2020年の東京オリンピックをひかえ、都心や地方では建築物の修繕や建て替えといった、建築ラッシュが止まりません。そうした現場に携わる職人の仕事というのは、ケガやトラブルが多いのも特徴的。そんな問題を未然に防ぎ、職人達を取りまとめる存在が「施工管理職」の役目です。今回は施工管理職の仕事ややりがいについて紹介していきましょう。

Smart就活に無料登録する

 

 

激務だけどやりがいのある施工管理職

 

施工管理職は名前だけ見ると事務的な印象を抱きやすいですが、危険と隣り合わせの建築現場でほかの職人達とともに働く仕事になります。
テレビの特集や街中の工事現場で、ヘルメットを着用してスーツ姿(または作業着)で書類を片手に指示を出している人を見かけたことはありませんか?
施工管理は実作業に従事するわけではありませんが、現場監督のような立場で工事現場の着工スケジュールや、かかる予算・諸経費を管理するマネージャーのような役割を担います。

 

建築物の工事というのは、住宅など小規模のものから大型の商業施設とさまざまであり、規模が大きくなれば施工の仕方、扱う重機の種類によって担当する職人の数も増えていくので、事故や遅延といったトラブルが生まれないように緻密(ちみつ)な施工管理を行う必要があるのです。

Smart就活に無料登録する

 

■施工管理職の具体的な仕事内容とは?

施工管理でメインとなる業務は、「施工計画を策定」「現場の安全管理」「建築物の品質チェック」「スケジュール調整」の4つ。また、発注者と打ち合わせをしたり現場で働く職人の指導も含まれます。
このように、施工管理は現場統制の役割を担っているだけでなく、デスクワークもしなければなりません。しかし、工事を完璧に終えるには施工管理の存在は必要不可欠。
人件費や材料を計算したりと毎月の経費を計算し、職人や重機を手配してスケジュール調整もしていきます。その後も、材料の管理から建物の品質(強度・密度)の規定値を満たしているかをチェック。工事に関わる人間が安全に仕事ができるように設備を整えたり、職人への声がけをして安全意識を高めるのも施工管理の役割なのです。

 

上記が施工管理の大まかな仕事になるのですが、もちろん、単独ではなく複数の現場監督が分担してこれらの施工管理が実現します。なお、工事に関わる職人は大工や左官工(コンクリートを“ならす”仕事)など、それぞれの仕事で得意とする分野、作業に必要となる材料も違ってくるので、作業に必要なものは事前に発注し、職人たちとコミュニケーションを取って現場の環境を整えていきます。

Smart就活に無料登録する

 

■施工管理は重要な仕事だけど厳しい面も目立つ

ただ、建築に関連する職種の中でも施工管理は特にシビアとされており、トラブルの発生や工期の遅延以外にも、早朝から終電近くまで拘束される長い勤務時間、プロジェクトの進捗次第で休日が大幅に少なくなる、年齢やキャリアが大きく異なる職人たちとの複雑な関係性も特徴的です。
膨大な金額が動き、施工完了まで何ヶ月~何年もかかる現場の指揮を任されるだけあってプレッシャーも大きく、若い人が施工管理に入ってもすぐに抜けてしまうというのも気になるところ。長い経験で培われた知識と技能で勝負する職人たちと作業の方針や経費の削減で意見がぶつかり、場の雰囲気が悪くなってしまう場合だってあるでしょう。

 

ただ、施工管理は多忙で危険がつきものなだけあって比較的給与そのものは高めです。そして、自分が設計から施工まで携わった建物や橋梁(きょうりょう)を自慢できるというのもポイント。それなりに知名度がある建造物に関わり、それが後世も残りつづけるというのはロマンがありますよね。それに新規建造・老朽化した建物を相手どる仕事なため、たとえ激務でもほかの職人と同じく施工管理職の需要は尽きることはありません。

 

施工管理では資格は必須? 未経験でも大丈夫か

 

建築業界では慢性的な人手不足を問題視されており、キャリアを積んでいる人も高齢化が進み、長期で働いてくれる若い技術者が入らない、育成できないという背景もあって、施工管理の求人でも「無資格でも歓迎」なところが増えてきています。
また、今後も建設の需要が期待されているので、決して無資格では働けないというわけではありません。
資格があれば年収アップや施工管理の業務の幅を拡大できるため、施工管理のキャリアを積んでいくなら欠かせません。

Smart就活に無料登録する

 

施工管理の資格といえば『1級(2級)施工管理技士』ですが、国家資格であり取得のハードルは高め。というのも、2級施工管理技士の受験資格を得るにも大学卒業後で1年半の実務経験を求められ、1級施工管理技士だと7年半もの期間を必要とします。
ですが、「専任技術者」「主任技術者」「管理技術者」に就けるので、キャリアアップを考える人はまず取るべきでしょう。
施工管理技士の資格は計6種あり、代表的なものが「建築施工管理技士」。こちらは現場で全体指揮をする際に必要になります。ほかにも「建設機械施工管理技士」「土木施工管理技士」「電気工事施工管理技士」「管工事施工管理技士」「造園施工管理技士」があり、取得することで資格手当も期待できます。

 

施工管理職に求められるスキルって?

 

施工管理のスキルで重要になるのが、現場の職人たちをまとめるリーダーシップ・統率力です。
施工管理では、作業の工程から人員に材料の原価そして安全面といった数多くの管理業務を担うだけでなく、職人たちが図面通りに作業を進めてくれるように声がけや指示を出さないといけません。これが欠けると職人の都合で予算オーバーや工期のズレなどのトラブルが起きてしまい、当初の計画通りに工事を進められなくなってしまいます。

Smart就活に無料登録する

 

また、現場を管理する立場として、施工管理は正確な指示を出すだけではなく、工事に関わる人と距離を縮めて良好な関係を築くためのコミュニケーション能力も必要です。
施工管理は作業物資の発注先である業者やクライアントともやり取りを行うので、自主的に他人に声をかけるのが苦手という人には施工管理は少し厳しいでしょう。

 

そして、工事は雨や地震に台風といった天候変化や災害でも大きな影響を受けるので、そのときの状況を冷静に俯瞰(ふかん)で見て、臨機応変に対応できる姿勢も大事。危険が伴う建設現場では、どんなアクシデントが起きるか分かりません。ですので、施工管理を志望する場合は常に危険を予測して柔軟に対処できるような安全意識を心がけましょう。

 

施工管理は残業の圧倒的な多さが悩みどころ

 

施工管理の仕事内容や求められるスキルについてお話ししていきましたが、交通やITなどのように社会インフラを支える職種なため、施工管理は残業時間の長さやその頻度も大変な部分に挙がります。

 

特に、中小企業ほどの規模ですと作業の進捗をまとめる報告書や経理などの書類整理に関して、まだまだIT化が浸透していないのでチェックから入力に途方もない時間がかかるだけでなく、朝早くに出勤し、夜遅くまでデスクワークに徹したり、後日の作業に備えて作業場を整えるといった仕事もしなければなりません。
施工管理であっても草刈りや雨の日の水汲み、ゴミ出しやらを手伝うことになり、ちゃんとした通気性のある作業着ではないために汗でびちゃびちゃ。
過酷な肉体労働の後は、その状態のまま書類仕事にあたるので、精神的肉体的なタフさが必要です。

Smart就活に無料登録する

 

現在では業界や企業ごとで残業の削減が掲げられるようになってきましたが、それでも建築事業に携わる施工管理では、こういった業務が影響して残業80時間の過労死ラインを超えるケースが日常茶飯事。
もちろん、勤める企業や案件にもよりますが、施工管理と残業は切っても切り離せないものと覚悟しておくべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか? このように施工管理職はデスクワークばかりのイメージもありますが、工事を円滑に進めるために、あらゆる業務に対応しなければなりません。残業も多めで工期を間に合わせるために休みを削ったり、スケジュールや人員調整で忙しかったりと、ハードな面が目立つ仕事です。
ですが、建築に関わる多くの職人と協業し、建築物という何年経っても世に残る大きな成果を生み出したときの喜びは計り知れません。
本稿をきっかけに施工管理について気になった人は、ぜひともチェックしてみてくださいね。
 

そして、施工管理をはじめとする不動産の仕事に興味が湧いた場合は『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』をご活用ください!
就活エージェントが自分の代わりに企業や業界の情報を集めてくれるうえに、それぞれに合った適切な仕事を紹介してくれます。さらに、就活の壁となる本選考も徹底的にサポートしてくれるので、内定獲得の確率も上がること間違いなしです。アルバイトや学業で忙しい人には電話やLINEでも相談してくれますし、これを機にSmart就活に登録してみましょう!