学校で内定を貰っている友達が増えてくると、焦ってしまう人も多いでしょう。

ですが内定を貰うことを就活のゴールにしていませんか?

今回は就活が思うように進まず1人で悩んでいる就活生に、今一度まっさらな気持ちで考え、本当に大切にしたいことを考えるきっかけになればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも人材紹介会社って何?

 

 

 

 

「人材紹介」とは、簡単に言えば求職者と企業のマッチングをするサービスです。

その中でも無料職業紹介所と有料職業紹介所の2つのタイプに分かれます。

無料職業紹介所とは、企業と求職者のどちらからも報酬が発生しない紹介所の事です。代表的なもので言えば公共職業安定所(ハローワーク)が該当します。

求人広告費がかからないというメリットから多くの企業が利用し、職種が多いのが特徴です。多くの求人がある事により企業側の一方が情報を発信する形になってしまう為、実際に入社したら「求人内容と違った」といったこともあります。

また「相談員によって対応が変わる」という声があるのも事実です。大きな要因として考えられるのは、ハローワークにとって求職者はお客さんではないという所にあります。

新卒者でハローワークを利用する事はあまりないかもしれませんが、実は新卒者向けのサービスも充実しているのでデメリットを把握した上で利用してみるのもいいでしょう。

一方で有料職業紹介所は、企業から報酬を貰い求職者を紹介する人材紹介会社です。

有料職業紹介でもタイプは色々ありますが、最も一般的な「一般登録・紹介型」について解説していきます。

大きな特徴は企業側と求職者の双方のニーズを把握した上で間に第三者が入ることでどちらにもミスマッチがない就活が行える為、年々利用率が高まってきている採用手法の1つです。仲介に入る第三者は「アドバイザー」と呼ばれています。

具体的な利用方法はインターネットで人材紹介会社を探し登録すると、人材紹介会社から連絡が来る仕組みです。

次に面談ですがアドバイザーという就活のプロと、どんな企業がいいのか等条件を確認していきます。企業と求職者の双方の条件が合えば紹介する形です。

希望の企業が決まれば面接の日程調整から履歴書の添削・面接対策などしっかりとしたサポートをすべて無料で受けられます。

 

 

人材紹介会社を使うメリット・デメリット

 

 

 

 

最大のメリットはなんと言っても就職後のギャップがないことです。

新卒の離職率は3年以内で30%強とかなり高いものになっています。

ではなぜ離職率が高いのでしょうか?

一番の理由は「想像していた業務内容ではなかった」というミスマッチです。

業務内容だけではなく就業時間や福利厚生の問題等プライベートも重視する人が年々増えています。しかし実際に企業に入ってみなければ分からないことって意外と多いですよね。

人材紹介会社を利用することで、求人企業を熟知し他からは得られない情報も聞けるので就職後のギャップを無くし長く働くことが出来るのです。

また多くの情報はネット検索で得られるものの、いざ1人で考えてみると「志望動機が上手くまとまらない」など準備が上手く行かないこともあるでしょう。

そんな時に、アドバイザーに相談すれば就活のストレスも減るでしょうし、準備万全で面接に臨むことが出来るのです。

また、就活生の悩みの中でも特に多い「どんな仕事が自分に合っているのか分からない」という相談にも第三者の目線でアドバイスしてくれるので、客観的に自分の事を知るいい機会にもなります。万が一内定を取れなくても、不採用の理由をフィードバックしてくれるので改善しながら進めるのも嬉しい点です。

次にデメリットですが、人材紹介会社は企業に求職者を紹介し内定が承諾されて初めて報酬が発生する仕組みになっています。

人材紹介会社もボランティアではなく商売ですので、報酬がなければ会社が成り立たないということは頭に入れておく必要があるでしょう。その為、自分のペースで進められないことが出てきた際には流されずに自分の意見をはっきりと言う事が必要です。

また元から希望する企業が決まっている状態で利用する場合は、必ずしも希望する企業の求人を持っているとは限りません。「これだけは譲れない」という条件を提示して、あまり絞り込みすぎずに行きましょう。自分だけでは探せない企業を紹介して貰える可能性があるので、新しい可能性を見つけられます。中には求職者から報酬を貰う違法な会社も存在しますので十分に気を付けていきましょう。

一番は、信頼できるアドバイザーを見つけることです。人材紹介会社選びも、就活成功への大事なポイントとなります。

 

 

内定式はゴールじゃない!?就活の本当のゴールとは?

 

 

 

 

焦って就活をしてしまうことで、内定を貰うことにゴール設定していませんか?

これから始まる長い社会人生活を考えれば就職後「入った会社で何をするのか」「どんな人と出会いどんな事を学ぶのか」ということの方が大切なのです。

先に内定を貰った方が勝ちというわけではありません。

本当に就職したいのか? しなければならないのか? 自分に問いかけながら、納得の行く企業を選びましょう。就活のゴールとは、入社してよかったと思える企業に出会えるかどうかなのです。

 

 

まとめ

 

 

 

 

1人で悩んでいてもなかなか前には進めません。

一度第三者に悩んでいることを話すだけでも頭の中が整理できますし、話す相手が就活のプロなら尚更得られる物も大きくなります。デメリットもありますが、それ以上のメリットがありますのでアドバイザーを上手く味方につけて利用していけばより良い就活が出来るでしょう。そして就職という人生の大きな節目を、乗り越えて行きましょう。