依然として続く就活の売り手市場。3年生の時分から本腰を上げて就活に励んでいる場合は、複数のインターンシップを通して既にいくつかの内定を手に入れ、大手企業の6月選考解禁に臨もうと考えているのではないでしょうか? 別段、3月から就活開始と“セオリー通り”に進めても問題は無いかと思いますが、自己分析の徹底化が不十分だったり、周囲と自分を過剰に比較してネガティブに考えてしまうと思わぬ結果を招いてしまう恐れも…。

 

 

 

 

 

 

「どんどん良い求人が無くなる…」と焦る学生の姿

 

 

「別に内定さえ取れればどこでもいいや」。そう考えて熾烈な就活に挑む学生はまずいないかと思います。誰もが自身の望む条件を満たす企業へ入社するために、長い時間をかけて入念な下準備を重ねていき、万全な状態に整えてから各企業にアプローチする事でしょう。この万全の状態とは単純に「能力的に優秀」だけを意味するものではありません。もちろん任された業務を問題無くこなしていける技能は少なからず求められると思いますが、それ以外にも就活生には“社会人として恥ずかしくない礼節”や“長期的に勤める企業・業界への深い理解と共感性”が必要です。学生という自由度の高い立場から脱し、“企業組織に属して責任を負いお金を稼ぐ”苦労の多い道に進んでいくわけですから、生半可な気持ちだと就活戦争では振り落とされてしまいます。そのためにほとんどの学生が慣れないリクルートスーツを着て、セミナーや企業説明会などのイベントに参加し、失敗を繰り返して“限りなく希望に近い”企業へと到達するのです。

 

働く事は一旦置いておいて、就活ではお目当ての企業の内定を自分の力で獲得する事が最終的なゴールとなるわけですが、内定を得られるタイミングは当然、人によって差があります。最終学年に進級する前から長期・短期インターンで経験を積んでいた人なら、「内定直結型インターン」の場合だと年明けの時点で内定を約束されるケースもあります。本来の制定された就活ルールに則り3月から開始しても、サマーシーズンに入る前には大手を含む内定を獲得し残りの学生生活を謳歌する人もいれば、春から就活を開始して秋・冬まで長期化してしまう人の姿も度々見かけます。就活のスタートが避けられぬ事情によって遅れ、後発組となってしまった場合は仕方ないですが、他の就活生と同じタイミングで挑んでいるにも関わらず、いつまで経っても良い結果を得られず企業からお祈りメールを貰い続ける人は、胸中穏やかではないはずです。

 

 

 

「これだけ頑張ってきたのに何で他の奴と差が開いていくんだ…」と考え、就活に対するモチベーションを維持するのが困難になってしまう。ちなみに就活へ苦手意識が生まれる原因の一つに「周囲と自分の現状を重ね合わせる」がよく含まれます。つまり上手くいかない自分とゴールへ到達した“ライバル達”を比較して自信を失っていくわけですね。備わった能力や思考も違う者同士の比較なわけですし就活においては過度な比較は不毛だと言えますが、ついこの前まで学業や部活などに励んでいた若者なわけですから、周囲の目線や状況をしきりに気にしてしまうのは仕方がないのかもしれません。

 

ただ気持ち的に追い込まれる要因はこれだけではなく、採用活動を行う企業の求人も時間と共に減っていく事も挙げられます。毎年大手の有名企業群は6月の選考以前に大多数の就活生のエントリーが集中しやすく、ネームバリューや給与に待遇で人気が高く早々に採用活動を切り上げやすいのが特徴的です。もちろん内定辞退者が多く出て再度、二次募集を掛ける事もありますがタイミングを見誤るとすぐにチャンスを失ってしまいます。また近年では内定を早めに出す企業も続出している風潮にあるので、大手に限らず中小やベンチャーなどでもいつの間にか求人が埋まっているなんてケースも珍しくありません。そんな流れに困らないように大概の就活生は第一志望や滑り止めなど複数の持ち駒を用意するわけですが、「売り手市場だし能力も自慢できるレベルだし余裕だろ」と甘く捉えて準備が疎かだと、不採用通知が届いた時のリカバリーを取りづらくなってしまいます。

 

実は自己分析がしっかり出来ていない人も多い

 

 

 

 

“自己分析”は就活を円滑に進める上で必要不可欠な作業フェーズですが、意外にもこの自己分析がちゃんと行っていない学生も多いです。自己分析は選考を突破するための“武器”として活用する以外に、入社した際に本当に自分がやりたい仕事か? 企業の社風や事業内容は自分の性格に適しているかを判断するのに役立ちます。今更言うまでもありませんが、自己分析に多大な時間や労力を割き、自分の強みやアピール出来る過去のエピソード(学習内容など)を明瞭にしてるか否かが、就活自体の難易度変化に直結します。ですが偏差値や語学力・PCスキルに多大な自信を持ち、「能力的に企業も自分を欲しがるはずだ」と先入観に囚われ、自己分析が中途半端なままになる場合もよくあります。その結果、面接の場面で相手から志望度の高さや将来の具体的なキャリアパスについて問われた時に、納得に至るような説明が出来ずに選考落ちしてしまう人も毎年必ず現れます。

 

そして他にも「自分の事は自分がよく分かっている」と“自己分析が出来ているつもり”で選考に向かう就活生も多いですね。たとえば学生時代に好きな部活で汗を流し、ボランティア活動にも取り組んだ経験があって「自分はホスピタリティ精神がある」と強みを明確にしたつもりでも、志望している企業が“どんな人材を求めているか”を突き詰められず、企業と就活生に適性のギャップが生じて落ちてしまうケースもあるのです。魅力的な実績があり自分の特性を理解出来ても、企業にどんな気持ちを抱いているのか? そのホスピタリティ精神がどう仕事に関係するのかなどを深く考えられず、結果的にミスマッチが発覚。この自己分析の甘さや失敗に気付かないで他所の企業でも、自分の精神やエピソードを主張(以前の企業と同じ内容)して次々に落とされるなんてパターンも、昨今の就活事情には多く含まれます。

 

就活に詰まったら一旦、心身を休める事も大事

 

 

 

 

準備やイベントの参加含め、就活はつまるところ“作業”です。企業毎に違う志望理由を考えつつそれを文字に起こしたり、書類や面接といった選考への対策を行ったりと、ある種ルーティンワーク的な流れを強いられます。その目的はただ一つ「理想的な企業で長く働きたいから」に尽きるでしょう。しかし頑張るのは当たり前ですが、時には自分を“許す”事も就活では肝心なポイントですよ。

勉強やイベント会場に向かう日々に一日、二日の休息を挟み、どこか心の安らぐ場所へ出かけたりショッピングやカラオケで溜まったフラストレーションを発散したりするのです。忙しい就活生からすると「そんな余裕すら残されていないからツライんだよ!」とお叱りの言葉を受けるかもしれませんが、すり減った精神に凝り固まった思考とギュウギュウ詰めのスケジュールでは、よしんば内定を獲得出来ても“就活うつ”や“燃え尽き症候群”で働く事への意欲が無くなるなんて事も珍しくないのです。実際無理がたたって心身共に病んで引きこもったり、自殺してしまった就活生の姿も悲しいですが稀に見かけます。

 

「休息を取る事で周囲に置き去りにされるのではないか?」「甘えと思われてしまわないか?」と後ろ向きに考える気持ちは重々理解出来ますが、ここは“あえて”自分のための休日を忙しい日々の中に無理やりにでも設けてみてください。むしろ数日間休む事で心も体もリフレッシュでき、今まで気付かなかった自分の就活の誤ったやり方を、冷静かつ俯瞰的に捉えられるようになるかもしれません。それに生きていれば就職するチャンスはいくらでもありますが、自分の命は世界に一個だけです。自分の体を重んじる気持ちも、組織に属する社会人には必要となってきますよ。これは健康管理に相当する行為でもあるので、“就活から逃げる”とネガティブに考えずに、“本決戦に備えた一時的な戦略的撤退”と前向きに考えましょう。

まとめ

 

 

今回の記事を読んでいる学生の中には順当に滞り無く就活が進んでいる人もいれば、計画通りに事を運べず就活への気持ちが薄らぎ始めている人もいるのではないでしょうか。ですがたとえ険しい道のりで頑張りが報われなくても、諦めてしまったら“理想的な社会人デビュー”のチャンスが失われてしまいます。もちろん、自己分析や企業研究を漏れの無いようにじっくりと行っていく事が成功の大前提ですが、思い通りの結果を得られず就活の進め方に詰まってしまったら、前述のように一度空いた時間を作って気持ちを切り替える事も大事ですよ。“良い企業”というのは就活生各々の価値観や主義によって異なりますが、たとえ大手企業を逃したとしても大手企業のグループ会社や、認知度は薄いけれど実績も良く社員を大事にするBtoB企業や中小企業などと、まだまだ優良企業と出会える可能性は残されています。就活の早期化が顕著な時代ですが、焦った挙句下手に周りと比べて余計なダメージを受けず、自分で決めたペース配分をきっちり守り“自分らしさ”を失わないよう気を付けましょう。