老舗化粧品会社「伊勢半」は今年から「顔採用」という名目のエントリーを導入し始めました。

「顔採用」と聞くと、多くの就活生は「私、無理かも・・」と思いになるかもしれません。

ですが、これは容姿での採用ではなく「自分のしたいメイクをする」という意味での「顔採用」です。

今回の例とは別に実際「顔採用」は存在するのでしょうか。外見によって就活へ、どう影響を与えるのかご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に「顔採用」は存在するの

 

 

 

 

ぶっちゃけると「顔採用」は存在します。顔はどうすることもできず不公平な面もございますが、

「ビジュアルは1つの能力」と考える企業や業界も存在します。

なぜ行われるのでしょうか。理由はあります。

 

従業員のモチベーションが上がる

 

従業員の意識向上に繋げるため、顔採用をするケースもあります。職場にキレイな女性や男性がいれば仕事が捗ります。みなさんもそのような経験はございませんか。

容姿の優れた異性がいることでモチベーションや生産性も上がり、効果的なためです。

男性が多い職場なら女性の採用、女性が多い職場なら男性を採用を積極的に行います。

 

営業や販売、接客で結果が出やすい

 

やはり営業や接客での結果が出やすい傾向が見られます。

営業に関しては、容姿が良い人とそうでない人では成果が変わってきます。

人間は、容姿の優れた人に対して好感が得られることが心理学的な例があります。そこが営業と結びつき結果として現れます。営業や販売などの接客業では、外見が重要な鍵を握っているのが事実です。

 

上記を採用を基準としている業界もありますが、あくまで一部です。

「顔採用」といっても、みなさんがイメージされているような「顔立ち」を評価して採用するわけではないこともあります。

顔立ちや表情は、これまでの生きかたが表れると言われます。

顔自体を評価しなくても、顔つきを参考に優しさや明るさを、ある程度判断することができます。

そして、持って生まれた顔の作りに影響はぜず、顔にはその人の人生そのものが表れます。

イメージが湧きにくいと思いますので「性格」に置き換えてみてください。

「性格」も持って生まれたものでもあり、人それぞれ異なります。

また、毎日の生活の中で色んなことを学んで年齢とともに変化をするのも「性格」です。

 

「印象」も大きく影響していきます。外見を重視していなくても、その人の持つ「雰囲気」や「印象」「仕草」も選考に左右されます。

明るい気持ちの人は笑顔が多かったり、仕草や表情などに気持ちが現れやすいものです。

気持ちや考えというのは、人間性が大きく影響を与える部分なので、仕草や表情には人間性が現れやすい傾向があります。

 

 

化粧品会社が実施した「顔採用」とは

 

 

 

 

老舗化粧品会社の「伊勢半」が新たな採用枠として加えた「顔採用」。

顔採用と聞くと「容姿」や「顔立ちの良し悪し」を連想するかと思いますが、

ここでの顔採用は「好きなメイクをして選考を受ける」「メイクで個人を表現する」といった意味です。「伊勢半」の思惑は、”無個性な就活メイクに縛られた外見ではなく、自分が好きで似合うと感じるメイクを見せてほしい”という意図がございます。

また、枠にとらわれない発想を持った人材の確保が目的にもあります。

同じスーツ、同じ髪型、同じメイクをすることが多い新卒採用の環境では自分の個性を引き出せないため、顔採用を企業は訴えました。

 

そして、性別は問いません。男性でもメイクをして選考が受けられますし、女性でも就活のマナーで禁止されている「すっぴん」での選考も可能です。

「伊勢半」は”大事なのはメイクなどの技術ではなく、そこに込めた応募者の思いや自分らしさの表現”を求めているためです。

 

「伊勢半」の顔採用では「私らしさを表現している」写真を最大3枚まで提出します。

最低1枚は顔がわかるものでなければなりません。それにプラス、200文字程度の自己アピールも提出します。その内容を元に選考が行われ、通過者は会社説明会に参加できます。

 

導入した顔採用は、ただの顔採用で終わりではありません。

企業説明会に進むための1次選考です。

流れは「写真提出→合否の通知→(通過した人は)会社説明会→エントリーシート提出→2次選考→SPI試験→三次選考→最終選考」といった具合に通常の採用と同様のフローを踏むことになります。

特設サイトから応募する方法に加えて、インスタグラムからのエントリーもできるシステムも取り入れ、「無個性」ではなく「自身の個性」を生かして挑まれてみるのも良いでしょう。

 

 

容姿に自信がなくても磨くことはできる

 

 

 

 

身だしなみを整えよう

 

自分は人より顔に自信が持てない場合は身だしなみを整えましょう。

先ほどお伝えしたように、周りに合わせて同じメイクや髪型にするのではなく、

常識の範囲内で自分に似合うメイクや髪型、似合うスーツを研究しましょう。

 

【男性編】

顔以前に、就活では身だしなみに気を配ることが重要であることは、多くの就活生の常識です。

外見の印象で大切なのは、清潔感と誠実さが感じられるかです。男性の場合は「髪型」「ひげ」「眉毛」を気をつけてみられると印象が大きく変わります。

顔採用の企業に対する対策も身だしなみを完璧に整えて挑みましょう。

 

【女性編】

髪が長い人は束ねてみたり、顔まわりを出してすっきりとさせることで清潔感が出ます。

メイクは肌の色に合ったファンデーションを使用して、チークで血色の良さを出してください。

口紅は色づく程度の色味がないと血色が悪く見られるので、色づく程度の口紅を使用して派手な口紅は避けましょう。

女性の場合は、メイクだけではなく肌の状態によっても印象が大きく変わります。

就活シーズンは忙しくストレスも溜まりメイクもされるため、スキンケアや食事にも気をつけてみましょう。

 

1つでも自分の武器になるものを磨いてみる

 

顔のパーツを今から整えるのは難しいです。

ですが、顔でも顔以外でも1つパーツであったら高められそうな気がしませんか。

たとえば、肌が綺麗だったり、髪の毛が綺麗であったり、

顔であったら、目が綺麗、唇が綺麗、眉毛が綺麗などであったら、より綺麗に見せる研究をしてみましょう。

1つでも秀でていて、他人より綺麗なものがあると印象に残りやすく綺麗に見えたりします。

何か一つ、全力で磨いてみるといいでしょう。

 

愛嬌を出す

 

顔立ち以外で「愛嬌」がある人は好印象で好かれやすいです。

みなさんの周りでも決して美人と言えないのに、常に笑顔で明るくて、気遣いもできる人はいませんか?愛嬌は、誰にでも身につけることができます。

「素直」「笑顔」「前向き」にいる気持ちを意識すると、外見に滲み出て相手に好印象を与えるのが。愛嬌です。愛嬌も武器の1つになりますし、磨かれてみるのも良いでしょう。

 

姿勢を正す

 

猫背だったり、ずっと下を向きアイコンタクトがないと、マイナスな印象を与えてしまいます。

背筋を伸ばして姿勢良く動くことや、立ち居振る舞いは非常に大切です。

胸を張って、てきぱきと動けば、それだけで自信に満ちた印象になります。

クセで姿勢が悪くなる人は、背中に壁をつけて、そこから離れた状態を日頃から意識して歩いてみましょう。

 

 

まとめ

 

 

顔採用を実施している企業は確かに存在しますが、

必ずしも、全員容姿の良い人が採用されるばかりではありません。

結論は、顔立ちに関係なく雰囲気や表情が重要視されているということです。

顔に自信がない人も「あの人がいると職場が明るくなる」「いつも笑顔で素直な人」

と、裏がない笑顔や好かれる性格は、顔立ちに関係なく人を引きつけられ、それは選考でも印象付けられることもできます。

自分の経験や能力を自信持ってアピールすること、笑顔で過ごすことなどを心がけて前向きなイメージを与えられるように振る舞ってみましょう。