「夏までに一社も内定を獲得出来なかった」「就活後発組で秋からスタートは不安」と考える就活生。確かに周りが6月選考に突破して夏までに内定を幾つも獲得していたりすると、自分の状況に焦りを感じてしまいますよね。ですが就活の舞台が秋に移り変わっても真剣に取り組む姿勢があれば、まだ良い企業と出会える可能性が残されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

就活のピークである秋以降は実はチャンスが多い

 

 

3月の就活解禁から6月以降の選考開始と、春から夏にかけて学生・企業共に一挙に過熱していく就活シーズン。より良い環境で理想的な待遇で働くために就活生達は、入念な情報収集や説明会やセミナーといった就活イベントへの積極的な参加、応募するのに必要となるESや自己PRの作成やSPI対策など各人が濃密なスケジュールを消化していき、理論武装して企業へ真っ向から向かっていきます。世間では売り手市場と囁かれ、就活生には良い流れに好転しやすい環境と現在は言われていますが、募集をかける企業側からすると、なかなか実を結ばないというケースも顕在化しています。というのも、就活そのものは早く決着するに越したことはないのですが、近年では就活生側の都合で春~夏の就活というより、春~秋・冬という長期戦の様相を呈しています。

 

 

 

そうなっている要因として、就活開始から早期で就活生が憧れるような知名度・人気度の高い企業群にエントリーが集中していくので、どうしても同じタイミングで採用活動を進めている他の企業達が満足のいく結果を得づらいです。就活生も時間に限りがあるので最優先に人気の大手企業達へエントリーをしていきます。就活生達にある程度の目処が立ってくると他企業の説明会のキャンセルや辞退が多発し、企業も思い通りに事を進められないという流れになっていきます。また、よほど就活生の注目を集めやすい企業の魅力やアピールポイントが無いと、本格的に選考が開始する6月までに就活生の興味を自社に留めておくのが難しくなるという点です。就活では様々な職種の数多の企業が名を連ねるので就活生達も選り取り見取り。ですが就活生もどこでもいいわけではないので、気持ちを惹きつけておく事が満足に出来ていないと、「本命企業の面接練習」「別の企業から内定をもらったらここの企業はお断りする」という構図が生まれてしまいます。そして就活生側の“燃え尽き症候群”も就活が長期戦へと発展する要因の一つです。3月に入る前の段階から企業情報のチェックや自己分析など準備をしてきた学生だと、夏までに就活の決着がつかないと就活への意欲が減退し、企業エントリーそのものにも影響を及ぼします。

こういった要素が合わさり、企業側は当初見込んでいた人材確保数を達せられないという状況に陥って、継続的に夏そして秋の採用にも力を入れるようになりました。つまり春スタートの就活で人材を採り切れなかった企業が、同じく春の慌ただしい就活スケジュールに飲まれ、結果を出せなかった学生を欲しているのです。「不人気企業ばかりじゃないの?」と思われるかもしれませんが、より多くの優秀な学生を求める大手や、ホワイトな土壌だけど知名度が低めなため人が入りにくいBtoB企業など秋採用の時期でもまだまだ可能性に溢れており、春~夏の忙しさに比べ落ち着きを見せる秋は、学生にとっても就活を良い方向へ向けさせるチャンス期間なのです。

 

 

 

という具合に秋からでも変わらず真剣に向き合えば就活は間に合います。しかしチャンスはあると言っても、春~夏の採用状況に比べ企業の採用枠が狭まっていたり、いつの間にか募集を修了していたなんて事もあるので内定獲得の難易度としては若干高めになっていきます。最後まで諦めず企業・業界分析やマナーなどの徹底・見直しをして、自分に合った企業を見つけ内定を勝ち取りましょう。

 

 

公務員志望の学生は民間企業就職も視野に入れるべき

 

 

 

「市役所などに勤めて公務員として安定したい」と考える公務員志望の学生も多いのではないでしょうか?春~夏の就活時期は勉強などで忙しく、本格的に就活に目が向き始めるのは9月に入ってからが大多数かと思います。ですが必死に勉強して晴れて公務員になれたとしても、実際に働いてみて“自分に合わなかった”場合、退職して規模問わず新たに民間企業へ就活をしていくのは正直かなり厳しい道となります。公務員としてのスキル(経験)が活かされる場所は割と限られますし、年齢を重ねると技能やキャリア的にも次のステップに進みづらいのは確かです。そして生々しい話になってしまいますが、現在行われている市役所の仕事は後々AIに代替されるという話も聞かれます。そうなってきますと機械に仕事を取られてしまう訳ですので、過去の公務員安定論は頓挫しまいます。公務員一本で働いた後に、民間企業への就職はなかなかハードルは高いです。若い世代に比べ体力や吸収力はどうしても劣りますし、なにより即戦力として使われないのが現実問題として浮上します。そういったリスクを考慮して、学生の段階から企業インターンに積極的に参加して少しずつでも経験を増やしたり、企業に入社して数年間業界に属しスキルを蓄えてからどうするかを考えるのも一手です。その後公務員として働く事になっても、民間での社会経験がある無いとでは物事の見方やリスク管理の仕方はだいぶ違ってきます。

 

 

時間的に不利な体育会系学生の身の振り方は?

 

 

 

過酷な練習に長い時間拘束される体育会系の学生は他の就活生と異なる点があります。それは部活動・学業と就活の板挟みです。ほぼ毎日のペースで一日何時間も部活動に取り組む体育会系は、なかなかインターンシップに参加出来ないという問題点があり、過密スケジュールに追われる就活においてかなりの痛手です。部活動で多大な結果を残してきた、胸を張って語れるエピソードが盛りだくさん、という感じで就活の勝負の場面で力を発揮しやすい利点はありますが、部活と就活の両立となると業界分析やESなどへの時間の確保がかなりシビアです。時間的に不利な体育会系の就活生は一体どうするべきなのか?それは、年明けの就活本番にゼロから臨むのではなく、3年生の時期から準備を始めるのが良いでしょう。最終学年になると部活の活動も忙しくなりますし、就活生としてやるべき事はやっておかなくてはなりません。それでは圧倒的に時間が足りない…ならば3年の段階で半日~1日で出来るインターンシップの参加やOB訪問などで経験を積み自己分析をして業種の絞り込み、志望企業の模索・明確化、そして年明けで選考へと臨むのが理想的です。

 

 

まとめ

 

 

 

夏までに内定を獲得出来なかった時、就活へのモチベーションが低下する気持ちはよく分かります。しかしここで語ったように夏以降の秋採用でもまだ大手のみならず優良企業と巡り合い、内定を得るチャンスは十分に残されています。時間的に余裕の無い体育会系の学生も、公務員として働くべきか迷っている人もこれを機に“将来を見据えた分析”というのを改めて行ってみてください。