「グローバルな働きかた」というと、みなさんはどういったイメージを持たれますか。海外で働くことも含まれますし、日本で外国人と混ざって働くことも該当されます。日本企業が海外進出を果たし、海外赴任される日本人も増えられました。

海外や外国人とともに働くことを志望する就活生のみなさんは、いま一度「グローバル」の定義を理解することも必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グローバルに働くとはどういうことなのか

 

 

 

 

 

グローバルな働きかたは、さまざまな例があります。

 

 

日本にいて外資系企業で働く

 

 

日本にいる状態でも、外資系企業で働いたり英語を使用して働くような、

何らかの形で、海外のモノやサービスに触れている状況もグローバルに該当されます。

 

 

海外にいて日系企業で働く

 

 

日系企業が海外進出を果たし、海外で働きながらも取引先が日系企業のため日本語で活躍する。こういった場合もグローバルの一種です。海外で働く場合、このケースは結構あります。中国のように、日本語が喋れる現地社員が多いエリアであれば、外国語を話すことがほぼ無いパターンもあります。

 

 

東南アジアやヨーロッパにて現地の企業で日本語を使用して仕事をしている

 

 

現地の企業で、日系企業を取引先とするために日本人のみの部署があります。

この場合、社内でも日本語が社内共用語というケースもあります。

住んでいる場所は海外ですが、業務は日本と大差がないです。

 

 

東南アジアやヨーロッパにて現地の企業で英語を使用して仕事をしている

 

 

現地の企業で英語を使用して仕事を行います。英語を社内供用語としているため、日常レベルの英会話力が求められます。

 

『駐在としてグローバルな働きかた』

 

 

長期間、任地に派遣されてとどまっていることが駐在です。商社は海外への駐在が多いですが、商社以外にも金融機関やメーカーの海外駐在員もいらっしゃいます。

数年単位で駐在し、勤める企業の海外支店で働くのが一般的なケースです。

 

『海外出張によるグローバルな働きかた』

 

拠点は日本に置きながらも頻繁に海外へ出張に行ったり、時には数週間の出張をベースにした働き方もグローバルな働きかたの一つです。

あくまで拠点が日本であるため、赴任先によって生活が大きく変わる「駐在」よりは負担が少ないです。生活基盤を安定させながらも、海外の人々と関わることのできる働きかたです。

 

『同僚が多国籍なグローバルな働きかた』

 

外資系企業に多い形で、チームメンバーが多国籍である働きかたがあります。

日本で働きながらも多国籍のメンバーが揃う場合は、共通言語は英語が一般的です。

当然、日本人も多くいらっしゃいますので全て英語ではなく、日本語を使用して業務をすることもございます。

 

 

 

世界的に見て日本人が働いてる国の比率

 

 

 

 

 

海外で暮らす日本人は約135万人となり、そのうち企業の駐在員や留学による長期滞在者は全体の64%の86万人です。

さらに絞ると海外赴任者数は26.7万人、海外赴任によって海外で暮らしている割合は日本の総人口の0.69%になります。

 

 

日本人の海外駐在員としての赴任国

 

 

1位:中国:27.21%

中国は日本から近いという点とコストが安い点から中国に工場などを持つ日本企業が多いです。日本企業の海外進出に伴い、日本人赴任者も多くなっています。

また、中国の中でも上海語と北京語で言語が分かれているなど、難しい点も多い赴任先でもあります。

 

2位:アメリカ:19.98%

世界最大の経済大国です。アメリカには多くの企業の支店が設置されていたりと事業展開をされています。

最先端の技術や世界の金融の中心地であることからビジネス系や研究員などあらゆる職種の日本人が赴任をしています。アメリカは英語圏なので、仕事をしているうちに英語を勉強する事が出来、自然に英語力があがるので、その後の仕事にも役立たせる事ができます。

 

3位:タイ:11.68%

数年前までは日系メーカーの工場といえば中国でしたが、近年はタイにも日系企業が進出し、それに伴って赴任される日本人も増えつつあります。

タイに進出した理由は人件費が日本の1/4ということと、チャイナリスクという中国一国に集中させたことが言及されて以来、代替先としてタイに多くの工場が建てられました。

 

4位:シンガポール:5.21%

他国と比べ、法人税が安い点からシンガポール進出する日本企業も増えております。

日本企業からもIT系や金融系が多い傾向があります。他の国からも進出している企業が多いため、様々な国の人たちとコミュニケーションが取れます。

ゴミのポイ捨てが厳罰化されているなど、秩序が守られている国としても有名です。

 

5位:インドネシア 3.24%

近年の経済成長が著しく、新規参入する日本企業が多いのも特徴的です。物価が安いので、安い値段で敷地内やその周辺でなんでも揃い、一等地に住めるなど評判は意外と高いです。

海外赴任となった際の難点は現地の情報が少ないため、生活スタイルに苦労する傾向が多いのも特徴です。

 

 

どういう仕事があるのか

 

 

 

『商社マン』

 

商社マンとは、営業を中心に商品の商取引を行います。分野や業種問わず幅広いものやサービスを扱う「総合商社」と、特定の分野や業種においての取引を専門的に行う「専門商社」があります。

商社マンになるには大卒以上の学歴や語学力が必要になっていきます。また、語学だけでなくコミュニケーション力や判断力、リーダーシップも求められます。

多くの取引先と繋がり、自らの手で億単位の規模のお金を動かすなど、ダイナミックにビジネスを進めることができます。

 

『海外ツアーガイド』

 

海外ツアーガイドは、海外に駐在し、日本から海外へ旅行に来たお客様の観光案内や送迎などを行うガイドを指します。

近年は添乗員がつかない海外ツアーが多く、送迎や空港でのサポートのみも行います。

海外でツアーガイドとして働くためには、基本的には現地の国の労働ビザが必要となりますが、

ワーキングホリデービザを利用して現地の旅行会社でツアーガイドとして働くという方法もあります。

ですが、正社員雇用が少なく、アルバイトでの労働形態となることが一般的です。

そのため収入は安定せず、兼業で働く人が多いようです。

 

『日本語教師』

 

日本語教師は国内や海外において、外国人に日本語を教える仕事です。

正しい日本語の発音や文法、読み書きを教え、日本語能力を身につけさせるように教育をします。

日本語だけでなく、日本の文化や習慣、歴史を教えるのも日本語教師の役割です。

海外の大学や日本語学校のほか、途上国で教えている人もいます。専任教師の枠が少ないため、収入は不安定なため、多くの日本語教師は非常勤講師として兼業しながら働いています。

 

『通訳』

 

異なる言語をお互いの国の言葉にその場で訳す仕事です。

仕事の種類には、国際会議での通訳を行う「会議通訳」、商談などのビジネスの話で通訳をする「ビジネス通訳」、日本への観光客を案内する「通訳案内業」などがあります。

語学のスキルだけではなく、その分野の専門知識が求められます。

通訳として働くためには、通訳のエージェントや派遣会社に登録し、仕事を斡旋してもらうのが一般的です。特に資格は必要ありませんが、通訳の養成スクールで訓練しておいた方が良いでしょう。

 

『翻訳家』

 

翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

小説などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳する「映像翻訳」などの分野があります。

必須の資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。

翻訳会社に登録し、仕事をもらうというのが一般的です。

一般企業で翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるか、フリーランスで独立するという方法もあります。

近年は、英語だけでなく中国語など経済発展が著しい国の翻訳需要も高まってきています。

 

 

まとめ

 

 

 

 

先ほど紹介した「駐在」「出張」「多国籍」なのかを3つに分けることができ、

さらに先進国なのか途上国なのかで働きたいのかで、その働きかたは様々だということがわかります。

「グローバルに働きたい」というのが、就職活動生の間でマジックワードになっているからこそ、

自分なりに定義をし、志望している企業は「どこの国に進出をしているのか」「支店が設置されている国の文化や生活スタイル」も調べておき当てはまるのか、冷静に分析して話すことができると評価されるでしょう。