現在IT社会(情報化社会)に活きる仕事は星の数ほどあり、今回紹介するWebデザイナーもその一翼を担っています。クライアントが求める理想の姿をデザインし、サイトを覗く読者にインパクトを与えるクリエイティブな職種です。ただ日本のIT産業では優秀な人材でも劣悪な環境で“喰い潰される”悪評がよく囁かれています。そんなWebデザイナーに含まれるやりがいとは? そしてこの仕事に向いている人はどんなタイプなのかを本稿にて解説していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Webデザイナーってなに? プログラマーとは違うの?

 

 

 

 

よくWebデザイナーとWebプログラマーの仕事を一緒と捉える人もいますが、プログラマーはWebサイトの土台作りを行いWebデザイナーはその名の通りデザインを決め、そのデザインを基にコーディングしていく違いがあります。プログラマー職ではシステムを生み出すための複雑なプログラミング言語を用いて、一般の人もよく使うショッピングサイトやブログなどのシステムを開発していきます。ただ独断でシステムを組むわけではなくて、依頼するクライアントはもちろんSE(システムエンジニア)を介して打ち合わせを行い、その情報を基に作成された仕様書に沿ってシステムを作ります。

対してWebデザイナーの場合は、企業などで公開予定のWebページのデザインを手掛けます。あくまで先方の求める形に仕上げるのが仕事であり、プログラマーのようにシステムを開発する工程はありません。ただ複雑なプログラミング言語を必要とはしませんが、デザイン業務ではHTMLやCSSを組む事になります。プログラマーのスキルはデザインで必要としないのですが現場によって両方の仕事を兼任する人もいるので、「デザイナーだからプログラミングの勉強は要らない」とは一概には言えません。

 

 

 

 

そしてこの仕事は“デザイン”とあるだけあり、Web画面に自分が手掛けたデザイン画が再現出来る面白さがあります。もちろん考えたデザインを表現するには専用ソフトの使い分けやシステムへの理解が求められますが、クライアントの頭の中にある“イメージ”が、自分の手によって再現出来るのは、クリエイティブな働き方を求める人にとってやりがいを感じやすいのではないでしょうか。

また担当する案件によってデザインのコンセプトや明暗にキャラクター性などと、工夫する点が変わってくるので、まさしく「作品を生み出している」感覚に浸れます。

 

 

 

業務の流れを簡単に説明していきますと、クライアント(あるいは個人)の依頼を受けてデザインの全体像をある程度構築していきます。その際に制作予定のWebページのレイアウトを決めて、ページ上の構成からボリューム数といった内容を固めていきます。もちろん企業の狙いとしてはページを読んだ人間が自社に興味を持ってもらう「集客」が目的としてあるので、印象に残りやすいビジュアルを考える必要がありますよ。

そこから全体の色合いやロゴにアイコンなどを、クライアントと見合わせながら進めていきます。ここではIllustrator・Photoshopといったソフトを使うのが一般的。そして最終的な“詰め”として、HTML・CSS・Javascriptでコーディング(プログラミング言語に置き換える)。そこから使用者目線に立って“使いやすいか・見栄えが良いか”を微調整をしながらチェックして完了です。

これだけ見ると延々PCと向き合う“THE エンジニア職”のように思えますが、制作の際にミスの防止や追加要望に対処出来るようにクライアントと漏れの無いようにコミュニケーションを図る場面も多くなってくるので、デザインという楽しい一面が目立つ反面なかなか気苦労も絶えない職種です。

 

 

「IT土方」と揶揄される悲しき職種

 

 

 

 

蔑称の意味合いが強いネットスラングとして浸透している「IT土方」。本来「土方」は建築関係などで肉体労働に従事する人を指す言葉でしたが、IT界隈でもこの言葉が嫌な意味で定着しつつあります。この表現が広がった経緯ですが“長時間労働・過酷な労働環境”が起因しているのです。元々の土方(建築・土木)とIT系の職種に共通しているのが、下請けへと流れていく業務の請負構造と低賃金。特に高度な技能や経験を必要としない業務というのは、“誰でも出来る”下請けへと次々に下っていきます。そういった単純作業は発生する単価も水準が低く、誰でも出来る作業故に携わる人間の“替えが利く”という残酷な事情も…。こういった下請けのフェーズと酷な待遇で、SEやプログラマーにWebデザイナー達はIT土方と敬遠されているのです。

 

 

 

海外ではエンジニアでもきちんと結果を残せば、実績に見合った待遇が得られやすいですが、悲しい事に日本では“やりがいの価値観”を押し付けて、シビアな条件で業務を任せるという流れが常態化しています。よく業界未経験者が「IT系はブラックが多い」と話すのは、こういった内情が世間的にも広がってしまっているからですね。

ただこの背景は企業や自身のワークスタイルによって変わり、社員を重んじる企業では業務は大変でも残業を極力減らして頑張りも給与に反映させたり、フリーランスなら条件を選んで仕事を受諾出来るなどと状況や働き方次第で大きく変貌します。IT土方としての窮状から抜け出すには、コーディング・デザインといったスキルに磨きをかけて、自身の市場価値を高める試みが必要です。

 

 

Webデザイナー職に就くメリットについて

 

 

 

 

という感じでWebデザイナーの業務の流れから、IT土方として扱われる現状について話してきましたが、もちろんこの仕事にも他の職種と同じように働く上で得られるメリットが存在します。たとえばクリエイター視点で言うと「世の中に自分の作品を出していける」のもやりがい(メリット)を感じる瞬間ですね。学生の事とは違って自分の求める自由な表現は出来なくなってきますが、クライアントのニーズに沿った理想形を自分の作品として発信出来るのはクオリティー如何によっては自慢に繋がりますし、転職の時でもポートフォリオとして活用しやすいです。そして実力次第でWebデザイナーからWebディレクター(上級職)としてのキャリアアップも見込めるだけでなく、この仕事では国家資格や難関資格を特に必要としないので、別のIT技術者と比較してもハードルが低いです。また、実際全くPCに触れてこなかった人でも半年以上の勉強でWebデザイナーとして働けたケースもあるので、未経験者でも始めやすい敷居の低さもポイントですよ。

 

そしてWebデザイナーとして動くとなると制作会社や広告代理店などに籍を置いて勤務する形が主となりますが、インハウス(専属・自社コンテンツ制作)の働き方も注目されてきました。さらに自分の腕に自信を持ち、更なる自由な展開をしていきたいのなら独立(フリーランス)して活躍の場を開拓していくのも理想形として挙がります。独立となると給与もバラつきが出たり、自分の裁量で業務を回していく苦労もありますが、デザイナーとして今まで以上にクリエイティブな仕事が望めるので、企業で働くよりも可能性が広がります。ただフリーランスでは日々の自己研鑽は言うまでもなく、仕事を確保するために営業にも力を入れていく必要があるので、対人能力を高める努力もマストです。

 

一体どんな性格の人が向いているのか?

 

 

 

 

Webサイトとは発信者(クライアント)と閲覧者(読者・お客)を結ぶものであり、クオリティーの高い作品ならばコンテンツとしての価値が生まれ、中途半端な仕上がりでは企業への信頼や売り上げの低迷へと直結します。そういった評価が如実に出やすいデザイン面を手掛けていくわけですが、クライアントの条件を飲みつつ提案と調整をしていき、長い時間をかけてようやく完成したwebサイトが、何も知らない利用者側の興味を引いて受け入れられる。決して簡単な事ではありませんが、この“人と人を結び付ける”プロセスに対して喜びを感じられる人はWebデザイナーとしての適性があると考えられます。

そして先ほど、残業時間や賃金というこの職種の暗い面にフォーカスを当てましたが、その他にもより完成度の高いデザインを突き詰めるために、画像の処理や色合いやアイコンの配置でとても細かい調整作業が必要とされます。こういった神経質な業務も苦にならず、「まだまだ見栄えの良さを極めたい」と妥協をせずに根気よく仕事に没頭出来るタイプにもデザイナー職はうってつけです。それに加味して常に成長を望み、新たな技術も抵抗なく吸収出来る探求心・好奇心の強い人も、Webデザイナーの適性があると判断出来ます。

 

 

まとめ

 

 

 

 

IT技術者の待遇は依然として厳しいものがありますが、企業の方針やフリーランスとして動く場合では待遇は大きく違ってきます。ただやはりIT土方と揶揄されるだけあり、他の業種と比較すると給与の水準や離職数も差が大きいので、まだまだデザイナーやエンジニアには改善の見通しが薄い、憂いの日々が続きそうです。しかしWebデザイナーはITが更に進化していっても無くならない仕事とされていて、作成するサイトの方向性や流行、作り手のセンス(オリジナリティ)で多くの利用者の心を動かす事が期待出来るのです。今後もインターネットの伸びしろによって求められるスキルや知識も変化していくので、Webデザイナーとして必要とされるには日々情報のアップデートと、根気よく続けていくためのチャレンジ精神が大切ですよ。