就活と聞くとどうしても、朝昼を説明会やOB訪問に費やし、余った時間を使い自己PRやESの徹底的な作成などとやる事が盛り沢山なために、せわしなくて窮屈な感覚になってしまいますよね。就活は辛く険しい道のりではありますが、逆に考え方を改めれば楽しい機会なんだと捉える事も出来ます。今回はなぜ就活が辛く感じてしまうのかという点も含めて就活への心構えについて解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活に苦手意識を覚える原因とは

 

 

 

 

学生にとって就活は未体験で慣れない事の連続です。普段着る事のないリクルートスーツを身に纏い、数えきれない程の就活生がひしめく説明会に赴き企業からの説明を受ける。そして多くのインターンに参加して業界への理解度を深め、空いた時間で自分の強みを分析し選考への対策を練るなど、どれをとっても今までの生活では味わう事の無いイベントばかりです。これだけのボリュームを日々取り組んでいくわけですから就活を厳しく感じるのも無理はありません。ですが就活が進んでいくにつれて、書類・面接選考で何度も落ちたり、既に内定を取っている他人と自分を比べて劣等感に陥ったりという精神的なツラさも現れてきます。就活に対して苦手意識が芽生えるのは、内定獲得というゴールを除き、就活そのものに喜びを感じられる部分が少ないからではないでしょうか。ひとつひとつのやるべき事のハードルが高く、一朝一夕で解決出来るものでもないので、厳しい側面ばかりが目に付くのです。経験値を稼げるインターンにしても、ものによっては参加自体に選考が設けられたり、ベストだと思っていた企業以外にも目ぼしい企業を見つけ、自分がどこに行くべきか迷ってしまったりと、就活ならではの悩みがプレッシャーとなり、新たな事へ挑戦する気持ちを失わせているのです。また企業に未経験の自分を売り込んでいくわけですから、緊張もしますしちょっとした失敗もあるはずです。しかしその失敗を延々と引きずってしまい、自分に対し否定的な見方をしてしまうのもありがち。自分を卑下してしまうと何事にも期待を持ちづらくなり、ネガティブな姿勢では企業側も採りたいと思えなくなってしまいます。という具合に長くなってしまいましたが、要するに就活にマイナスな印象を抱いてしまう要因は「自信の欠如(心の余裕)」と「楽しみの少なさ」「挑戦心の薄さ」が根本に考えられえます。

 

 

 

厳しさの中で楽しみを見つけるのが肝

 

 

 

 

では就活を楽しいと感じるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? 言うまでもありませんが就活は合説・インターン参加や提出書類の作成、企業訪問や筆記の勉強やSPI対策などやらねばならない事が山積しています。普通は「面倒くさいからやりたくない」と考えるかもしれませんが、こういった取り組みにも自分なりの楽しみを見出すと不思議と物事の感じ方が変わってきます。たとえば合説に目を向けてみますと、移動・待ち時間や交通費・昼食代の出費など嫌な部分が目に付きますが、志望する企業で実際に働く社員の生の声が聞けるだけでなく、あらゆる業種が一堂に会する場ですので、別の企業の魅力に気付けて選択の幅が広がる良い面もあります。他にはインターン活動で業務を体験し、自分と同じ熱意を持った就活生と出会って友人になれる可能性だって否定できません。

 

また、常日頃から挑戦する気持ちを大事にしている人は就活を苦痛と思わない傾向にあります。というのも、就活は社会人として羽ばたくための過程に過ぎません。内定を獲れなかったとしても負債を抱えるわけでもなくこれといったペナルティーもありません。むしろ企業を好きに選び、挑戦出来るチャンスが与えられるわけですから、自分の力や可能性を試せる絶好の機会として前向きに捉える人ほど成功を掴むケースがよく見られます。課せられた義務としてでなく新たな挑戦として考えるのも就活を楽しむための大事な心構えです。

 

そして失敗の経験を次の機会に活かそうという気持ちも重要です。行った事もない企業へ訪れ、人事担当者に面と向かって自分をアピールするわけですから緊張と不安でミスを犯す事もよくあります。その結果、お祈りメールを読む羽目になってもずっと落ち込むのではなく早々に割り切って、なぜ失敗したかを分析し次の企業への攻略に活かす姿勢が就活では非常に肝心となります。「そんな事言っても簡単に割り切れないよ」と思われるかもしれません。しかし失敗を経験せずに成功を導き出した人物なんていません。失敗する事を当たり前の事象と考え「今回はダメだったから次回はどんなアプローチをしようかな」と、失敗を基に就活の攻略法を独自に編み出していく考え方を持つと、ミスのダメージが減るだけでなく次のステップに進む事への抵抗が薄らぎやすいです。

 

就活では人事や受付といった企業サイドの人達の他に、情報共有する就活生やOBOGなど初対面の人と関わる場面が多くなってきます。普段だったらまず話しかける事のない間柄でも情報収集のために積極的に話しかけ、その結果就活への建設的なアドバイスはもちろんプライベートでも交流が生まれるなんてケースも往々にしてあります。作業量の多さや精神的・肉体的負担が目立つ就活ですが、こういった一期一会も厳しさの裏にある楽しみの一つと言えます。

 

どんな場面でも自分と他人を比較しがちな人は、些細な事でも執拗に自分を苦しめてしまい、ポジティブな感情を生みづらくしてしまいます。友人が内定を取って自分は未だにゼロという時も「何であいつは良くて自分はダメなんだ」と嫉妬に支配されたり、高学歴な人と自分を比較して落ち込んだりと様々ですが、ハッキリ言って比べる行為自体が無駄です。他人はあくまで他人であり、その人達(比較対象)とは違う魅力や強みを誰しもが必ず持っています。生き方や仕事への向き合い方もバラバラであるため、変に周りを意識せず自分のペースを大事にする事で就活への気持ちも変わってくるはずです。

 

 

心がもたないと思ったらとにかく休養!

 

 

 

 

ここまで就活を楽しく感じるための心構えについて解説してみましたが、「もう限界が近い、苦しい」と苦悩する就活生も中にはいるはずです。そういう人達に共通している点は、きちんと休養を取っていなかったり、朝昼晩で3食ちゃんと食べていない点です。人は忙しい日々を送るのが当たり前になってくると、自分の疲れ具合がどの程度なのかが分からなくなってしまいます。その結果、注意力が散漫になり病気や怪我で身体を壊してしまったりと余計なダメージを負いかねません。そうならないためにも無理やりでも空いた時間を作って息抜きをする事が大切です。

まずはしっかり朝から夜までご飯を食べて疲れの免疫力を高めるところから始めてください。そして家でくつろいだり映画を観たり、美味しい食事を取って読書に興じたりと好きなように過ごし、心と身体をリフレッシュさせましょう。休んでいる時間が惜しいと思うのは至極当たり前ですが、ただでさえ過酷な就活を根詰めた状態で挑んでいてはいつか必ず限界が訪れます。就活うつという存在も他人事ではありませんし、焦る気持ちを落ち着かせ万全のコンディションで挑んだ方が後悔も少ないですし、就活へのモチベーションも維持しやすいです。

 

 

まとめ

 

 

 

 

現実問題、就活へのネガティブな印象を抱いている就活生がほとんどであり、時間の無さや想定通りにいかない事への苛立ちなどが、就活をツラく感じさせる要因として考えられます。しかし就活は学生の頃では味わう事の出来ない初体験でいっぱいです。どれもが難易度が高いからこそ自分の成長を促進してくれたり挑戦心を焚きつけ、狭まった視野を広げてくれるものばかり。キツい面ばかり考えてしまうと苦手意識が根深くなるのは当たり前です。ですのでまずは就活を如何にして楽しむかという“心の逃げ道”を作っていく事を意識しましょう。