就活、特に面接では様々な質問が飛び交うものですが、その内には「アナタの弱みはなんですか?」とネガティブな問いもあります。ストレートに「〇〇が苦手です!」と自信満々に答えるわけにはいきませんが、採用担当者が納得するような上手い回答もなかなか浮かびづらいものです。そこで今回はこの短所の活かし方と話す際の注意点について語っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用担当者がわざわざ就活生の短所を聞く理由とは

 

 

 

 

就活生・転職者にウィークポイントを聞くのはもはや定番の流れといえますが、そもそも何故アピールの機会である面接にて、弱さを話さなければいけないのでしょうか? 自分の強みや将来どう貢献していくかなどの前向きな質問には饒舌に話せるという人でも、こういったネガティブ系の質問には躓きやすく、「どう回答すれば良いのかわからない」とドツボに嵌る学生も多くいます。中途半端に答えてしまったら相手に不安を残してしまいますし、逆に長々と話してしまうと「トラブルメーカーなんじゃないか?」と人格や能力そのものも疑問視されかねません。

 

採用担当者が就活生の短所を聞く狙いは様々です。まず彼ら学生の自己分析がしっかりなされているかをチャックする目的が浮かびます。つまり就活生が客観的に自分の情報を把握出来ているかという事ですね。就活シーンでは大前提として、自分自身と向き合えているかどうかが重要となります。自身の半生を振り返り、過去のエピソードで得た経験や学習内容、培われた長所を武器として会社に貢献出来るかを明確にしていく作業を誰しもが行います。けれど短所(苦手な事)もそうですが今まで生きてきた中で失敗や後悔は複数あるはずなのに、それを振り返るのが恥ずかしい・情けないと避けて偏った自己分析になってしまうと、面接本番で話す内容や態度にも正確さ・誠実さが欠けてしまいます。誰しも弱点はあるものですがその弱点を認識せず主観だけに頼った自己分析だと、「この子は客観的な視点を持ち合わせていない」と思われてしまいます。

 

 

 

次が問題解決能力の有無です。前述のように皆が必ず弱点はあるものですが、“具体的にどんな事が苦手なのか”を客観的に分析して、改善するための姿勢を持ち合わせているか否かを企業は判断したいのです。学生の頃は特に問題にならなくても社会人として動いたらその短所が業務に影響を及ぼす可能性だって普通に考えられます。余計なトラブルを防ぐ意味でも企業はあえてネガティブな質問をぶつけてくるのです。ちなみにこういった場面ではただ短所を語るだけで終わらず、改善へと導くためのアプローチ方法も付け加えられたら良い印象を与えられやすくなりますよ。

このように面接官もきちんとした意図に基づいてネガティブな質問をしているわけですが、上記の“狙い”を意識すれば自ずと適切な答えも浮かびやすくなるはずです。またいくら短所を明らかにしたくないからといって、嘘をつくのはNGです。企業の人事担当者は年間何人もの学生の話を聞き、情報を吟味している立場なので、内容に関係なく「あぁ今この子嘘をついたな」と見破られる危険性が大いにありますよ。

 

短所は長所の裏返し! 内容次第でアピールに繋がる

 

 

 

「あまり短所を大っぴらに口にするのは気が引ける…」そう感じるのは普通の感情であり、何もおかしくはありません。しかし逆に言えば短所を誤魔化しなく話し、改善策の提示と長所へ変貌する可能性を示唆出来れば、それはただの短所ではなく有用なアピール材料へと変わります。まず先ほども触れたように、長所と短所は自己分析がしっかり出来ていないと明確に浮かんでこない要素です。つまりこれらがきちんと提示出来ている事は、相手に「ちゃんと自己分析を怠らず進めているな」と認識させる結果に繋がります。長所の発表自体は自身の直接的なアピールになるので特に気に病む…というより後ろ向きに考える事は無いと思いますが、短所は少し言い方に工夫を施す必要があります。

たとえば「どんな些細な事でも考えすぎてしまう性格」を短所だと考える場合、そのままのニュアンスでは心配性という言葉だけで片付いて特に話も膨らまない可能性があります。こういう回答で覚えておくべきコツは“なるべく前向きな言い方に置き換える”事です。上記の例を直すとしたら「思慮深く何事にも慎重に取り組める」と考える事が出来ます。「相手は短所を聞いているわけで、長所を答えろとは言ってないぞ」と指摘したくなるかもしれませんが、誤解のないように言っておきますがここで重要なのは「短所のままで終わらさず言い方の変化で長所と同一の価値に思わせる」点です。面接という場では就活生がどんな人物がを知りたいのと同時に、今後働く機会を与える場合どんな仕事を任せるのがベストかを相手はイメージしたがっています。その迷いを解決する要素としても、短所を新たな長所へ繋げる話し方は有効です。

 

そしてただ理想論を語るだけなら誰でも出来ますが、改善へ向かうための具体的な手段・プロセスが明瞭でないと「その場しのぎのデマカセ」と捉われる可能性も考えられます。ちゃんと面接官を安心させるためにも、“短所をポジティブに活かす”ための努力とエピソードもトークに含ませてください。先ほどの「考えすぎる性格」をどう長所へ昇華させるのか考える場合は「常にスケジュール管理を徹底し、勉強もアルバイトの段取りを前通しで行っています。常に計画性を持つ事で焦りや不安による失敗の減少に努めています」といった具合で、聞き手が自分を評価しやすいような雰囲気を醸し出せます。

 

 

短所を語る際の注意点とは

 

 

 

まず言葉は慎重に選んでいきましょう。たとえネガティブな質問でも、そっくりそのままネガティブなニュアンスを含む言葉で返すと印象の悪さに直結します。そういう意味では日本語とは非常に便利であり、見方に依りけりですが謙遜やユーモアを言葉に持たす事が可能です。「後ろ向きに物事を考えがち」な人も「リスクヘッジに長けていて周囲への配慮がちゃんと出来ている」という風に適切な言葉を選びましょう。また人によって長所・短所の中身は違ってきますが、ESや履歴書といった書類に記載している自己PRと矛盾があったら大変です。きちんと自己分析の際に全体の整合性を取るようにしてくださいね。そして最も短所を語る際に気を付けるべきなのが“短所が会社に悪影響を与える可能性”です。特に“約束を破りがち”という短所を持っている人は伝える事自体避けた方が無難です。世のビジネスパーソンはクライアントや上役と“約束”を交わす事で業務を円滑に進めて利益を生んでいます。もし打ち合わせの時間や納期を平気で破ったりしたら会社には損害しか発生しません。そういう意味でも“約束を守れない短所”を持つ人は面接でその旨を話す事自体に不採用というリスクしか残りません。他にも志望している会社組織に属したいからこそ応募しているのに「協調性がありません」と言ったり、繊細かつ多大な神経を費やす業務なのに「集中力に自信が無い」と答えるのは止めておきましょう。これらの要素を考えるコツとしては“ポジティブな要素に繋がるかどうか”を念頭に情報を取捨選択してくださいね。

まとめ

 

 

いかがでしたか? 短所を企業の人間に打ち明けるのは大変勇気がいる事ですし「言う事で不採用になるかも…」と憶病になるのは仕方がない事だとは思います。ただ本文でも語ったように、たとえネガティブな要素でも表現の仕方を変えるだけで否定的なニュアンスが薄らぎ相手に将来への期待を持たせる事が出来ます。簡単な話、一度面接練習の機会で自分が企業サイドの立場になってみて「本当にこの人(自分)を採用したいか」と考えてみると、より自身を取り巻く要素を客観視しやすくなるかと思います。短所の件に限らずトークが躓かないためには“質問内容の想定”をじっくり行い、心に余裕を持たせましょう。