「外資系企業は高学歴しかダメ」とよく聞かれますが本当にそうでしょうか? 確かに実際に外資界隈で働いている人達は旧帝大出身など高学歴の人が目立ちますが、中堅大学出身でありながら外資系の企業に内定を貰ったという話も中には聞かれます。ではどうすれば高学歴でなくても外資系企業へ入れるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

 

 

そもそも外資系企業ってどんな企業を指す言葉?

 

 

 

 

 

 

皆さんは外資系企業と聞くと何を思い浮かべますか? 言葉自体をよく知らないという人は外国人が多く働く環境や海外向けの事業を中心にした会社というイメージが浮かびやすいかと思います。それは間違っていませんが、正確に言うと「外国法人・外国人が一定以上の出資をしている日本企業」と定義しています。一般的な日本の企業と差別化を図る時は外資系と日系企業と表現します。

 

 

 

 

ですが一定以上の出資と最初に言いましたが、どこまで出資したら外資系と呼ばれるのかという明確な定めが無いのです。ですから海外に身を置く投資家達の言動が企業自体に影響が出る場合、こういう企業を外資系と呼ぶのが今の解釈としています。そして外資系企業の成り立ちにも色々あり、「海外企業が日本にて会社を設立」「海外の企業と日本企業の共同出資で会社を設立」「日本企業を海外企業が買収」と3タイプに分かれています。海外の企業が日本で会社を設立する場合ですが、職場環境も外国人が多かったり社内の公用語が英語といった特徴があるので、これが一番世間的にイメージしやすい外資系企業の成り立ちかと思います。海外企業と共同出資で会社を設立する場合は、前述でもある通り出資の割合がどのくらいで外資系と定義するのかは曖昧ですが、出資額が日本企業よりも多いと外資系とされます。そして海外企業からの買収。日本資本の企業が業績悪化などあらゆる要因で海外に吸収されるという話はよく聞きます。業種はどうであれ、たとえ日本の企業でも海外企業に買収された瞬間に外資系へと変わります。稀にニュースでも国内の大手企業が海外企業に買収される話を聞きますので分かりやすいかと思います。外資系も様々な業種がありますが大まかなものを挙げるとすると、製薬関係やコンサルティング、金融にIT系といった業界が外資系では目立ちます。

 

 

日系企業とは具体的にどんな違いがある?

 

 

 

 

どういうものが外資系企業と呼ばれるのかを解説しましたが、日本の企業とは具体的にどんな違いがあるのでしょう? 企業によって雰囲気や仕事への取り組み方は変わってきますが、外資系ならではの明確な特徴を挙げていきます。

 

中堅・新人は関係なく、社員全員が即戦力として働く

 

日本の企業では社会人になったばかりの新卒など、業界未経験の人のために研修期間を設け、仕事を一から教える事が一般的。中途の採用でも場所によりますがある程度の研修を経てから仕事に臨む事が多いです。

ですが外資系企業ですとそもそも新入社員を最初から教育という考え方がなく、入ったその日から他の社員と同じくらいの実力を求められるケースが非常に多いです。逆の見方で言うと、新人でも早い段階で成果を上げていれば自身のキャリアアップに繋がりやすいという実力主義のメリットもあります。

 

どんな人材でも成果が無ければ給与の大幅ダウン

 

日本企業に比べ成果に対しては特にシビアなのも外資系の特徴です。業種に関係なく業務成果が芳しくない場合は、給与が大幅に下げられる事も珍しくなく、いつまでも結果が変わらないようであれば早期に契約を切られるという懸念もあります。外資系が高給なのはこういった事情があり、どんなに高い給与を支払う事になっても必ず十分な成果を出してくれる社員を外資系企業は求めています。

 

残業は仕事の出来ない無能の証明

 

日本人の働き方を「真面目」とよく聞きますが、海外では残業文化を“仕事が出来ない人の特徴”と捉えているのがほとんどです。決められた時間内で決まった量の仕事を片付けて早急に帰宅するというのがデフォルトであり、会社の都合や自身の失態で仕事を就業時間外でも持ち越して処理する人を無能だと考えています。海外資本の外資系企業もその例に漏れず残業に対し否定的な価値観を持っています。

 

建前は要らない。誰が相手でも主張をハッキリとする

 

まだキャリアも浅く、独自の考えを持っていても上手く相手に伝えられないというのは新人の性。ですが外資系に勤めるとなるとそうはいきません。この界隈では常に全員が即戦力として動くという考え方を持っていますので、自分の主張がしっかり出来ないとクライアントや上司に考えが伝わらず意欲が無いのだと思われてしまいます。年齢やキャリアなどが壁となり自身の発言を遠慮してしまうというのは外資系では通用しないので覚えておきましょう。

 

 

中堅・低学歴でも果たして需要はあるのか?

 

 

 

 

かなりシビアな環境なので、吸収力に優れて臨機応変に動ける高学歴の人物を外資系企業は求めています。現に外資系でキャリアを積む人には東大や京大、早慶出身などと立派な学歴を持つ人物が多く存在します。こうした事情から「外資系は高給だし敷居が高い」と世間では考えられています。ですが外資系だからすべからく高学歴しか受け入れないというわけではなく、その業界によって採用の考え方が異なり一概には言えません。

 

投資銀行など金融系やコンサルティングは高学歴でないとかなりハードルは高く、一流大学以外はこれら業界の求人が出ないというのもザラです。こういった学歴フィルターは勿論、SPIや筆記試験などの選考も高学歴以外を振り落とす要因。金融系やコンサルティングの試験では国家一種試験と遜色が無いほどの難解な問題も多く出題され、基礎能力や情報収集など対策能力の乏しい人は門前払いされてしまいます。それでも外資系に入りたいと考えているのなら、外資系の人事も唸らせるほどの学歴以外の武器を用意する必要があります。繰り返しになりますが金融などは現実的にかなり難しいです。

 

しかし「どこの(外資系の)業界ならチャンスがあるのか」「学歴の壁を崩すためには何が必要か」という分析を欠かさなければ高学歴以外でも外資系に飛び込める機会が生まれます。実際にメーカー職や営業職、エンジニアなどIT系の外資系企業で働き結果を出す中堅・低学歴の人もいます。そういった人達は学歴で諦めず他の就活生とは違う自身の武器を用意して就活で内定を勝ち取ったのです。

 

 

 

英語だけでなく持っていればチャンスが高まる資格

 

 

 

 

学歴は就活において最も強大な要素であり、高ければ高いほど大手企業や外資系に入る確率も上がります。ですが出身校のブランド力や自分の力不足をいくら悩み後悔しても仕方ありません。ならどうしたらいいのかというと、出身校以外にアピール出来る新たな価値を見出す必要があります。特に外資系は学歴だけではやっていけない実力至上。偏差値良以外で企業サイドに欲しがられる、興味を引くような“武器”を手に入れましょう。以下はハードルの高い外資系でも関心を引きやすい要素となります。

 

TOEIC最低800~900程の英語力

 

外資系に限った話ではありませんが、どの業界でも通用するくらいの英語力があれば仕事を任せる上で信頼に繋がりやすいです。たとえ一流大学出身でなくても応募書類を用意する際に活かせるスキルを書ければ選考が通る可能性も。外資系はその特性上、メールや会議にデータ処理などで頻繁に英語を駆使する場面が多いので本気で外資系に挑むのであれば学生の内に英語をマスターする勢いで勉強に取り組みましょう。

 

『会計士などの超難関資格の取得』俗に言われるプラチナ資格(会計士・税理士など)の保有はかなりのアドバンテージになります。正確に言うと資格の所持は就業経験無しでは資格は取れないので、就活時点では“試験合格の経験”が活かされます。というのも日本で超難関と言われる試験に合格に至ったわけですから、たとえ学歴に魅力が無くてもそれだけ頑張って結果を出せたんだという実績が、採用担当者の目に留まりやすいです。他にも英検や中小企業診断士といったものも魅力的です。これらは自分の努力次第で手に入れるものですので学歴は関係ありません。

 

採用直結型インターンへの参加

 

外資系企業は大学3年の時点で本採用選考をスタートするところが多く、そのほとんどがインターンシップ形式で参加する学生の能力や自社との適応を見極めたりします。こうしたシステムを採用直結型インターンシップと呼び、2年生から参加可能な外資系のインターンも存在します。選考内容についてはどこも一般的な日本のインターンシップと変わらないですが、偏差値の高い学生と同レベルのテスト水準に英語面接など難易度は決して低くありませんので、入念な業界研究と勉強を欠かさないようにしましょう。

 

海外での留学経験

 

英語を話せるのは強みになりますが、それ以外にも海外への留学経験がある人も外資系で拾われる可能性があります。海外に長くいると日本の良さや改善点などが客観的な視点で見る力が養える上に、何か新しい事に恐れず挑戦出来る度胸が身につきます。外資系は多様な視点と積極性が求められるので、留学経験で語学やコミュニケーション能力に自信を持った人も外資系に挑んでみる価値はあります。

 

 

まとめ

 

 

 

 

このように日本企業とは異なる難易度の高さや学歴フィルターでなかなか挑みづらい外資系企業。ですがこのように、しっかりしたリサーチと学歴の不安要素を払いのけるくらいの努力とスキルさえあれば、外資系で働く事は現実的に可能です。学歴に自信が無くても語学や仕事に活かせるようなスキルがあるという人は是非チェックしてみては?