「書類選考を通過していざ面接へ!」と勇んで自己PRや志望動機をスムーズに話せるように何度も練習するのは、就活生なら誰でも通る道。ですが本番で躓きやすい要素で挙げられる要素が「面接官にニュースを聞かれる可能性」です。なぜ面接の機会で就活生にニュースを聞くのか、その狙いについて今回は解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

 

就活生にニュースを聞くのは狙いが2つある

 

 

 

 

よくある就活失敗談の中には「突然面接官に最近の時事について意見を求められてアタフタした」という声も散見します。確かに自分の中で面接で聞かれるであろう志望動機や今後の展望について情報をまとめて整理したつもりでも、全く予測していなかった質問が降りかかってきたらどうしたらいいか困惑してしまいますよね。実際問題、ニュースに関する意見の準備を怠って本番で失態を晒し、面接官からの印象に影響を及ぼして落とされるというケースはよくあります。せっかく書類は通過したのに、会話で失敗して良い結果に結びつかなかったというのは非常にもったいないですし、就活に対するモチベーションが下がってしまいます。そもそも何故、就活生の事をよく知るための面接の場でニュース(時事)について聞いてくるのでしょうか?

 

 

 

 

それについては大きな狙いが2つあります。まず言いたい事はあくまで企業側はニュースを知りたいのではなくて、就活生のポテンシャルについて知りたがっているという事です。社会人になれば自社の仕事だけでなく携わる業界全体の動向や社会の変動の把握、多種多様な人と円滑なコミュニケーションを取るための情報収集が不可欠となります。就活生の場合は多くが志望する業界・企業について深く勉強したつもりでも、時世の流れについての勉強が不十分で、面接官は「この子は視野が狭いな」と感じてしまいます。もちろんビジネスについて思慮を深めるのは大事ですが、日常の世界についてどこまで理解しているか、日頃からきちんと情報を集める癖が付いているかという面も社会人デビューを目指す就活生の内から心がける必要があります。

前述で軽く円滑なコミュニケーションについて触れましたが、働く身になれば社内外環境問わず、多くの人と接する機会が増えてきます。そうなると業務に関する打ち合わせや教育指導以外にも、相手の事をよく知るために世間話の時間も同時に増えてくるでしょう。そういう時に困らないために、とっつきやすいニュースネタを皮切りに相手の情報まで知ろうとする姿勢も重要になってくるのです。誰でも仕事に関する話題ばかりだと気疲れしてしまいますからね。それにこちらから積極的に話しかける事で相手に好印象を与えやすいというメリットもあります。ですから円滑にコミュニケーションを取るためには誰でも共感しやすい、興味を惹きつけやすいニュースの情報収集をする癖が肝になってくるのです。

 

そして面接官がニュースについて聞くのは、就活生がきちんと自分の意見を持っているかを見極めたいという狙いも含まれています。ただ世間の情報を知るのは誰でも出来ます。空いた時間にスマホのニュースサイトで流し見したり、出掛ける前にテレビを観るなど手段は様々。ですが肝心なのはただ「そんな事があったんだ~」程度で完結させるのではなく、得た情報から自分がどう感じてそこから何を学んだかというのがポイントです。面接は就活生の仕事に対する熱意や人柄を推し量る場です。志望動機など形式的な質問だけでなく、時事を気にしているかというある種、イレギュラーな質問をする事で、「相手が独自の考えをもっているか」「その姿勢が仕事に活かされるか」を面接官は見極めたいのです。この時に失敗した就活生の大半が、自分の意見を出せなかったという共通点を持っています。逆に自分が注目しているニュースを打ち出し、そこで共感性の富んだ自分なりの意見を回答出来れば面接の通過率が上がる可能性があります。ですがここで注意しておきたいのは、話すネタもそれに付随する意見も、政治的主張や風紀に反するものはNGです。話を聞く人によっては機嫌を損ねる危険性が大いにありますので万人受けするような話題選択を心がけしましょう。

 

 

グループ面接でネタが被らないようにするには

 

 

 

 

個人面接では比較的自分のペースでトークを進めやすいですが、複数の就活生を交えたグループ面接だと、時間も限られますし他の就活生の意見に埋もれる可能性があります。自分がいかに準備万端でロジックが整った内容を纏めていたとしても、それは他の就活生にも同じ事が言えます。数多の企業から絞り、同じく面接の場に挑んでいるライバルなわけですから、シビアな言い方をすると彼らと並行したレベルの主張では勝負に勝てる見込みも低くなります。しかし志望する動機が一人一人似通っているとしても、個性は十人十色でありニュースの注目度や意見・感想も人によって変わります。もし面接で自己PRの他にも自身を強く主張したいのならば、ニュースの質疑応答はチャンスになります。ですがグループ面接ですので下手したら他の就活生も自分と同じネタや似た意見を用意している可能性があります。先に言いたい事を言われてしまったら自分の順番になった時それこそ何を話したらいいのか分からなくなってしまいがちです。そういうリスクを避けるために、ニュースネタは最低3つはストックしておきましょう。なかなか時事ネタを複数も理解してそこから独自の意見を生み出すのは難しいですが、話題被りのリスク回避や他の就活生を出し抜く意味でも用意しておく価値はあります。

 

 

話すニュースのネタの鮮度も肝心

 

 

 

 

いくら世間的注目度の高い時事ネタや、面白みのあるテーマを用意していても、そのネタ自体が古かったらあまり面接で活用する意味がありません。というのもニュースというのは食べ物と同じで新鮮度で価値や品質が大きく変わります。一昔前のニュースなどを限定的に選択して、いざ面接で回答してしまうと相手から最近の話題について聞かれるのは当然の流れ。場合によっては「この子は今の情勢を全く理解していないし学ぼうという姿勢も見受けられない」とマイナスな評価に繋がりかねません。賞味期限切れの食べ物と同じです。いくら自分の大好物を目の前に出されても古くなった食品なら誰でも手をつけませんし興味も沸きません。ですので面接で語るニュースはなるべく一週間以内に公開されたものや、古くても一か月以内の話題にしておいた方が無難です。

 

 

ニュースを話す構成は志望動機と似てる?

 

 

 

 

では実際どんな切り口でニュースについて話したらいいのでしょうか? 「じゃあ気になる最近のニュースを語ってください」といきなり言われてもどう伝えればいいのか迷ってしまいますよね。しかしご安心ください。ニュースを語る際の基本構成は志望動機の構成と大した違いはありません。以下で具体的な枠組みを解説します。

 

『結論(気になっているニュースの発表)』

‌『そのニュースが何故気になったのか』

‌『ニュースの概要を分かりやすく説明』

‌『ニュースに対する自分なりの意見・考察』

 

志望動機と同じように最初に結論を切り出す事で興味を引きます。そして日々変わる数々のニュースから何でそれを選んだのかを丁寧に解説していきます。その後に情報を知らない人向けにニュース自体の説明をする事で、自身の内容把握度をアピール出来ると共に、相手に理解してもらおうと情報を噛み砕いて解説する姿勢も強調出来ます。最後のパートで時事に対する自分の持つ意見を発表して改めて結論を話し締める形となります。

 

おすすめのニュースサイトをご紹介

 

 

 

 

最後になりますがここで就活生にもおすすめのニュースサイトを3点ほどご紹介します。スマホでも世間の情勢が楽に手に入るので、情報収集の意識が不足しているかもって不安になる人はこれを機に参考にしてくださいね。以下の3つは大衆向けエンタメニュースからがっつりビジネス向けの情報まで手に入るメディアですのでチェックしてみて損はありません。

 

『Yahoo!ニュース』

『WIRED』

『PRESIDENT Online』

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか? このように面接官がわざわざニュースのチェックの有無を就活生に聞くのは、就活生自体の情報に対する姿勢と本人の能力を推し量るためだったのです。もうお分かりかと思いますが、面接もとい就活では企業・業界分析だけでなく、およそ関係ないと思われがちな分野への理解や関心度も重要なのです。万全な状態で面接に臨むために、そして内定ゲットという最良の結果を残すために日々のニュースにも目を光らせてください。