仕事を円滑に進めていくためにはコミュニケーションは欠かせません。

しかし、なかなかうまくコミュニケーションがとれず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこでお互いの意思疎通がスムーズにできるコミュニケーションをとる方法を具体的にご紹介します。

この内容を実践することで、あなたのコミュニケーション能力は確実に上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手くコミュニケーションをとるためには?

 

 

 

 

・相手に興味、関心を持つ

まずスタートは「相手への興味関心」からです。より良いコミュニケーションを取りたいと思った時に、大切なことは相手に「興味・関心を持つ」ことです。

人と話していて相手が自分に強い興味を持ってくれたり、話題に関心を示してくれたとしたら居心地の良さを感じますよね。「興味を持っている」と感じさせるには、相手の話をしっかり聞いて質問をすることです。そうすることで相手から、あなたは好印象になり信頼が芽生えてきます。

そのため、さまざまな質問をうまく会話の中に織り交ぜることで、コミュニケーションも深まります。

これがあって初めて、この先にご紹介する内容が役立ちます。

 

・相手の目を見て話す

目を見て話すことは、相手との距離を近づける効果があります。2~3秒ほどの目をみて話してみましょう。ずっと目を合わせていると威圧感を感じるという相手もいます。自然なアイコンタクトを行いましょう。また、相手の目を見るのが苦手という方は、相手の鼻やまぶたの動きを見ながら話すのがおすすめです。

 

・話をよく聞く

効果的な話の聞き方に「傾聴」という技術があります。傾聴とは「ただ話を聞く」わけではなく、

相手の話と想いに耳を傾ける姿勢です。

このように、相手を尊重しながら傾聴することで、相手の中で安心感が高まり心を開いて話してくれるようになります。

 

・頷きや相槌を入れる

コミュニケーションの中で、ところどころで頷いたり、相槌を打ちましょう。

頷きや相槌を用いることで相手も会話を進めやすくなり、お互いに相手に関わりやすくなるものです。

コミュニケーションが上手な人ほど、絶妙なタイミングで打ちます。

こうすることで「あなたの話をよく聞いています」という提示になり、相手は「受け入れてもらえている」という感覚を持てます。

それによって、コミュニケーションがより円滑になり、信頼関係を深めやすくなります。

 

・会話のスピードを合わせる

会話のスピードやリズム、話すトーンなど、相手の状態に合わせる「ペーシング」という技法があります。相手が早口だと、自分も普段より少し早口で話してみたり、

相手がゆっくり話すのには自分も少しゆっくり話すように合わせてみる「ペーシング」を行うことで、相手と自分の会話が、上手く重なり合うことを感じるようになります。

こうすることで心理的な一体感が生まれ、相手は安心して話すことができるようになるのです。

逆に会話のスピードが合わないと、相手は不安になりやすいので気をつけましょう。

 

・穏やかで話しやすい印象を意識する

やわらかな動作や物腰の柔らかさを意識して話すことが大切です。会話の際に早口や、せかせかした仕草をとってしまうと、話しにくさを与えてしまいます。

相手が話し終わり、自分が何かを話す前には一呼吸置いて頷くとと物腰の柔らかい雰囲気が出ます。

 

・相手と仕草を合わせる

たとえば、相手が腕を組んだら自分も腕を組んでみたり。相手がテーブルに手を置いたら自分も手を置いてみる行為を「ミラーリング」といいます。鏡で映し出しているかのように、相手の仕草を合わせることによって相手に信頼を得てもらう技法です。

信頼関係が築けている人には、自然と仕草が似てくる原理があります。これを逆手にとりコミュニケーションをとりたい相手と仕草を合わせることで、身近な存在であるという状態をつくり出すことが可能です。

 

・良い聞き手になる

信頼関係を相手と築くには、上手く話すことも大切ですが、相手のことを知る上では聞き手になることも重要です。

自分の話をよく聞いてくれる人に対して「もっとこの人と話したい」という感情が生まれます。

相手も心が開きやすい空間を作れるので、他の人には話さないようなことも話してくれるようになります。

 

 

常に質問力を鍛えて会話する能力を高める?

 

 

 

 

・質問力とは

質問をすることで情報や考え、行動を引き出す力のことです。質問は他者に対してすることと捉えがちですが、自分自身に対しても大きく効果を発揮します。

質問の効果は、脳に質問を投げかけることで、その解答を自分の中にある情報の中から検索して引き出してくることやピントを置いた情報と質問に対する関連情報や答えを選定してインプットすることがあります。

 

ビジネスでは、事実や現状の把握は非常に不可欠なことです。

優れた質問によって問題解決の可能性を導き出すこと、アイディアを生み出すなどの創造性を発揮します。

質問は使い方次第で、大きく前進するための重要なキーへとなるのです。

 

・質問力を鍛えるメリット 

 

・相手との関係性を良くすること

・相手との主体性を高めること

・相手の行動や思考の幅を広げること

 

日々のコミュニケーションでは意識せずに、あらゆる質問が行われています。

ビジネスシーンでは、このようなことが四六時中です。

「この仕事は誰に任せようか」「どう指示を出すか」「案件AとBはどちらを先に対応するか」

ほぼ1日中、私たちは質問を投げかけて、その正解を求めるために脳が働きます。

優れた質問によって優れた答えが導き出されるということは、

あなたの質問次第で、相手の受け取り方や、その次に続く行動が大きく変わります。

 

・相手のレベルに合わせた質問をする

 

質問することは自身と相手のためになります。相手の知識量や経験を超えることや、裁量を超えることへの解答を尋ねることは、必ずしも最適な答えやアイディアに繋がるとは限りません。

その場合は、ただ部下の自信をなくさせることにもつながります。

相手に考えさせることと、あなたが明確な答えを示すことを判断する必要があります。

 

・「傾聴」をする

先ほども触れた「傾聴」です。

あなたが質問を投げかけるためには、コミュニケーションの基本である「傾聴」が不可欠です。

質問とは、相手との会話の中から生まれるものです。「傾聴」によって相手が心を開いて話をしてくれ、そして相手の話からポイントを見つけて質問につなげていくのです。

相手にとってどのような質問がもっとも役立つか。そして相手の答えをどのように受け取るか。

まずは相手の話をしっかり「傾聴」することが良い質問、相手に役立つ質問に繋がります。

 

まとめ

 

 

 

 

親近感と信頼感で、円滑なコミュニケーションを生み出しましょう。

職場でコミュニケーションを良くするには「個人対個人」「個人から全体」へと両方のアプローチが、最も効果的です。「個人間」では、相手との話した内容に誠実に向き合う意識を持ちましょう。

「個人から全体」への取り組みとしては、組織の一員として自分にできることで動いていくことを念頭に工夫されてみてください。

相手の話に耳を傾けることも大切です。会話を続けるには、相手の話に耳を傾けることも重要です。自分の話したいことを一方的に話すよりも、相手の話に対し「まず同意すること」「肯定で答えること」を心がけましょう。