より良い会社でベストな働きをするために、一社~複数社のインターンシップ参加で自分の就活意識を高めるのは当然の事。ただインターンに応募する際も“企業の一員として働く”意識を持つ事が重要であり、書類情報や面接でもTPOに合った身なりで固めて準備する必要があります。また企業の中にはインターンが私服OKの場合があり、これが就活生の頭を悩ませる要因にも…。今回はインターン生の髪型・服装といった身だしなみ、そして適切なカバンや靴についても解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応募も油断大敵。書類に載せる写真にも気を遣おう

 

 

 

 

インターンはアルバイトのように時給を得て(場合によっては無給)社員の下で業務に当たるものや、座談会やグループディスカッションで自己分析や企業研究を深めるものなど、開催する企業によって中身に違いがあります。しかしどんな場面でも学生気分のまま軽い気持ちで参加するのは企業に失礼ですし、就活に割く時間も大幅に削られる事になるので、インターンの選択から取り組みの姿勢まで十分に気を遣う必要があります。

その意識のスタートラインとなるのが応募書類の作成です。インターンの選考も企業の方針によって違いがあり、面接や筆記試験、抽選など多岐にわたりますがほとんどの企業が書類選考で学生を判断しているデータがあります。言うまでもありませんが、その際に提出する履歴書やESは、読み手の気持ちになって丁寧に書くのが大切。ですが丁寧な字や興味を引く内容以外にも、書類に貼り付ける顔写真も選考を通過するための重要な要素です。

実際に対面してから学生の見た目や“人となり”を判断する面接などの機会をインターン選考に含めない場合、履歴書やESに載せる写真は唯一のビジュアルとなり、文字以外で自分の誠実さを訴えかけるチャンスとも言い換えられます。某メディアにて、インターン選考(書類選考)で多くの学生を取捨選択してきた人事担当者を対象にしたアンケート調査によると、写真で見る一番のポイントが「表情」で二番目に「髪型」、三番目に「服装」というデータがあるのです。他にも「姿勢」「目線」なども挙がっておりますが、顔周りの評価レベルとは比ぶべくもありません。

 

 

 

また写真を撮る手段も色々あります。専用の機材とプロのカメラマンの手で撮ってもらう「写真館」や手頃な価格で撮影出来る「スピード写真」。最近ではスマホで他人に撮ってもらいプリントするものまで存在します。写真館では確かな腕を持つカメラマンが撮ってくれるので暗くなりがちな表情や髪型も特に気にする必要がなく、スピード撮影では時間を選ばず自分のタイミングで撮影が可能なので、急なスケジュールの変更にも対応しやすいという利点があります。スマホ撮影に関して言うと、何度も無料で撮り直しが可能なのが嬉しい反面、スマホの撮影機能やカメラマン側の腕、プリント機器の有無も欠かせないので、上記の二つと比べたら確実性に欠けるでしょう。

 

男性・女性別の無難な髪型と服装

 

 

 

 

ここからはインターンで非常識と思われないための髪型・服装を解説していきます。髪型と服装は他者からの第一印象を決定づける非常に重要な要素。ちなみに第一印象を決める時間は3秒から5秒とされており、この短い時間でまず見る部分が髪・表情を含めた“頭部”。しかも顔や髪型で約7割ほど印象が固まるとも言われているので、初対面の人間に好印象を与えるには顔周りの整えが肝心です。もっとも企業の雰囲気や関わる人間の性格や価値観によってどんな身だしなみが相応しいかは異なります。しかし見た目で誠実なイメージを植え付けるには“清潔感”が基本的な要素となります。逆に、目元が隠れるほど髪が長くて髪型もボサボサ、着ているスーツも皺ばかりで汚れも目立つのは、仕事を行う能力だけでなく人格そのものも疑われかねません。しつこいようですが、髪型や服装を決めるにはまず清潔感を第一に考えましょう。

 

まず男性の格好についてですが、髪は“どこにもかからない長さ”にしてください。前髪が目にかからない・襟足がシャツの襟にかからない・サイドヘアーが耳にかからない(あるいは耳が隠れない)のが理想形です。オシャレ感覚を捨てきれない人はなかなか襟足やサイドを切り揃える事に抵抗しがちですが、清潔感のあるフレッシュなイメージを相手に与えたいのなら割り切りましょう。

髪型はその時の流行や所属しているコミュニティの受容で変わってきますが、インターンもとい就活の場ではショートヘアー(又はベリーショート)が無難です。もちろんワックスなど整髪料を使う事で好印象を与える事も狙えます。ビジネスパーソンにはツーブロックやマッシュなど髪型に違いがありますが、あくまでこちらは就活生という立場なので無難な形に留めておきましょう。

言うまでもありませんが髪色は黒。派手な色や茶髪はたとえインターンでもNGです。遺伝の影響で元々の髪が明るい場合はその旨を書類の備考欄で説明するか、黒のカラーリング剤で染めておいた方がいいでしょう。

 

次に服装の解説に入りますが、インターン先から服装について指定が無い場合、基本的には黒や紺のリクルートスーツで臨むのが良いでしょう。ワイシャツは白の長袖で、ネクタイも明るさを押さえて無地のものがベストとされます。ネクタイの色ですがオススメは赤系(情熱さをアピール)と青系(冷静・フレッシュさをアピール)です。靴は本格的な就活でも活躍する黒の内羽根ストレートチップタイプのものを用意しておきましょう。社会人の中には茶色のストレートチップを履く人も多くいますがまだ就活生・新卒の段階だと下手をすれば「生意気」とネガティブな印象を持たれかねません。

 

 

 

そして女性のインターン生の髪型・服装についてですが、ショートヘアーですと特に意識する箇所はありません。しかし肩に届く長さでは業務の邪魔になるだけでなく清潔感も損ないかねないので、ポニーテールやハーフアップといった髪型がオススメです。ヘアアクセサリー類についても派手な印象を植え付けるものはNG。髪を纏めるなら黒のヘアゴムやピンを用意しておきましょう。髪色についても黒か薄めの茶髪で。また女性の場合は枝毛の多さも見直す必要があり、気になる人は今の内にサラサラヘアーになるようケアした方が良いでしょう。

次に靴ですが、女性ですと男性と同じく黒で太いヒールのプレーンパンプスがベスト。ヒール自体もあまり高すぎると歩き続けて疲れが溜まりやすくなるので、丁度いいものを選択してください。

服装に関しては上記の男性の例に漏れず、黒・紺のリクルートスーツに白いブラウスで統一しましょう。またスカートの丈ですが座った時に膝にかかるくらいが丁度いいです。

また女性ですとある程度メイクを施してインターン・就活に臨むわけですが、「ノーメイクは失礼! 濃い化粧も悪目立ち!」と捉える企業も多いので、ナチュラルメイクで爽やかさをアピールしましょう。

 

そしてピアスを開けている人はインターン・就活に参加する場合は外しておきましょう。アクセサリーの評価は人によって差がありますがインターン先の社員は風土はもちろんの事、お客さん目線を重視するので、仮にピアスを耳に付けていたら性別に関係なく「インターンでその軽い姿勢は問題でしょ」と判断する可能性が大きいです。また、既に外していて耳の穴が完全に塞がっていないなら、今後は付けるつもりは無いという意思を明かしましょう。

 

私服OK業界によって変わる服装の違い

 

 

 

 

このように、たとえインターンでも男性女性関係なくフォーマルな服装を心がける必要があります。特に伝統を重んじる金融関係などでは、髪や服装が乱れるのは業界の沽券にかかわると捉える事が多いので気をつけましょう。ただ比較的フレキシブルな働き方を進めるベンチャー界隈やアパレル関係だと、「学生の個性を見たい」という意図でスーツ参加より私服参加を提示するケースも近年多くなってきました。ですがその言葉通りに受け取ってインターンでも本当に“私服”で臨むのはリスクが大きい…。服装選びで失敗が無いようにするには“オフィスカジュアル”でコーディネートするのが良いでしょう。“スーツほど堅くなく、普段着より着崩れしていない”のが基本です。

ただNGの格好ですが、ジーンズ類やスパッツ、露出のある服やサンダルにスニーカーは止めておきましょう。

まとめ

 

 

いかがでしたか? インターンに参加したくても服装選びで悩んでいる学生は多いかと思いますが、この記事でその悩みが解決する結果に繋がればと思います。就活の風景とは違い、インターンは求められる内容やアピールの仕方が違うので、どうしても意識的に緩くなりがちですが、職業体験という意味ではたとえ一時的でも企業の一員として従事する事になるので、参加して社会人としての経験値を高めたいのなら気持ちも服装も万全に整えましょう。