診療・施術をする医師のサポートをし、入院や外来の患者の介助にケアマネジメントなど多岐にわたる業務を日常的に対応する看護師。今では男性看護師も増えてきて、仕事の領域も以前に比べて増えてきている傾向にあります。また看護など医療の仕事は無くなる事もなければ患者がいる限り職員の需要は尽きないので不況に強いという業界の強みも持っています。今回はそんな看護師になるための志望動機の考え方を例文付きでご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者のケアを最優先に動く看護師の将来性とは

 

 

 

 

患者とのコミュニケーションを大事にし、採血・点滴や食事の配膳に心身のケアなど非常に忙しい看護師。病院の規模や診療科によって担当する業務の幅は変わりますが、患者の命を預かる立場なのでどの職場でも目まぐるしく日常を送っています。またちょっとした情報の齟齬やミスが患者の身の安全に関わるのでどんな時でも気を抜けないプレッシャー満載の仕事ともいえます。医療業界の現状として現役で勤める看護師の人口数は全国の患者数に比べだいぶ少なく、介護業界と同様に離職者の増加による万年人手不足の煽りを受けています。その要因はいくつか考えられますが、大きな要因として「女性環境」が挙げられます。男性看護師が増えてきているとはいえ看護業界は女性の数が圧倒的に多いのが特徴。女性が多くを占める職場というのは非常に気を遣うもので、そのストレスが原因で別の機関に転属あるいは退職する男性も多くいます。また看護業界では産休や育休にも力を入れていますがその反面、キャリアは十分なのに子供のために致し方なく退職する人も多いのも離職者増加に拍車を掛けています。また豊富な医療知識だけでなく病棟を駆け巡り多くの患者のケアや情報の整理など事務的な作業も多く掛け持つので、それらを問題なくこなすだけの体力も求められます。それに加えて看護師は日勤・準夜勤・夜勤と交代制とはいえ昼夜バラバラの就業時間を組まれがちなので、それが原因で生活のリズムが崩れて辞めてしまうという人も含まれます。都市部の大規模な病院など人材の供給がそこまで難しくない場所ならそこまで現場が困窮するという事もあまりありませんが、地方などの比較的新たな働き手が確保しにくい環境だと、こういった看護師の離職増加は死活問題です。

 

 

 

こうして見てしまうと問題山積みでなかなか挑戦しにくいように感じますが、未来の看護師を育成するための看護学校も増えてきており、手に職つけたいと考える若者を支持・人手の欲しい医療業界の環境改善に国全体で取り組んでいます。また“看護師=医療”と考えてしまう人も多くいるかと思いますが、現在では活躍の場は病棟やクリニックなどに留まらず、老人保健施設や訪問看護ステーションなど高齢者に目を向けた展開もしているので、就活の時に求人に困るという問題はあまり感じません。看護師は人との付き合いが肝となる仕事なので、代替の利かない仕事としてこれからも需要が尽きる事はありません。そして看護師は資格の活かしやすい職業であり、医師のマンパワー不足な環境などでは「小児看護」や「がん看護」など専門的な分野に活かせる「認定看護師」や「専門看護師」などの資格を保有していると戦力的に重宝されます。またこういった資格は様々な医療の現場でも通用するので、転職の際にも強力な武器になります。確かに責任が重くのしかかりハードワークな側面を持つ看護師ですが、直接患者や家族から感謝されやすい上に社会的な地位も高く、資格の有無はもちろんキャリアを長く積めば自分を必要としてくれる現場も多く現れるので将来性は十分にあると言えます。

 

 

看護師に向いている人の特徴って?

 

 

 

 

どの仕事も自身の性格によって仕事の向き不向きが分かれがちですが、看護師もその例に漏れず性格のズレが業務への意欲などに影響しやすいです。看護師の働く現場は言わずもがな患者の多い医療現場。患者の生死に関わる仕事なのは言うまでもありませんが、インフルエンザなど外部から病院内への感染にも人一倍気を遣わなければなりません。もし自分が病気に感染していて、それに気付かず患者に接してしまったら最悪その患者の命の危機にも直結しかねません。そういったあらゆる可能性にも目を光らせ、柔軟に対処出来る精神力が不可欠といえます。逆に健康に関しての意識が不十分な人は厳しい事を言いますが看護師には向いていません。そして看護師は事務的なスキルはもちろんですが、朝昼晩と拘束される時間も長めなので体力に自信がある人は十分適正があります。また子供から年配の方まで何人もの患者とコミュニケーションを取り、情報収集や心身のケアをしていく事になるので、人と接するのが得意(好き)と考える人も看護師として活躍出来ます。

 

 

看護師の役職って具体的に何がある?

 

 

 

 

あまり深く知られていない事ですが、看護師も会社組織のように役職が設けられており、それぞれの役職で対応出来る業務や年収も変わります。まず最初は「正看護師」としてのスタートとなります。看護師には「正看護師」と「准看護師」に分かれますが准看護師は正看護師の指示で動く立場なのでキャリアアップはありません。そして正看護師として経験を重ねていくと次に待っているが「看護主任」。後述で紹介する「看護師長」の補佐を務めつつ、他の看護師達と連携を取って業務の進行を把握します。こちらは大体10年以上看護師として働いて昇格する傾向にあります。次が看護師の中間管理職的な存在である「看護師長」です。看護師としての日常の業務から、看護師のシフト作成にマネジメント、病院内で取り組む看護ケアを見直したりもします。最後に紹介するのが「看護部長」です。部長というだけあり看護職員達のまとめ役です。経営陣側に立つ身なのでマネジメントや業務改善などを行う看護師のトップの存在です。また病院によっては副院長を務める場所もあります。このように大変な仕事でもきちんと経験を積んでいけば役職に就ける可能性もあるので、キャリアの観点から見てもやりがいはあります。

 

 

履歴書・ESに書くべき看護の志望動機

 

 

 

ここからは看護師を目指す就活生のための履歴書の書き方について解説をしていきます。看護師と一口で言っても、働きたい病院やクリニックなどの医療機関や内科や外科といった診療科と、選択肢は意外と多いです。そこに迷ってしまう場合はまず自分が「どんな看護師を目指しているのか」を改めて見直してみましょう。大忙しで責任の大きい看護師を志すくらいですから、それだけ看護業界への熱い気持ちや独自のエピソードがあるはず。そういった要素は決して無駄ではありませんので相手に伝わりやすいように簡潔にまとめましょう。また、ただ自分の理想だけを語るのではなくてちゃんと「今後どんな貢献をしていくつもりか」も忘れずに盛り込んでくださいね。以下では看護師になるための志望動機の例文を記載しますので、履歴書やESに書く際は参考にしてみてください。

 

『私が貴院を志望する理由は、患者と真摯に向き合える環境が整備されている点に魅かれたからです。小児科の実習を受けた際、小さいながらも懸命に生きようと頑張る子供たちと、それをサポートする看護師の姿を見て、看護師として小児科で働くことの仕事の奥深さとやりがいを感じました。

貴院は一人一人の患者と丁寧に向き合うことを第一として、そのための環境が整備されています。そのような中で患者とその家族のために看護師として仕事に従事したいと考えております。』

 

こちらは医療機関に絞った志望動機の一例となります。自身が看護師になりたいと感じたきっかけを話しつつ、“何でこの病院(クリニック)で働きたいと思うのか”という要素を、医院の特色を交えてアピール出来ています。

 

『私は子供の健康な発育に貢献したいと思い、小児科を志望しております。小児科での実習の中で、小さいながらも病気と闘う子供たちと彼らのために尽くす看護師の姿を目の当たりにしました。もともと子供好きであったこともあり、この経験から小児科の看護師として患者のサポートをおこないたいと考えました。

小児科において多くの患者と向き合い、経験を積み、患者とその家族のために働き、小児科のスペシャリストとして邁進していきたいと考えております。』

 

次は診療科に目を向けた志望動機の例です。診療科は病院によって変わりますが種類は数多くあり、その分野で活きるスキルや性格の適正も変化していきます。こちらは小児科に関する志望動機ですが、「子供が好きだから」で終わるのではなく子供の健康のためにどう貢献していく姿勢なのかを具体的に表現出来ていますね。

 

 

まとめ

 

 

 

 

日本が長寿国家と謳われるのは医療技術の発展はもちろんの事、日々患者と真摯に向き合い病気や怪我の改善にひたむきに取り組む看護師の尽力があってこそです。過酷な業務なのは確かですがそれ以上に、人の人生に寄り添えて感謝もされるというのは何物にも代えがたい喜びです。まだまだ人手不足な環境ではありますが、「誰かの人生をサポートする仕事がしてみたい」と考える人がいましたら、看護師を視野に入れてみませんか?