学校やアルバイトの事情で出遅れてしまい、4月から就活を始める学生は焦りと不安で何から手をつけたらいいかと悩んでいるのではないでしょうか? 他の学生より一か月も遅れているとエントリーや説明会への選択肢や企業選びでも身の振り方を考える必要があります。ですが自身の方向性を定めてきちんとやるべき事さえしておけば4月スタートでも十分間に合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

「4月から始めても遅くない」と前向きに考える

 

 

 

 

ほとんどの学生の就活事情は数々のインターンに積極的に参加し、興味を持った業界に対して研究し、自己分析やESを長い時間をかけて手掛け、最終学年への進級を控えた翌年3月にいよいよ本格的な就活解禁! というのがセオリーです。しかし学校のサークル活動や海外留学などの事情で就活にスケジュールが割けず、他の就活生に出遅れる形で4月からスタートする人も多くいます。前もって就活準備を整えてエントリーを申し込んでいる学生達に比べて時間的な余裕が無かったり、「間に合わないかも…」と不安に感じるかもしれませんが大丈夫です。忙しくはなりますがちゃんとやるべき事をスケジュール通りに行えば、4月に就活を開始しても結果を出す事は可能です。

 

「じゃあまずは何からやればいいの」と思われるかもしれませんが、最初に言いたいのは“自分を他の就活生と比べない”という事です。就活時に学生がネガティブな気持ちに陥りやすい一番の原因は“内定が取れない不安感”です。しかしもっと突き詰めると“周りの状況と自分の状況を比較する”というのがポイントとして挙げられます。友人や他の学生が次々に内定を獲得して安定期に入っているのに未だに自分だけはゼロのまま…。ましてやスタートそのものも出遅れていて追いつける気がしない…。そう考えてしまうのは至極当然ではありますが、周りと自分とでは目指す場所も理由も能力も違うのですから比較するだけ不毛です。逆に比較する事で更に焦りの気持ちが先行してしまい、自分がどこに向かいたいのかという着地点を見失う危険性があります。こうなっていくと目的が“内定=ゴール”になってしまい、よしんば内定を取れても興味の無い業界だったら働いた後に後悔が残る事も大いに考えられます。まずは「自分は4月から開始するんだ、これが自分のやり方なんだ」と落ち着いて取り組みましょう。就活は時間との闘いでもありますが焦りは禁物です。

 

 

 

 

そして4月開始の場合はとにかく本当に興味のある企業の説明会を絞って参加しましょう。他の就活生は3月に説明会解禁の時点であらゆる企業の説明会にエントリーしていきますが、言うまでもなく4月スタートの人にはそんな余裕はありません。説明会や合同説明会は移動や待ち時間で半日以上の時間を取られてしまうので、全く知らない業界へエントリーしてしまうとそれこそ時間の無駄になってしまいます。4月でも説明会や企業見学を実施している場所もまだまだありますが、むやみやたらにエントリーだけはしないように。

 

理想的な企業で働くため就活生はやるべき事が多いです。自分がどんな人間で何が強みなのかを自己分析でしっかり把握し、それを基盤にどんな業界・企業が適しているのか情報整理する業界研究は絶対に抜かりの無いように行いましょう。4月に就活する人は4月中に自己分析や研究をし、本当に行きたい企業の説明会へ向かい時間を有効的に使いましょう。

 

経団連に所属していない企業も狙い目

 

 

 

 

就活生から人気の高い大手企業などは多くが経団連に所属しており、経団連の敷いたルールやスケジュールに則った採用活動を行っています。それを考慮し学生も事前にエントリーや夏季・冬季インターンの参加など、先にやるべき事を済ませて就活に臨みます。ですが何も全ての企業が3月に説明会解禁で6月選考というわけではありません。

 

独自のスケジュールを組んで採用活動をする中小企業群(企業による)や、経団連に所属していない外資系企業やベンチャー企業はもっと早い時期に選考を行っています。またこういった企業は大手のようなネームバリューや充実した福利厚生を望みにくいですが、取り扱う商材や提供サービスによっては安定感に優れ、新卒でも早期のキャリアアップが可能な実力・成果主義な場所も多いので、大手以外も捨てがたいと思っている人は必ずチェックしておきましょう。優秀な人材をより多く確保しようと考える大手企業は早めに新卒採用を打ち切る可能性が大きい分、中小などはまだまだ募集をかけているので4月スタートで遅れ気味の人でも内定を獲れる可能性は十分あります。

 

早い段階で内定をくれる企業はブラック?

 

 

 

 

巷ではよく「選考直後にすぐに内定(即日内定)を得たけどブラックなんじゃないか?」とまことしやかに囁かれますが、これについては解釈が分かれます。大手企業の場合は面接選考で言えば、一次・二次と面接の機会が段階的に行われ、対面するのも人事担当者から役員と、様々なプロセスを経て人材を慎重に選んでいます。中小などでは一回の面接で重役(社長)と面接してその日で一発OKというパターンも往々にしてあります。お目当ての企業ですとまさに僥倖という感じですが、すぐに内定を出す企業には注意するべきという意見も中には見られます。

 

離職率が高めの企業の場合は、人が入っても厳しいノルマや待遇に社内の雰囲気ですぐに辞めてしまい慢性的な人材不足。ですのでどんな人材でもなるべく早めに確保しておきたいという意図があります。選考から内定までに時間が掛かるのは、応募数が多いからというのもありますが長く働いてもらえるように慎重に人材を見抜いているからです。なので選考から間もなく内定通知を得た時は本当に大丈夫なのかを改めて自分の条件と照らし合わせて考えましょう。

 

夏も採用を継続している企業は多い

 

 

 

 

たとえ6月末まで内定がゼロのままでも諦めるのはまだまだ早いです。確かにエントリーが集中している大手企業などは早々に採用活動を切り上げるケースが多いですが、中小やベンチャー企業ですと内定辞退者が多く出る事を考慮して夏以降も継続して採用活動をしてくれるところが多いです。しかし春頃に比べて採用枠自体が狭まっているので難易度は若干高くなっています。

 

4月スタートの人はむしろ夏が就活本番という意識でいる方が、時間の調整がしやすいかもしれません。キツキツの状態で他の就活生のように春に勝負をかけるか、難易度上がりも企業数も減っているが夏に勝負をかけるかは自身のペースを考慮して選びましょう。

 

 

まとめ

 

 

 

 

他の人達よりスタートが遅れて過酷な就活に挑むのはとても焦りますよね。ですが自分の今後の人生を左右する企業選びをするわけですし落ち着いて行動を起こしましょう。周りの環境を気にして右往左往してしまうと本当に自分がやりたい事を見失ってしまう可能性もありますし、結局すぐに辞めてせっかくのファーストキャリアに傷をつけてしまいます。ですが4月に就活を始めたからといっても、ちゃんとスケジュールを管理し必要な事さえしておけば遅れは取り戻せます。大前提として、まずは自分の本当にやりたい(適した)仕事を考えるところからスタートしましょう。