IT系の仕事というとSEなどITエンジニア職が広く知られていますが、ITの技術だけでなく新たなテクノロジーを活用した経営戦略や課題改善案の提示、新システムのマネジメントを行うITコンサルタントという仕事もあります。コンサルタント業務だけでなくプロジェクトに関わるエンジニアのリーダー的な役割もする大変な職種です。しかしキャリアの次第ではどの企業からも必要とされる上にIT系ではトップレベルの年収を得られる非常にやりがいのある仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEとは違うITコンサルタントの概要

 

 

 

 

SE含むエンジニア職は、与えられた要件を基にシステムの開発やプログラミングを専門分野とする仕事です。それだけでなく生み出したシステムのテストや運用まで行うので、専らITの現場で動くのが特徴的です。その他にもクライアントと打ち合わせで顧客が何を望んでいるかを柔軟に吸収する姿勢も大事になってくるので、コンピューターへの造詣の深さだけでなくコミュニケーション能力も必要とされます。この現場仕事を分かりやすく“下流”と表現するのならば、ITコンサルタントは“上流”であり、作業の工程が違ってきます。ITコンサルタントは“コンサルタント”と冠しているだけあり、企業側との関係性が密なのが特徴的です。作業の大まかな流れとしては、企業のビジネス面で抱える課題点や戦略性をITを用いて分析し改善案や技術を提案していく形となります。ITコンサルタントは顧客のビジネス目標達成を目的とするので、これも工程以外でのSE達との明確な相違点と言えるでしょう。

 

仕事柄、顧客との対人業務に目が行きがちですが、ITコンサルタントは上述の改善案の提案などに限らず、エンジニアのようにシステム開発も手掛けるなど幅広い分野での業務が期待される職種です。コンサルタントとしての役割を見ると、企業の持つ方針に沿ったIT戦略を基にしたシステムの提案・既存のシステムの最適化などを行い経営改善へと導きます。業務フローに関しては、企業によって経営の方針やシステムは異なってくるので、案件毎でクライアントに最適解を提示していく事になります。他にも実際にシステム開発などを請け負う現場への橋渡しをし、売り手・販売者との仕様やスケジュールについての調整など、業務に関わる多くの層にコミュニケーションを取っていくのです。

それだけでなく別の役割として、クライアントから新たなシステムの導入を依頼されると、設計から開発にシステムテストまで担当するエンジニア職のような働き方も求められます。

 

 

求められるのはIT知識だけじゃない

 

 

 

 

ここまでの解説で察しているかと思いますが、ITコンサルタントはただ顧客へのコンサル能力が高いだけでは務まらず、経営に関する知識の他にも担当する事業に精通した豊富な知識が必要にあります。具体的な例を出すと、システムのプレゼン資料の作成やデータ管理といった事務職のような業務を手掛ける力、一般的なオフィスツールを問題無く使える技量。そして言わずもがな各IT分野にまつわるスキルが不可欠です。またITコンサルタントとはプロジェクトを統括するリーダーのようなポジションも担うので、業務に関わる技術者達を纏め上げるリーダーシップに協調性や、問題解決を滞りなく進めるための論理的思考力、顧客と交渉や調整を我慢強く続けていくための体力、マルチタスクを要領良く手掛けられる柔軟な姿勢も大事になってきます。IT支援によって企業の課題解決を進めていくのが業務の根幹部分となりますが、相手の事業によって経営方針への理解や企画の立案で必要となる知識の分野も変わってくるので、仕事以外でも日々勉強を重ねていく精神もITコンサルタントを続けていくには重要です。

 

システムの定義や開発に運用・保守に至るまでの各フェーズ・プロセスへの理解力、そして経営的視点で考える問題提起と改善案を考えられる高い思考力、プロジェクトを推進するためのマネジメント能力といったスキルがITコンサルタントには必須とされるので、IT系の中でも敷居の高さが特に目立ちます。

 

IT系で高水準な待遇を誇る仕事

 

 

 

 

IT系の中ではITコンサルタントは高い年収で知られており、前述のように求められる技量の多さが際立っている分、どの年齢層でも高給を得られるのが魅力的です。5年ほど前のデータになりますが30代でも平均で630万台の年収となっていて、他業種の同じ年代が貰う平均年収も30代前半で400万前後と発表されているだけにITコンサルタントが如何に高水準なのかが伝わります。また成果主義でシビアな環境で知られる外資系企業でコンサルティングする場合は、日系企業とは違って目標の達成度に応じた報酬が貰えます。現状に甘んじる・成果を出せないタイプにはとっつきにくい場所ではありますが、日常的に自己研鑽を心がけている意欲的な人物にはフィットしやすいです。

 

ですが、ITコンサルタントはかなり厳しめの職種とも言われており、業務内容故にSEなどに比べても就労時間が長めで多忙な点が挙げられます。コンサルタントなのでどうしても担当案件やクライアントの事情に左右される仕事なので、プライベートの時間を確保しづらい。そしてプロジェクトを全うするために必要な知識が膨大で、学習の時間もそれに伴い増減していくので、高給の裏側では、こういった苦労もあるのです。

 

 

資格の有無は特に重要視されない

 

 

 

 

ITへの知識やコンサルティングへの理解とポテンシャルは求められますが、就職の入り口で言えば資格は必須ではありません。ただ未経験で挑む場合はプログラミングのスキルと知識を事前に培う必要があります。そして最初は資格は要らないのですが、今後ITコンサルタントとして各企業で求められるようになるにはIT関連のものやコンサルタント職で活かされる資格を取っておくとキャリアの形成や信頼性に繋がります。実際に働き始めるとなかなか資格の取得に時間を割くのが難しくなってくるので、今の段階で学習しておきましょう。ITコンサルタントとしてのレベルを上げたいのなら『プロジェクトマネージャー』『ITコーディネータ』の二つがよく名前が挙がります。前者はITプロジェクトを俯瞰で見る力を求められ、4つの試験を突破する事で取得出来る国家資格です。後者はITコンサルタントの仕事である戦略策定や客観的に見たシステムの性能評価などといったスキルが求められる資格です。またコンサルタントには幅広く浸透している国家資格『中小企業診断士』も取っておいて損はありません。こちらは年々ニーズが高まっている資格ではありますが、難易度が非常に高い上に勉強に費やす時間も平均1200時間とされるほどなので、根気良く取り組んでいきましょう。

 

 

新卒でもITコンサルタントに就ける?

 

 

 

 

これだけの膨大な知識と柔軟な姿勢を求められるITコンサルタントですが新卒採用も用意されています。しかし同じIT系のSEなどに比べて正直入り口は狭いです。新卒として働く場合はIT知識とスキルは必須ですが、即戦力として期待されるわけではないので安心してください。ただ志望する企業によって研修などで配属が決まる可能性が大いに考えられるので、ITコンサルタントとして勤務する場合はITコンサルタントを専門に行う企業へ応募しましょう。また、一から経験を積んでいく事になる新卒はぶつかる壁も大きいです。IT・コンサルタントの実務にも慣れていかなければならない上に、休日も使って必要な情報を集め整理する事も当然求められます。また高い能力を持つITコンサルタントは同期や先輩も軒並み水準が高く、落ち込みやすいという声も聞かれます。そして顧客からの要求やトラブルに対処する臨機応変な姿勢も大事で、メンタルの強さも新卒の内から鍛えられます。

ただ新卒から2年3年でも総合商社並みの収入を得る可能性も往々にしてあるので、業務環境が過酷な分、やりがいは十分感じやすいです。

まとめ

 

 

企業の経営課題解決のコンサルティングだけでなくシステムの設計から動作検証まで幅広く行い、プロジェクトを完遂するためのリーダーシップや協調性も求められるITコンサルタント。対人業務・エンジニアと板挟みの仕事をこなせるだけのスキルが働く時に必要不可欠となりますが、ITコンサルタント専門企業では教育も徹底しており、新卒でも中途と同じく研修を設けて学べる土壌にあるので、IT系に自信がある人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?