企業が収益を上げるために、「ターゲットは誰か」、「事業として何を行ない、利益を得るか」と「儲け」を生み出すためのサービスや具体的なシステムを「ビジネスモデル」と表します。

例を挙げると「BtoB」「BtoC」「CtoC」のマーケティングサービスが有名です。また新たに「CtoB」と「BtoG」のサービスも合わせて、ご紹介します。就活生は、これらを理解しておくと軸が定まり、企業を正確に選ぶこともできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「BtoB」「BtoC」「CtoC」と、その業界例

 

 


 

 

  • 企業が企業にモノを売るBtoB

「BtoB」とはBusiness to Businessの略であり、

簡単に言うと、企業や法人が顧客として商業取引を行います。

「BtoB企業」は大々的な宣伝や告知は基本的に致しません。なので、社会人が知っている有名企業でも、学生には馴染みがなく知らない場合もあります。

商品やサービスを購入する際は、担当者は直接決定は下せず、最終的には責任者が決定します。

担当者と購入決定者が異なるのが「BtoB」の特徴です。

 

・「BtoB企業」の例

商社、物流、コンサルタント、IT業界など、企業向けのサービス業は「BtoB企業」です。

また、1つの企業が「BtoB事業」と「BtoC事業」の両方を担っている場合もあります。

例えば銀行は、消費者の預金を扱うサービスと、企業への融資を行っています。

不動産会社も、消費者向けの住宅を扱っていれば、事業向けの建物も扱っていたりします。

両方の事業が存在する企業もございますので、区別をつけておきましょう。

 

 

  • 企業が個人にモノを売るBtoC

「BtoC」とはBusiness to Consumerの略であり、

一般消費者が顧客で、企業が商品やサービスを提供することを指します。

「BtoB」とは異なり商品の購入を決定するのは消費者なので、

購入してもらうために、CMや新聞を利用した大規模な プロモーション活動をする特徴があります。

そのため、企業名や商品名を聞いたことがある学生や社会人は多いでしょう。

 

・「BtoC企業」の例

飲食店、ホテル、百貨店、家電量販店、接客等のサービス業は「BtoC企業」です。

お店で販売されている商品を作るメーカー、小売業、旅行会社、塾などの教育業、

他には、アミューズメント業界、生命保険の営業、鉄道会社、東京電力などのエネルギー業界は「BtoC企業」であります。

なお、これらの業界でも企業向けの営業を行う部門などもあるため、全てがサービス業のわけではございません。

 

 

  • 個人が個人にモノを売るCtoC

CtoCとはConsumer to Consumerの略であり、

消費者同士の間で商品を売買することを指します。消費者間での商品売買には消費税がかからず、

店舗で購入するよりも安く購入できることもあります。

以前の消費者同士での売買では、購入したのに商品が届かない、届いた商品が不良品だったと問題がありましたが、

運営側が、代金を一時的に預かる「エクスロー」が導入されて、これらの問題を解決したため近年よりサービスが充実しています。

「エクスロー」は購入者から代金を預かり、配達が完了した時点で、

販売者に購入代金が支払われる仕組みで、多くの「CtoC事業」はこの形式を採用しています。

なかには、「CtoC」のサービスを活用して、事業展開を考えている企業や個人事業主もいらっしゃいます。

 

 

・「CtoC企業」の例

例を挙げると、オークションサイトやフリマアプリが身近な「CtoC事業」です。他にもハンドメイド物や輸入物の売買、車や駐車場、個人宅のシェアなど特化型でユーザ層が限定的なサービスも「CtoC事業」です。

 

 

 

 

「BtoB」「BtoC」「CtoC」のそれぞれの魅力

 

 


 

 

・商品とサービスの価格

「BtoB」では、企業などの法人が顧客になるため、高額の商品が取引され、

何千万、何億の取引も日常茶飯事です。そのため、取引する企業間との信頼関係は非常に大事になってきます。

「BtoC」は一般消費者が顧客になるため、比較的単価の低い商品が取引される割合が高いです。

「BtoC企業」の中で単価の高い商品といえば、家や車が挙げられますが、一般家庭において、食品や日用品のように頻繁に取引されるものは少ないです。

「CtoC」は消費者間での売買になるため、消費税がかからず、店舗で購入するよりも安く購入できることもあります。しかし、消費者が商品を取り扱うため「商品が届かない」、「届いた商品が注文したものと違う」といったトラブルになりやすい傾向があります。

 

 

・取引成立までの期間と意思決定

「BtoC」やの場合は消費者側が商品を手に取り「買いたい」と購入してもらえれば取引は成立します。

「BtoB」は、そうはいきません。商品をほしいと担当者が思ったとしても、上司、そのまた上司、最終的には社長の決裁が必要な場合もあり、意思決定者が複数人いるため、取引成立までに非常に時間がかかります。

「CtoC」は消費者に購入してもらうと、その商品代金は一時、運営側が預かります。

買い手側から運営側に商品が到着した旨が伝わると、売り手側にお金が支払われ取引成立となります。

 

 

・広告宣伝

「BtoC企業」は、一般消費者の認知を挙げることが商品の売り上げに直結します。

そのためCMなどを使って宣伝をしますし、お店などでポスターやPOPなどを使った広告もよく見られます。街中で配られているサンプリングなども、広告宣伝のひとつです。

「BtoB企業」は、一般消費者への認知度が高まっても、売り上げには直結しません。

そのため広告にお金をかけるよりも、営業先との信頼関係構築に注力を入れます。

「CtoC企業」は「BtoC企業」と似ており、認知度を上げて一般消費者に使用してもらうためにCMや広告等の宣伝を行います。

 

 

  • 「BtoB企業」「BtoC企業」「CtoC企業」の魅力

 

・「BtoB企業」の魅力

1つ目の魅力は、安定している会社が多いという点です。

「BtoB」の取引は企業間なので、一度取引が成立すれば長期間の取引が継続可能となっていきます。

そのため、安定した業績を上げている企業が、BtoB企業には多いです。

2つ目の魅力は、「BtoC企業」よりも就活の応募倍率が低いです。

「BtoC企業」に比べて知名度が低い傾向にある「BtoB企業」。

就活生は、知っている企業から選考を受けていくため、

はじめから「BtoB企業」を狙って就活をする学生は少ない傾向にあります。

競争率が低く、優良企業に入社できるチャンスもあり得ます。

 

・「BtoC企業」の魅力

「BtoC企業」の1つ目の魅力は、知名度の高い会社が多いことが挙げられます。

CMで認知していたり、お店などで手に取ったことがある商品や実際に使用していたりと、

一般消費者に馴染みがある商品やサービスを扱っているのが「BtoC企業」の特徴です。

なので、自然と知名度が高い企業が多くなります。

2つ目の魅力は、世の中の役に立っている実感が得られやすいという点です。

自社の商品を手に取る消費者を見た時や、消費者からの声をいただいたりすると、やりがいが感じられます。こうしたやりがいは、「BtoC」ならではでしょう。

 

・「CtoC企業」の魅力

1つ目の魅力は、商品の在庫を持たなくても良いことです。

あらかじめ売り手側に販売可能な商品を準備してもらい、実際にそれらが売れてから購入する仕組みになっています。

よって、在庫を取る必要がなく、リスクなく利益を上げることができます。

2つ目の魅力は、フルフィルメントシステムによりリスクの回避です。

「フルフィルメントシステム」とは、上述した「エクスロー」の拡張版のようなもので、

売り手から商品を預かり、検品、情報登録、採寸、在庫管理、問い合わせ対応、決済、配送までの一連の作業を指します。

フリマアプリは売り手側に、このシステムを取り入れています。

 

 

 

押さえておきたいサービス

 

 


 

 

  • CtoB

「CtoB」とはConsumer to Businessの略であり、

個人(消費者)が企業と取り引きすることを指します。

「BtoC」は企業が消費者個人に商品を提供します。一方で「CtoB」は消費者個人が企業にサービスを提供するのが、特徴です。

「CtoB」の流れは、ネットを中心に実用化されており、めずらしいものではなくなっています。

消費者が企業へサービスを提供し、その対価を企業が消費者に払うというものです。

 

具体的な例を挙げますと、趣味で写真を撮っていて、その撮った写真が企業の求めている写真と一致した場合に、消費者個人が撮った写真を企業に売買することができます。

多くの商品やサービスを安価に生み出すことができ、リアルタイムでビジネスを調整し、

調整と取引にかかるコストを大幅に削減していきます。

 

 

  • BtoG

「BtoG」とはBusiness to Governmentの略であり、

企業から政府へ政府向けの取引を指します。「BtoC」や「BtoB」とは、また異なった特殊な取引で

政府も商品を購入します。 例えば、市役所のパソコン、学校の備品のような細かいものから、

県庁ビルのエレベーター、道路、トンネル、空港、ゴミ処理場、浄水場など、様々な商品やサービスが必要です。

このように国や地方自治体に、商品やサービスを売って利益を得る会社のことを「BtoG企業」と呼びます。

大林組や清水建設などのゼネコンや建設会社は「BtoG企業」です。

政府は「競争入札」という入札方法で、取引相手となる企業を決定します。

ゼネコンなどの「BtoG企業」は競争入札に参加して、良い条件の企業から仕事を受注するのです。

「BtoG」取引は建設会社だけではありません。

そのほかにも、郵便局で扱っている機械、役所に設置する自動販売機、プリンター、パソコンのほか、

パトカーや消防車なども競争入札で購入されております。

 

公務員の仕事を手伝う「コンサルタント業務」、市のゴミ回収や市営バスの運転も「BtoG」です。

最大の特徴は、国や地方自治体はつぶれないため「取引先が倒産した」という問題が起こりません。

行政をターゲットにしていきたいと検討される方は、行政との取り引きの特徴をしっかり把握する必要があるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

「BtoB企業」「BtoC企業」「CtoC企業」

どちらが就職先として良いかは、一概に言えません。

それぞれのやりがいと自身の適性を比較して選ばれてみてください。

また、知名度や安定度は、あくまで傾向なので、

各企業ごとの情報収集はしっかりと行い、企業研究、自己分析をしたり、

企業のインターンなどにも参加し、自分に合った企業を探してみましょう。

今回、紹介しきれませんでしたが「DtoC」や「BtoE」「GtoC」などのサービスもございます。

気になった方は、ぜひ調べられて見てください。