日常生活で欠かせない靴。オシャレなアイテムとしても注目されますし、ビジネスの場でもしっかりした印象を与える重要な要素でもあります。では社会人として花開く前の就活生はどんなビジネスシューズを選べばいいのか? 今回は靴選びと手入れのコツをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

 

面接は第一印象が肝心。靴の状態にも気を配ろう

 

 

 

 

 

「面接では見た目の第一印象が合否を分ける」とよく聞かれますが、実際に採用かを決めるポイントで“身だしなみ”が半分ほどの割合を占めています。確かに初めて対面し、これから一緒に働くかもしれない仲間を選ぶ際、服装や髪型が乱れているような人を企業は採用したいと思いません。逆にこの第一印象をバッチリ決めてしまえば、その後の受け答えでうっかり噛んでしまっても一生懸命さは伝わりますし、話す内容の説得力が如実に現れます。ただここで言いたいのは、身だしなみとは何も髪型や着ているスーツやネクタイに限った話ではありません。意外にも面接官がチェックしている箇所が“足元”、要するにビジネスシューズです。服装などと同じくらいちゃんとした靴を履いているか、新品とまではいかなくても目立つ汚れや傷が無いよう手入れ管理が行き届いているかもチェックの対象になっています。「いくら何でも細かすぎる」と思われるかもしれませんが、こういったアイエム一つろくに手入れをしていないのは、「会社で働く事になった時に仕事の管理も雑になるかもしれない」と企業側は考えるのです。つまりこういった些細な事でも相手との信頼関係を築く重要な要素になりえるという事を覚えておきましょう。

ですが就活生はお金に余裕が無く、高価でしっかりした靴を買える状態にない人がほとんどかと思います。しかし別にブランドものなど高価な靴を用意する必要はありません。ちゃんとビジネスマナーに適したもので、過度なダメージや汚れの無い靴でしたら手軽に買える靴でも何の問題もありません。ここで就活生が用意するべき革靴について解説を挟みます。

 

 

 

用意するべき革靴ってどんなものがいいの?

 

 

 

 

スーツやネクタイの色は個人によってバラバラで選択肢も豊富です。ですがビジネスシューズは黒を選ぶのがセオリーです。ビジネスシーンにおいて一般的な黒、落ち着いたスーツの色と合わさり非常にカッコいいですよね。擦り傷や泥などの汚れが目立ちやすい黒ですが、革製品は比較的汚れや傷を落としやすいですし、何よりも目立ちやすい分、面接に挑む前に自分で汚れを発見しやすいです。稀に茶の革靴を履いて面接に行く人もいますが、面接官によっては「気取っている」「オシャレ感は要らない」と嫌う人もいるので無難に黒の革靴を用意しましょう。

靴も紐付きや紐無しとありますが、就活で使うのなら紐付きの革靴(レースアップ)がベストです。紐付きは足にフィットしやすい特徴があり、なにより週に何社も歩きまわる就活生にとっては歩きやすい靴の方が理想的です。サイズに関しても足を入れた時にかかと辺りの空間に指一本分の余裕が生まれるサイズはちょっと歩きづらくなってしまうので選ばないようにしましょう。ベストなサイズは何度も試着して見極めた方が確実です。

そして革靴の形状ですが「ストレートチップ(クロスト)」の革靴にしましょう。革靴も色々なデザインが存在しますが、ストレートチップは就活はもちろん冠婚葬祭の場などフォーマルな面で最も適したデザインなのでこちらを選択しましょう。劣化の面に関しても、長く使っていても靴に皺が生まれにくいというメリットがあるので、お金の無い就活生でも長期的に活用出来ます。そして革靴の形状を語る上で欠かせないのが「内羽根(バルモラル)」「外羽根(ブラッチャー)」の2タイプ。厳密には他にも「サドル」や「スリッポン」といった種類もありますが、ビジネス・冠婚葬祭の場面ではこちら羽根タイプのどちらかによります。内羽根(靴紐と通す穴が靴の内側に入り込んでいるタイプ)は儀礼的な場面での使用が多く、逆に外羽根は営業で動き回る事の多いビジネスマンに広く親しまれています。仕事で使う場合は自分の足に合ったものを選ぶべきですが、面接の機会では内羽根の革靴を履いておくと相手に良い印象を与えられます。

また、革靴は天然素材(動物皮・本革)か人工素材(合皮)に分類されます。合皮の靴はビニール素材ゆえに撥水に優れ、値段も安価という就活生にはありがたいメリットがあります。ただしいかんせんチープなために動物皮由来の革靴に比べて、手入れ用のクリームなどで磨いても光沢が出づらいという点が玉に瑕ですね。逆に本革は値段は合皮に比べて少し高いですが耐久性は信頼でき、なにより光沢が出やすいので高級感を醸し出せるのがメリットです。水には弱いという弱点も含んでいますがメンテナンス用のスプレーで手入れすれば十分補えます。面接をがっつり決めたいと考える就活生はなるべく本革の黒い革靴を用意しましょう。手入れもしやすく光沢が美しいので、チェックする面接官の反応も良い方向に転びやすいです。

 

 

 

面接でローファーを履くのはあり? なし?

 

 

 

 

 

 

ビジネスマナーを学んでいる途中の就活生からは「ローファーで面接するのはあり?」という声も中には聞かれます。ですが先ほど紹介した革靴に比べてローファーだと「子供っぽさが否めなく、社会人としての品格を疑う」という厳しい指摘もあります。それにせっかくしっかりした身なりを整えたのに、ローファーを組み合わせるとどうしても不自然なコーディネートに思えてしまいます。本来ローファー自体がカジュアルな場面で履く代物なので、フォーマルさを意識しなければならない面接時に履くのは落とされるリスクしか無いと考えた方がいいでしょう。無論、企業によってそこまで足元を意識しない所も中にはあるかもしれませんが、就活生は頭から足元まで評価の対象になるので無難に黒の革靴で面接に臨みましょう。

 

 

痛い靴擦れを防ぐ手入れの仕方とは

 

 

 

 

新品の革靴を履く際に嫌なのが“靴擦れ”です。歩く度にかかとの部分や靴の内側と擦れて傷になり、蒸れた時も傷がふやけて化膿が酷くなるという可能性も往々にしてあります。特に革靴を履きなれていない就活したての学生は、靴擦れにウンザリしてしまうのではないでしょうか。こればかりはベストな靴を選ぶために何度も試着しても起こりえます。スニーカーなどに比べ靴擦れの頻度が高い要因として、革素材の強度が原因として考えられます。艶があり柔らかいように加工したとしても革は固いですし、人間の肌は簡単に負けてしまいます。その上に革靴は特に型崩れしないようしっかり作り込まれているので、張力が強く足の肌を傷つけてしまうのです。こうした余計なダメージを未然に防ぐにはどうしたらいいのか? ここからは対策について解説を挟んでいきます。

手っ取り早いのは市販されている革専用のクリームを塗る事です。足をよく痛める箇所にクリームを塗って革の拡張を利用します。革の伸びる作用を利用して足の負担を減らすのです。新品の革靴を買う場合、乾燥した状態がほとんどなので使い込む前にクリームでメンテナンスをした方がいいでしょう。また、クリームが手元に無い場合はいっそ風呂で靴を濡らして革を伸ばすというのも一つの手段です。ただしこの場合は製品によって水の影響で崩れが酷くなるケースもあるので、浸し過ぎはアウトです。そして浸す対象は本革の靴なら合皮に比べ柔らかいのでこちらが効果的です。乾燥もちゃんと新聞紙をまるめて靴の奥まで突っ込み自然乾燥にしましょう。ここまでは靴そのものへの対策ですが、自分への対策としては、痛む幹部に絆創膏を貼り、上記のやり方で靴の張力が負ける(拡張する)のを履きながら待つ事です。こうする事で革が自分に与えるダメージを抑えつつ、革靴そのものが足にきちっとフィットしてくれます。

 

 

まとめ

 

 

 

 

仕事をしっかりこなす社会人になるには、まずは自身の身だしなみ(足元から頭まで)に気を遣う。そこまで深く学校などでは教えられませんがビジネスマナーの基本中の基本です。足元にまで気を配れない人は、仕事での管理能力までも疑われてしまう可能性もあります。それに他の人と対して変わらない格好で挑む面接の場で、こういった細部にもこだわれるのは、全身をチェックする採用担当者から「しっかりしている」と好印象を与えやすいです。新社会人として恥ずかしくないよう身なりを整えてから面接に挑みましょう!