自己啓発(じこけいはつ)とは、本人の意志で自分自身の能力を開発すること、そのために行う訓練を意味します。

「能力開発」や「自己実現」のようなテーマとして扱われ、「よりよい自分」「より大きな成功」を達成するために行われます。特に就活生のみなさんは自己啓発を行うことで、能力アップやスキルへと繋がるので就活時、自身の大きな強みとして活かされるでしょう。

「自己啓発」という言葉を耳にはするけれど、具体的に何をするかなどイメージつきますか。いくつか礼を挙げてみます。

 

 

 

 

 

 

自己啓発とはそもそもなに?

 

 

 

 

自分自身を、更に向上させようとする行為の一種です。

例えば、「より高い能力」「より大きな成長」「より充実した生活」「より優れた人格」

などを目指し、能動的に行うことも自己啓発です。

 

学校や他者から命じられたものでなく、自己のキャリアを実現する観点から

積極的に自己啓発に取り組まれる人たちは、近年増えてきております。

自己啓発は、いわば訓練のようなものです。自信の能力を自ら開発したり、精神的成長を促すこともあり、今の自分には何が必要で、どう磨いていくかも人それぞれです。

 

就職活動の場では、必要な知識や技術を身につけたり、経験を積むことが自己啓発にあたると言えるでしょう。

就職に向けて自分の能力や知識を高める努力は大切です。自己啓発に取り組む人は、向上心がある人物として見られる傾向があります。

仕事に活かせる資格の取得、知識を深め幅広い視点を身につける、などの自己啓発が就活を成功に導くことは多いと言えるでしょう。

 

 

自己啓発をするメリット

 

・ 意欲や向上心が育まれる

・ 自分自身の能力アップにつながる。

・ 様々な意見を受け入れられる多様性が備わる

・ 新たな考え方や正しい知識を学ぶことができる。

・ 人脈を作るため

・ ほしい結果を得るまでの時間が短縮される。

・ スキルが身につくため

 

自己啓発のデメリット

 

・ 自身に当てはまらないとお金と時間が浪費される。

・ 怪しい目で見られる印象がある。

・ 知識を取り込みすぎて頭でっかちになることもある。

 

 

 

自己啓発の目的は「心の成長と能力の向上」です。

例えば、自己啓発本やセミナー参加等で何かを学ぶことで成長を促し、

それを能力向上に繋げて活かしていけるものが自己啓発となります。

 

つまり、自己啓発となり得るのは、心と能力の成長の両方の条件が満たされる必要があり、

それによってより良い自分へと成長が望めます。

したがって、ただ学ぶのではなく「何を学ぶか」がとても大切となってくるので注意をしましょう。

 

 

 

 

 

役立たせるためには実際に何したらいいか

 

 

 

 

自己啓発に該当されるものを何点か挙げてみました。

 

・ 本(自己啓発本など)を読む。

・ セミナー(講習会)への参加。

・ コンサルタント(方策の提供)を受ける。

・ スポーツジムなどに通ってみる。

・ 習い事に通ってみる。

・ 専門知識の勉強をする(心理学など)。

・ 資格取得の勉強。

・ 語学の勉強。

・ エクセルやワードなど業務で使うスキルの勉強。

・ 専門誌やビジネス書の購読。

・ 勉強会、講習会への参加。

・ ビジネススクールや大学院への進学

・ 日記やブログを書いて、考えをまとめる

 

 

新しいことにチャレンジすることも自己啓発の類になります。

就職をして、将来さらなるキャリアアップを検討されている方は

上記の活動に取り組まれると、自身にとってプラスになることでしょう。

 

また、「5W1H」を軸に、常に意識して行動されてみるのも自己啓発に当てはまるでしょう。

 

 

 

社会人になっても自己啓発は必要か

 

 

 

 

社会人になってからも、ビジネスで成功するうえで自己啓発は求められています。

セミナーに参加、書籍を読む、資格を取る、習い事をしたりと

仕事の合間にキャリアアップを目指される社会人の方は増えております。

 

社会人の自己啓発は昔は今ほど注目されていませんでした。

ですが、最近ではキャリアを目指したり、仕事やビジネスで強みになる

自己啓発は大切だと言われるようになりました。

社会人になった後も、自己啓発に取り組むことで、

自身の意識、モチベーションがアップされます。

 

モチベーションや仕事に対する意識レベルがアップされれば、

仕事においても「やってみよう」と挑戦する力が湧きますし、

今まで成功できなかったことも、成功へつなげられます。

また、成功するために、あらゆる考え方なども鍛えられます。

 

自己啓発を取り組むことで、仕事に対する集中力やパフォーマンスも上がります。

社会人になると、当然仕事と並行して限られた時間で自己啓発に取り組むことになります。

自然と集中するようになり、「短時間に集中する」という最も効率的な学び方をすることができます。

 

常に上を目指すのであれば、自己啓発は重要です。

 

 

 

まとめ

 


 

 

自己啓発には、決まった形式はなく、自身に関係するスキルを伸ばしたりする以外にも、

将来必要となるかもしれないことに関するスキルの習得や考え方を変えるなど様々です。

 

全てにおいて言えることですが、

自己を磨くためにしても、のめりこみすぎは禁物です。

メリットとデメリット、現在とこの先の自分に有益か、などを冷静に考え、

自己啓発を活かすことで、能力アップになったり、

新しい考え方や正しい考え方を学んだりすることができます。

ただし、新しい能力を身につけたり、考え方を変えたりするには時間がかかります。

ゆっくり吟味されて、自信に合うものや、志望業界に関する情報を学ばれてみましょう。