足故に、人事担当者も掘り下げの作業が困難になってしまいます。

 

読む者を唸らせるESの例文を紹介

 

 

 

 

ここまでESの自己PRを纏める上で大事となるポイントや書く際の注意点を挙げてきましたが、下記にて3つほど実際のESの自己PR例文を記載していきます。ポイントは押さえているけど、文字としてはどう起こしていけばいいか分からないと迷う学生もいらっしゃるはず。そこで以下の例文を参考に、自分の理想とする文章を描いてみてくださいね。

その前に、基礎となる自己PRの枠組みを説明していきます。最初ではまず自己PRの結論部を話していく事になります。「私の強みは〇〇です。」という導入から始める形ですね。その後はその強みを裏付ける過去の体験談を語り、その上で希望する業務へ強みをどうやって活用していくのかを話して自己PRは完了です。流れが掴めたところでお待ちかねの例文を紹介していきましょう。

 

コミュニケーション能力(強み)

 

私の長所は、コミュニケーションの中で相手の求めていることを理解し、それに対して適切な対応を取ることができるところです。

学生時代、靴ショップでアルバイトをしていた際にこの強みを発揮しました。店舗ではお客様に尋ねられた靴を案内するマニュアル通りの接客が普通とされていました。これに問題意識を持ち、どうすれば商品に魅力を感じてお買い求めいただけるか考えることに。その結果、お客様がお求めになっている靴について詳細に伺い、その条件に最も合致している商品を提案することにしました。その結果、以前よりたくさんのお客様にお買い求めいただけるようになり、1ヶ月で20万円相当の靴を販売することができました。‌

‌社会に出てからはよりクライアントの方が求めていることを理解し、適切な提案をすることが求められると思います。今までの経験を活かして、クライアントの方の要望を引き出すコミュニケーションを意識したいと考えています。

 

粘り強い性格(強み)

 

私の強みは、粘り強いところです。

‌学生時代、就活対策のイベントを行う学生団体の代表をしておりました。その団体で企業5社を集めた合同セミナーを開催することになりましたが、開催日の1週間前にして、目標集客人数の50%しか達成できていないという事態が起こりました。ご協力いただいた企業の方々のためにも絶対に成功させなければならないという思いから、残りの1週間で目標人数を達成する方法を考えました。具体的には、イベントに来るメリットを言語化し、来たくなるような打ち出し方をすることを心がけました。また、メンバーに協力してもらい、声をかける量を増やしました。その結果、当日には無事に目標集客人数を達成することができました。

‌仕事をするようになれば、目標の達成が困難な場面に直面することがあるかと思います。そのようなときには自身の経験を生かし、達成できる方法を追求したいと考えています。

 

チャレンジ精神がある(強み)

 

私の強みは、目標達成が困難な状況でも諦めず、達成できる方法を考え抜けることです。

‌私は学生時代、ITのベンチャー企業で営業のインターンをしていました。厳しく目標設定をする企業で、入って1日平均で2件以上のアポイントを取ることが課されていました。そこで私は、アポイントを取るまでの流れを分解し、改善できる項目を全てリストアップしました。そして、最も効果がありそうなものから着手し、改善できたら次の項目に着手すると言ったかたちで技術を向上させました。その結果、1日で平均2.5件のアポイントが取れるようになりました。

‌社会に出て仕事をするようになれば、一見達成できなさそうな目標を達成しなければならないことがたくさんあるかと思います。そのようなときでも、どうしたら達成できるかを考え、愚直に取り組んでいきたいと考えています。

 

とめ

 

 

 

 

いかがでしたか? 自己PRは客観的に分析して浮かび上がってくる自分の長所や短所、じっくり行い判明した企業の魅力点を把握してこそ実現出来るものですが、肝心の書き方はもちろん「何を一番伝えるべきか」を見失ってしまうと、せっかくの“ESの価値”が下がってしまいます。そうならないためにも相手が求める学生像と自身の強みや考えている将来像と照らし合わせ、お互いにミスマッチが生まれないようにする事を心掛けてくださいね。