「鉄道」は常日頃利用をし、私たちの生活に無くてはならない存在です。インフラ業界の中でも人気が熱い「鉄道業界」。「鉄道オタク」との名前もつくほど熱狂的なファンや、大人から子供からも「鉄道」は人気があります。多くの人に夢を持たせる「鉄道業界」に就きたい方、安定を重視されている方は職種や求める人物像は理解されていますか。

また、鉄道会社は「鉄道」だけではなく「百貨店」「ホテル」「不動産」「レジャー施設」等の事業も手掛けて広範囲で事業展開もしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄道業界の仕事内容と職種

 


 

 

鉄道業界も一般企業も同じく、さまざまな職種があり各部門の役割を紹介いたします。

 

・整備

業務は車両整備や保守、点検、管理、信号設備、通信整備、車両整備計画の立案などの

監視、指令業務、主に保守点検等を手掛ける部署です。

整備士業務なので力仕事が多く少々大変ですが、鉄道を安全に走らせる上では重要な役割を果たしております。

 

・サービス提供(運行、運行管理、鉄道事務)

運行では旅客輸送、貨物輸送の運行を主に行います。運行管理では電車が安全にダイヤ通り運行するための管理や指示を行います。鉄道利用者との接点が多いポジションで、利用者とも関わる機会が多いでしょう。

 

・サービス開発(鉄道サービス企画、ITサービス企画)

鉄道利用者の流れを多方面に分析し、より快適なサービスを提供できるように企画をする部署です。各部署とも連携をして鉄道サービス企画の立案、検討、実施に取り組み、開発に動いていきます。

多くの利用者の意見をサービスに反映することができるのがサービス開発の特徴です。

 

・営業、販売促進(営業企画、販売促進、営業管理、広告促進)

業務内容は、鉄道会社の魅力や特徴を多くの方に知ってもらうための広報、宣伝、PR活動を担っています。工夫次第で鉄道会社を、さらに有名にすることも可能な比較的クリエイティブな職種です。

 

・不動産開発

土地沿線の開発や戸建て、マンション、分譲の開発および街づくりを手掛けます。

不動産開発は鉄道事業の次に注力しており、沿線の環境を向上させることでメインとなる鉄道の売上へと貢献ができる職種です。

 

・経営企画

経営戦略や事業戦略の企画、立案、経営資源の最適配分など、バックオフィスですが鉄道会社の核となる役割を担います。全職種は経営企画の判断のもと動いていきます。

 

・人事

新卒、中途の採用、採用計画、人事評価、人材の育成、人事制度の策定などを手掛けます。

新たに企業に採用する人材の窓口や人材育成を担当を行います。

 

・総務

経営管理を中心に、庶務、法務などの一般事務を担います。総務もバックオフィスですが、企業内の見落としがちなケアを施し、縁の下の力持ちのような役割を果たします。

 

・経理財務

簡単に表すと「お金の管理」をします。企業の経理を管理する業務や投資、資金調達といった財務業務を手掛けます。会社のお金を管理するので、より責任重大な職種になります。

 

 

鉄道業界へ入るためにはどうすればよいか

 

 

 

 

・仕事の領域と種類を知る

鉄道業ですと「総合職(事務系/技術系)、運輸職、契約社員」

「JR東日本、西日本」ですと「エリア限定職」という地域を絞った総合職もあります。

「私鉄」ですと遠方への転勤がないのも魅力の一つです。

 

前述で申したように、鉄道業界は「不動産」や「百貨店」の事業など手広く行っております。

鉄道ならば、鉄道を走らせる運転手、技術で支える整備士、不動産事業、駅ビル、旅行事業、レストラン、広告事業、ICカード事業と多方面の職種がございます。

大手は本社があり、各業務をグループ会社が担っているので専門にやりたいのであれば探してみましょう。

 

・競争相手を知る

この業界の基本的な仕事は、同業他社ほとんど変化がありません。

しかし、企業の方向性と社風は異なります。「JR」と「私鉄」に関してはお互いライバルです。

「JR」でも北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州でも違っていきます。

本命の企業を決めていても、他社の説明会に参加したり、企業訪問で「その企業ならではの特徴、強み、弱み」なども聞いてみましょう。

 

 

・情報を集める

エントリーシートや面接で必要となる情報は、常にアンテナを張っていないといけません。

情報量の多さはありますが、新聞を読むのも一つの方法です。

鉄道業界はインフラ、不動産、地域、観光など、気にしなければならないトピックが多いです。

新聞も、スマートフォンやネットで閲覧できる時代です。日経新聞などニュース記事の検索ができる機能もございますので検索をしてみてください。

 

 

・採用基準を調べる

総合職の事務業務は理系の方も志望できます。

また、「契約社員」もあり福利厚生が手厚く女性に人気です。

 

鉄道会社によって採用試験の種類や内容は異なりますが、

大手の場合、たいていは本社でマネジメント業務に携わる「総合職」と事務の仕事を中心に行う「一般職」、現場で車掌や運転士として働く「現業職」といった区分で採用活動が実施されることが多いです。

大手鉄道会社の「総合職」あるいは「一般職」に就きたいのであれば、「大卒以上」の学歴が求められます。

一方で、駅員や乗務員、整備士などの「現業職」を目指す場合には「高卒以上」の採用人員を多く設定しているため、採用については大卒よりも高卒の方が有利だと言われています。

 

それは採用人数にも表れていて、ある大手鉄道会社の場合、

「高卒・専門学校卒」「大卒」の採用人数の割合は8:2になっています。

以前から「現業職」は高卒の人を多く採用してきています。

もし専門学校へ通ったとしても、募集枠に関しては「高卒」と同等となります。

ですが、鉄道会社でも、どの分野を目指すかによって適性検査や対策が異なりますので、

早めにこの部分は考えてみてください。

 

 

・専門知識や技術は鉄道会社によって違いがある

同じ鉄道業界であっても、運賃や料金計算の方法、技術やノウハウは会社によって違います。

鉄道業界を目指すため、鉄道の専門学校へ入学をしないといけないかというと、そんなことはありません。仮に入学して勉強してしまうと、入社した鉄道会社のやり方や知識が身につかない状態になることもあります。

 

そもそも鉄道会社は、専門知識を新人に期待していません。鉄道業界で必要な専門知識なんて、持っていないのが当たり前だからです。

入社後は、どこの鉄道会社も新人研修は時間をかけて行うので、鉄道に関する知識も技術も持っていなくても全く問題はありません。

 

 

求める人物像

 

 

 

 

JRの採用情報によると、求められる人物像として以下の点が挙げられています。

総合職採用では、「高い専門性と環境に関する柔軟さを持つこと」「自ら課題設定し、目標達成に向けてマネジメントできること」「新たな領域に自ら進んで挑戦する高い探究心を持つこと」の3点でした。

業種によって求められる人物像は異なりますが、JRと私鉄各社ではやりがいとするポイントは大きく異なります。

JRは「高い安定性」が特徴です。一方で、私鉄各社では鉄道事業に加えて「都市開発事業にも携われる」という点が大きな特徴と言えるでしょう。

 

また、鉄道業界全体で求めている人物像としては

 

・時間を守れる人

日本の鉄道は、世界的にも定時運行率(予定の運行時刻に対して1分以内に運行できているか)が高く、世界1位なのが最大の特徴です。

在来線では定時運行率は90%、新幹線は96%です。

鉄道が時間通りに来ることを、日本は当たり前に思っておりますし、

会社としても、それが社会に対する当たり前のサービスだと考えています。

鉄道業界を志望しているのであれば、時間を守るという意識はきちんと持ちましょう。

 

 

・会社に対して忠誠心を持てる人

鉄道会社の離職率は比較的に低いです。ただし、それは駅員や乗務員に限ります。

本社で働く人や整備部門で働く人の離職率は高いです。

基本、外での業務がなりますので、夏は暑く冬は寒い。

台風や自然災害、あらゆる環境下においても、電車は止まらず運行しており

そのため、整備部門の人達は働かなければなりません。

また異常時、事故や設備の不具合が起きれば、いつでも呼び出しがかかり出社します。

そんな環境に体を壊して退職する人もおり、他業種へと転職していく人もいます。

だからこそ、会社は忠誠心を持ち、日々の仕事にやりがいと責任感を持って仕事をしてくれる人材を欲しています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

鉄道業界は多方面に職種があり、鉄道に興味がない人も就くことが可能な職種が多くございます。

各鉄道会社は全国で企業説明会やインターンシップを実施しております。

ここでは詳しく紹介できなかった「総合職」「技術職」ともに

説明会やインターンシップに参加すれば、普段は見ることのできない事業の裏側に潜入できる貴重な機会になります。

そうした経験は就職活動の原動力になるので、こうした機会をうまく活用して利用されてみてはいかがでしょうか。