就職活動を経験してきた人は「早く終わってほしい」と全員が感じることでしょう。就活も人によって夏前に終わる人もいれば、卒業ギリギリまで活動される人もいます。また、中には内定を獲得していても、就活を継続される人もいらっしゃいます。一体、多くの就活生はどのタイミングを境に就活を終えられるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

就活はいつまで続けるべき

 

 

 

 

日本人の多くは、面接のような自分の考えを伝える場を苦手としています。

企業の選考も採用基準によって評価が異なり、また正確な解答がなく対策が難しい就職活動を止めたくなりますよね。

 

就活生が疑問に思う「就職活動はいつ終えていいのか?」

内定を獲得できた企業が自分の中で第一志望でしたら、多くの就活生はその場で就活が終了となります。ですが、第一志望ではない企業からの内定ですと第一志望が決まるまで続けることになるでしょう。また中には第一志望を待たずして、決まった内定先で就活を終えられる人がいたりと、就活生の考えかた次第です。

2018年5月の時点で内定率は42.7%となっています。さらに7月末で72.4%の学生が就活を終える統計が出ています。経団連に加入している企業の選考が6月に始まり、遅くとも結果は7月発表されます。なので、就活生は7月までに就活を終えてられる人が多い傾向に見られます。

そして、3割ほどの就活生が8月以降も就活を続ける予定となっています。

また、公務員試験を受けられている就活生は9月の初頭あたりまで就活を行うことになります。

もし公務員試験が不合格だった場合は、秋まで就職活動が継続されることになるでしょう。

 

 

『覚えておくこと』

 

・一般的な就活期間も知っておく

ほとんど大学生が、4年生の7月頃で就活を終えられます。

就活生によって、内定がもらえなければ秋冬になっても就活を行うことも珍しくありません。

選考に応募するのは4年生からですが、説明会やインターンシップなどは情報集めとして、早めに行うのが良いでしょう。

 

・就活時期は人によって違うのは当たり前

いつから就活スタートなのか、就活生1人1人の認識もありますし、企業によって選考が異なるのも大きく影響しています。ある程度自分の中で区切りを決めておくことはモチベーション維持などのため、就活を計画的に進めていく上では必要でしょう。

 

・スタートとゴールを決めておく

一般的な就活の流れとしては、大学3年生の6月あたりからインターンに参加し、大学4年生の7月までが就活期間として平均的な就活時期です。しかしこれは必ずしも全員が同じとは限りません。

中に4年生になった段階で内定を得られる人もいますし、卒業間近で内定をもらうという人もいらっしゃいます。どの就活生にも言うべきことは、スケジュール管理を徹底して計画的に活動をすることです。複数社受けるのであれば、すべて把握しておくのも大変なのでスケジュール管理を行い、計画的に活動をすることが大切です。

 

 

 

内定を得ても就活を続ける理由

 

 

内定をもらったが、納得がいかず続ける人や、さらなる高みを目指される人は就職活動を継続されます。しかし、周囲が就活を終えるにつれ妥協をして就職を終える人も多いです。その際は一切妥協をせずに終えることが自身にとっても良い終わりで迎えられるでしょう。

 

『就活を続ける理由』

・他社と比較をして入社をしたい

・選択肢を多く持っておきたい

・自分以外からのアドバイスや後押し

 

結果的にその会社の内定承諾をするとことになっても

「他社と比べて入社したい」「気持ちの整理をつけたい」と考えている就活生が大半です。

また「将来のキャリアや働く仲間等を総合的に判断して決めたい」「内々定を頂いた企業よりも志望度の高い企業から 内々定を頂けたら辞退する。頂けなかったら承諾する」「自分が具体的にその会社で働き活躍するイメージができるかどうか」等の意見が寄せられています。

 

まさに皆さんの実感と同じではないでしょうか。新卒での就活は一生に一回の大事な機会です。じっくり選びたいと考えるのは当然です。

 

 

 

就活を終える際に確認すべき項目

 

 

 

 

内定をもらったからといって就職活動が終わったわけではありません。

就活を終えられる際に最終確認として選んだ内定先で働くために必要なことをおさえておきましょう。

 

・振り返り

内定をもらった場合、志望順位は関係なく、あなたの実力によって得た結果です。

選考であなたが評価され、その企業にとって「自社に合っている」と判断されたのです。入社して社会人になったら、結果を求められ続けます。1つの結果に対して様々な事例がありますが、この結果を左右するであろう大きな結果はあるはずです。

就職活動を振り返り、内定の決め手となった大きな要因を探してみるのもいいでしょう。

 

・内定を承諾する企業の条件を確認

内定を獲得したら、「内定通知書」や「雇用契約書」を必ず何度も読みましょう。

特に「雇用契約書」は重要な書類なため、内容を1点1点確認してサインする必要があります。

雇用契約書には以下の項目がを確認しておきましょう。

 

・職種

・雇用形態

・雇用期間

・就業場所

・就業時間

・時間外労働

・保険

・休日・休暇

・賃金形態

 

雇用について正社員は期間や定めのない雇用のため、「常雇」と記載されています。

「就業時間」は、始業・終業を確かめましょう。1週間の所定労働時間も記載してあります。

1日8時間労働×週5日の40時間が労働基準で定められている労働時間です。

残業の有無を確かめるには「時間外労働」を確認しましょう。所定労働時間と、休日労働の有無について記載されています。

 

・入社する企業以外にもお礼メールを送る

お礼メールを送る際は、マナーを守って感謝の気持ちとお礼を伝える必要があります。

OB訪問や他社の採用担当者、リクルーターの人などに、就職活動に携わってもらった人には報告をしましょう。

翌春からは就活生と社会人ではなく、「社会人同士」として付き合っていくため基本的なマナーです。

メールの件名には「用件」「大学名」「氏名」を記載しましょう。

内容に関しては、長い文章を書くのではなく簡潔にまとめることが大切です。

お礼メールを送った相手が読みやすいように、文章の構成に気を付けましょう。

 

マナーに自信がない場合は、いま一度マナーをチェックしておきましょう。

 

まとめ

 

 

 

 

就活は内定獲得数や時期を競うものではございません。

早い時期に内定を得た人も、内定を目指している人もいずれ就職活動は終わります。

仮に内定をたくさん獲得しても入社できるのは1社のみです。回りの就活状況が自分より早くても遅くても焦る必要はありません。自身のペースで、自身が納得した形で就職活動に終止符を打ちましょう。