社会人としてデビューしてもすぐに先輩達と同じ業務に取り掛かるというわけではありません。会社で働く上で必要不可欠となる仕事の基礎知識を学び、会社の看板を背負って働くという姿勢と心構えを新人はまず研修で学びます。しかし具体的に社内研修とはどんな事をするのか? 今回はその点に注目してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社内研修制度(社内・社外)について

 

 

 

 

企業にとって社員とは重要な存在であり、利潤を追求していく上で欠かす事が出来ません。それはキャリアのある社員はもちろんの事、新卒として入社したばかりのフレッシュマンも同じ事です。大手・中小企業問わず会社はそんな彼らに長く働いてもらいたいがために、しっかりした研修制度を設けて仕事に必要なスキルやマナーを教育しています。研修の形態としては社内で行うものから社外で行うものと、企業やその時の状況によって分かれますが、ビジネスマナーを身につけたりプレゼンなど業務遂行能力を高めるためなど内容にはそこまで大きな差はありません。また研修内容には、まだ仕事へのやりがいが乏しく自身のキャリアの展望を見出しづらい新人達へ、モチベーションアップを促す研修も含まれたりします。では社内と社外の違いとは一体何なのでしょうか?

簡単に説明しますと、社内研修は“企業の上層部(幹部役員・上司)が講師として動き、部下へ教育を施すもの”であり社外研修は“外部の企業組織やフリーランスなどに講師役を依頼、社員の能力向上・意識改革をさせるために参加するもの”と2パターンに分類されます。

 

 

研修制度に潜むメリット・デメリットとは

 

 

 

 

自社で行うものと外部機関に委託して研修するもの。学ぶという目的は同じですが内容に違いがあるのはこれで分かったかと思います。一見、どちらも充実した制度のように感じますがメリットだけでなく若干のデメリットも含まれています。以下ではそれぞれの研修形態の良い点と不満点を交互に挙げていきます。

 

社内研修の良い点・不満点

 

こちらは自社内での取り組みのため、自由に研修を行える上にそこまで大きな費用が掛からないというのがポイントです。社内で優秀な人材がいればその人主導の業務研修を行い、部下の能力向上を比較的容易に促す事が期待できます。スキル面の強化だけでなく研修に参加する社員同士で話し合って、仕事への姿勢や考え方を見直し、意識改革につなげやすいというのも特徴的です。また外部から依頼するよりも、自社内で講師を用意する方がコストが掛からないですし、研修内容の打ち合わせや理解が早いというメリットもあります。

その一方で、研修内容を検討し実施する企業上層部と受講する社員側の理想が一致しづらいという側面もあります。というのも参加する社員が興味を持ってくれるような研修内容を上層部が企画出来ていないと逆にモチベーションが下がってしまいます。自分が所属している部署とは畑違いの人間が考案し講師として動く場合、参加者は「自分にはあまり関係の無いもの」だと考えてしまい、内容が身につかなかったというのも珍しくありません。そして自社から講師役を用意するとなると当人のスケジュール調整から研修の効果検証などと作業負担増大や講師側の指導力の心配といった問題点も見られます。

 

社外研修の良い点・不満点

 

社外研修では外部講師のセミナーとなるので社内での取り組みとは異なる価値観や今までに無い発想を聞く事が出来るので、参加者にとっては刺激的です。新人だけでなく中堅や管理職など様々な役職に立つ人にとっても今後のスキルアップに活かせる内容が容易されているので興味を引きやすいのも特徴的。講師も各方面で活躍するプロの人材を確保するので指導面の心配も少ないです。研修を行う企業側も研修の考案や社内から人を割くという手間を無くす事が出来るので社内研修に比べて負担に感じにくいのもポイント。ただ外部の人間に委託するわけですので、講師の人柄や能力は違ってきます。つまり研修で得られる効果が講師のレベルによって変動しやすいという難点も目立ちます。コストの面で言っても、講師を用意する際やプログラム選定でも費用が掛かってしまう点もデメリットに挙げられます。ですが多少費用が掛かっても本来しなければいけない手間が削れる上に、プロの講師を雇う事で受講する社員の能力向上が見込めるなど非常に有意義な研修です。

 

内定者懇親会と内定者研修の違いって?

 

 

 

似た言葉ではありますがどちらも内定者向けのイベントとなります。実施する企業の一番の狙いは“内定者の内定辞退を避ける”事。手間や時間を掛けて多くの人材を確保出来たとしても辞退という形で他の企業に移ってしまうのはかなり痛いです。ですのでどちらのイベントでも“縦(上司)と横(同期)の関係樹立”を目指しています。こうして内定者と交流を持ち入社意識を留めているのです。内定者懇親会はその名の通り、先輩上司や新卒として入る予定の内定者の親睦を深める会。説明会や面接では見られなかった上司のオフの顔が見られたり企業理解を深めたり、一緒に働く事になる同期とコミュニケーションを取れる大事な機会です。内定者研修は内定者へのビジネスマナーや業務の説明といった学習のイベントです。新入社員研修と似たニュアンスを含んでいますがこちらも懇親会のように興味付けで内定辞退を防いだり内定者同士に仲良くなってもらうといった意図もあります。内定者研修は全ての企業が実施しているわけではありません。これを実施するには会場・人件・資料作成など相応の手間と費用が掛かります。内定者研修を行うという事はそれだけ教育を重んじていて実施する分の余裕があるというわけなのです。では内定者研修はどんなプログラムが組まれているのでしょうか? それは実施する企業によりけりですが、大まかな内容としては次の3つが挙げられます。

 

 

ビジネスマナー

 

業界によってマナー研修の内容は変わってきますが社会人としての正しい挨拶の仕方や発声練習に名刺の渡し方、電話の取り方などが挙げられます。特に事務職や営業職は社内外で人とコミュニケーションを取る頻度が高いので上記の研修は重要となります。

 

自己啓発

 

学生から社会人に変わるわけですので、仕事の働き方や将来の夢など内面の育成も業務を任せる上で肝心になってきます。内定者研修の段階でこうした意識改革に励んでも、入社の時点で忘れる人も中にはいるので、内定者研修で学んだ事は常に意識しておきましょう。

 

スキルアップ

 

こちらも業界によって様々ではありますが、語学の勉強やエンジニア業務などで必要となる資格の修得など、文字通りスキルアップに繋げるための研修です。内定者研修の内に参加するかしないかで入社後の周りとの実力差に影響するので、積極的に参加しましょう。

 

キャリアのある中途採用者も研修をするの?

 

 

 

 

中途採用と聞くと誰もが「即戦力」をイメージしがちですが、中途の募集をかける企業も中途ならそれ相応の実力が欲しいと考えています。研修をする場合は手間も時間も掛かってしまいますので、そういったコストを削減する意味でも、研修要らずですぐに力になってくれる優秀な中途社員を企業は探しているのです。こうした事情から新人研修には力を注いでも中途の研修に関しては教育制度が整っていない企業も多く存在します。ですが中途社員だって人間です。社会人としてのマナーや保有スキルが充実していても、人間関係や職場環境の変化に慣れるには時間がかかります。せっかく雇ってくれたのに研修が無く、前職とは違う仕事の進め方や風土に戸惑い辟易し再度転職してしまうという人も少なくありません。ですのでもし中途採用に臨む機会がありましたら、志望する場所が中途の研修制度もしっかりしている企業かどうかという点も忘れずチェックしましょう。

まとめ

 

 

何年も学生気分でいた身から社会人として花開く事になるわけですから、新人にとって研修制度はまさに社会人デビューの登竜門的な存在です。新卒の段階で会社を支える柱として活躍出来るよう、内定者研修・新人研修で学んだ事を忘れないようにしましょう。