就活が始まってくると、誰しもが企業の実施するインターンシップへとエントリーするのが王道の流れとなってきます。参加自体も別に学年による縛りもなく、早い人では大学1年2年の時点でインターンに参加し経験を積んでいく事も往々にしてよくありますね。またインターン自体も種類が分かれており、自身のニーズに合わせてどんなインターンにエントリーするかというのも重要になってくるでしょう。ただ実際に参加はしてみたものの始めてみて「想像と違う…辞めたい」と感じる人も就活生の中にはいるはず。そこで今回はインターンの途中抜けについて解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもインターンにはどんな種類がある?

 

 

 

 

 

学生の段階から、企業で実際に行われている業務に一時的に従事出来たり、勉強会やオリエンテーションで親睦を深めつつ企業・業界への理解度を高められるインターンシップ。一昔前までは大手企業がこぞって開催していましたが近年では中小は勿論の事、ベンチャー企業も精力的に展開するようになりました。またインターンと一口で言ってもそのタイプは様々。たった1日でプログラムを完了する1DAYインターンシップ(イベント・セミナー型)や、一週間程度から1ヶ月までの期間で就活生同士で少人数チームを組み、企業側から提示されたテーマの問題解決を主としたプレゼンを行う短期インターンシップ(プロジェクト型)。そして学生向けに難易度を落としてはいますが実際の仕事内容を味わえる長期インターンシップ(職業体験型)の3つが存在します。1DAYと短期では大学3年から最終学年が対象となりますが、長期インターンでは年単位でも継続的に参加出来るので全学年が対象となっていますよ。

 

また、短期インターンも開催時期によって呼称や参加自体の狙いも変わってきます。大型連休を利用して取り組むサマーインターンシップ(夏季)とウインターインターンシップ(冬季)、そして最終学年に進級して春の就活本番に参加するスプリングインターンシップもあるのです。これらは実施する企業によって組まれているプログラムに違いがあり、講習会やグループディスカッションなど企業研究や自己分析がメインとなるものから、短い期間でも職業体験を課すものなどと様々です。

 

学生達がインターンに参加する目的とは?

 

 

 

 

インターン活動を推し進める企業側の狙いとしては、参加する学生の自社に対する意識づけの強化と優秀な人材の発見が主となります。では学生が忙しい時間を縫ってわざわざインターンにエントリーする理由には何があるのでしょうか? 正直なところそれは参加するインターンの種類によって変わってきますが、狙いをざっと挙げるならば「就活で活かせる武器を増やしたい」「選考そのものを有利にしたい」という二つが考えられます。

イベント型・プロジェクト型はそこまで時間を割かれる事が無いので、忙しい就活生でも参加しやすい特徴があり、企業研究や自己分析・啓発など志望動機を練る際やESの作成で利用しやすい材料がてんこ盛り。またインターンで優秀な成績を上げればその後の選考でESが不要になったり一次面接が免除されたりするので、たとえインターンでも頑張り次第によっては就活を円滑に進められるのです。数ヶ月~数年と企業で働ける長期インターンは時給制で給料が発生するものもあり、アルバイト兼企業研究という認識で励む事が出来ます。現に大学生として勉強を頑張りつつアルバイトはインターンで補完するという人も多くいます。

 

学生がインターンを辞めたくなる理由

 

 

 

 

仕事やマナーなど学ぶ事も多く、急激な環境変化で右往左往しやすいインターンにわざわざ参加するわけですから、学生の誰しもがぞれぞれ目的を抱いて挑んだ事と思います。「自分の可能性を確かめたい」「今の内に憧れの企業で人脈を作りたい」などその理想は十人十色。ツライ事があっても最後まで意思を貫きやり遂げる事がベストですが、毎年どうしてもインターン(特に長期)を途中でドロップアウトしてしまう学生も現れます。インターンに参加してみても、自分の中にあったイメージと実際の業務でギャップが生じてしまったら、途端にやる気も損なわれてしまうものです。本来やりたかった仕事とまるで違う業務、和やかな社風と思っていたのに蓋を開けてみると終始社員が殺伐としていたなど、前から憧れはあったけどいざ接してみたらシビアな面しか映らなかった…。この認識の違いによって長期インターンを数日~数週間という早い段階で抜ける人もいらっしゃいます。そして学生側の落ち度で言うと、近年の若い世代は“怒られ慣れていない”というタイプが意外と多く、ちょっとしたミスの叱責でも過度に自分を追い詰めたり、過失を棚に上げて逆ギレで対抗したりする人もインターン内でも度々現れるようになりました。企業もとい現役社員の立場でいうと、今後自社で働いてくれるかもしれない学生のために、仕事のやりがいや厳しさを教えて社会人デビューを支えてあげようという気持ちが根底にあるものです。しかしまだ働く事への意識が完全ではない学生からすると、ちょっとした注意でも「ここはブラック企業なんじゃないか」という見方をさせてしまうのです。そして企業は努力の過程より結果を重視します。その事実を理解していないと「これだけ頑張っているのにどうして認めてくれないんだ」と、今まで努力する姿が評価の対象だった学生からしたら理不尽に感じるのかもしれません。ですが中には本当に社員に対しても学生(インターン生)に対してもハラスメントが横行していて、それに堪えられなくなって辞めたというパターンも含まれます。

 

途中で辞める事で発生するデメリットと注意点

 

 

 

「途中で辞める事で~」とありますが、ここでは無断欠席(バックレ)を前提として話を進めていきます。何ヶ月も業務に携わる事になる長期インターンと仮定しますが、まず大学だろうと専門学校だろうと、インターンにエントリーする際に在籍している学校を経由していたら、バックレた場合は自身の評価だけでなく学校に対する企業の評価も下がります。そうなると困るのがインターン情報だけでなく企業求人がその学校に下りてこなくなる可能性が大きくなる点。自分一人が自分本位な理由で勝手にインターンを辞めたせいで同級生や後輩にも迷惑が掛かり、その企業を志望する人の将来を間接的に摘み取ってしまうのです。ですがバックレに対する対応処置は企業によって違いがあり、大手の場合はグループ企業込みでバックレてしまったらその後要注意人物として就活時にマークされる可能性もありますが、「インターンと選考は別物」と捉えて途中で抜けてしまったけどいつでも待ってるよというスタンスの企業もあるので、「途中で辞めると絶対この企業で一生働けない」という事はありません。しかし無断欠席は思いっきりマナー違反であり迷惑行為には違いありませんので、“よほどの事情”が無い限りは避けましょう。

 

 

そしてバックレは論外ですがどうしても途中でインターンを辞めたいと思ったら、必ず人事担当者や面倒を見てくれている社員に連絡を入れましょう。インターンを抜けたくなる理由は色々浮かぶかと思いますが「明日でもう辞めます」は通用しません。これはインターンに関係なくアルバイトなどでも同じですが、辞める1ヶ月前に相手へ報告する事を忘れないようにしましょうね。1DAYや短期インターンは企業研究など学生の勉強期間という意味合いが強いですが、長期インターンだとそうはいかず、たとえ学生でも業務に関わっているので戦力の一部と考える場合もあり、自分が勝手に抜ける事で企業のプランも大きく崩れます。なので上記の1ヶ月前に連絡はあくまで目安と考え、自分が抱えている仕事量とスケジュールを照らし合わせ2、3ヶ月前に辞める意思を伝える事も大事ですよ。

 

また、辞める際の連絡手段も電話が望ましいです。メールでも問題は無いかと思いますが、電話の方が相手にも誠意が伝わりやすい上に礼節に欠けるという心配もしなくて済みます。もちろん電話で要件を全て纏めるのではなく、この時は気持ちを伝えるのと共に、後日対面して詳細を話すためのアポ取りも含まれます。そして無事にインターンを辞められたのなら、アフターフォローの意味を込めてお詫びの文章を記載したお礼状の作成も忘れないようにしましょう。これがあるだけでも相手からの心証は大きく違い、「今回は残念だったけど、しっかりしているしまた会いたい」と前向きな気持ちにさせる事も狙えます。

まとめ

 

このように各インターンは「参加したから最後まで辞めれない」というわけではなく、その後控えている就活の時間を無駄にしない意味でも、辞めれる時に辞めて次に切り替える臨機応変な姿勢が就活生には重要となってきます。ただインターンといえども自分一人のために企業は時間やコストを割いてくれたわけですので「立つ鳥跡を濁さず」とも言いますし、大人としての最低限のマナーを守って辞める決意を伝えましょう。またインターン活動は学生の特権ですが、嫌な事がある度に辞めてしまうと社会人になる前から“逃げ癖”が定着してしまうので注意してくださいね。