システムエンジニア(通称:SE)は、コンピューター業務の情報システムの開発や運用などに携わるIT技術者の代表的な職業の1つです。対して、インフラエンジニアとはシステムエンジニアと同じ括りですが、サーバーの設計や保守を行うエンジニアのことを指します。システムエンジニアの中でも、ITのインフラを整えるスペシャリストです。名称に関しても明確な定義がないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

インフラエンジニアとは

 


 

 

インフラエンジニアは、ネットワークのスペシャリストと言われています。

元来、インフラは「インフラストラクチャー」の略称で「基盤」「下部構造」を意味します。

インフラエンジニアも名前の通り、ネットワークの下部構造を保守、点検するのが役割となる今、注目のエンジニアです。

 

専門は、企業の情報システムの構築と運用を行うエンジニアです。

企業の業務内容に応じたコンピューターやネットワークの導入と設定、基幹となる

情報システムの管理、調整、更新といった分野が業務になります。

ネットワークのスペシャリストではありますが、「ネットワークエンジニア」とはまた違った職種になるため、仕事内容も変わっていきます。

 

インフラエンジニアの仕事は、企業によって業務の幅が変わっていきます。

若いエンジニアが育ちにくいという問題もあり、人手不足や引き継ぎ等に困っている企業も多く見られます。

また、インフラエンジニアの仕事内容は変わってきています。仕事内容に変化が起きるインフラエンジニアですが、不景気になっても活躍する場があるため、就職に強いという特徴があります。

そのため、技術者として長く働きたいと考えられている方は、インフラエンジニアに興味を持たれてみるのも良いでしょう。

 

 

必要なスキルや資格

 


 

 

知識の広さとリーダーシップ

 

任されたプロジェクトを成功させるため、常に尽力することが求められるリーダー性が問われます。

ですが、ただリーダーシップがあれば良いかというと、そうではありません。

インフラエンジニアは、幅広いビジネス常識や技術における知識、プロジェクトマネジメントに関する知識も必要になっていきます。

誰でもプロジェクトマネジメントになれるということにはなりませんが、

まずは、技術を身につけ経験を積むことにより、頑張れば目指せるでしょう。

 

トラブルを事前に避けられるスキル

 

システム設計を実行するにあたり、クライアントにサービスが上手く提供されるか先読みする能力も求められます。

一度、サービスを提供した場合には問題やトラブルが起こらないようにしなければなりません。

サービスを提供する前であっても、なんらかのトラブルが起きてしまうと提供に時間がかかり、損失が出ることもあるのです。

そのため、あらかじめトラブル発生の可能性を先読みをして動かなければいけません。

トラブルが起きてから対処する能力も必要ですが、非常に難しいスキルではあります。

これができるのであればインフラエンジニアとして素質があると言えます。

 

英語は使えた方がいい

 

エンジニアなど技術的な職種の資料は、英語で書かれている資料が多いため、英語力も必要なスキルとなっていきます。

インフラエンジニアとして活躍する場合にも、英語力が求められることが多いです。

IT関連企業は全体で19%、SEは40%が英語力にて採用の条件としており、

この数字が年々増加していることから、英語ができるエンジニアの方が就職先に困らないということが分かります。

フリーランスのエンジニアであっても、自分から売り込まなければならないため、

英語が使用できることをアピールできればポイントが高くなると考えられます。

 

誰でも理解できる設計書の作成

 

インフラエンジニアには、担当する業務に沿って設計を行うスキルが求められます。

担当するプロジェクトが大規模なものになると、多くの人に協力してもらい仕事を進めていきます。

参加する人数が多くなると、全員に理解してもらえる設計書が必要になっていきます。

もし、多くの人にあまり理解してもらえない設計書を作成してしまうと、

それを説明する時間が必要になりますし、新しい設計書を作り直すこともあります。

そういった手間を避けて業務を進められるように、設計能力は重要になるのです。

 

ITの一定の知識があることを証明できる資格3

 

『ORACLE MASTER(オラクルマスター)』

 

アメリカのソフトウェア会社「Oracle Corporation」が認定する、オラクル社製品の知識を証明する資格です。専門分野ごとに多数の認定資格があり、さらに細分化されています。まずは、自分の得意とするジャンル、使用しているソフトウェアの資格を取得し、少しずつ手を広げるといいでしょう。

オラクルマスターは、知名度が高く世界で通用する資格となっています。

 

『CCIE(シーシーアイイー)』

 

「CCIE」は、アメリカのコンピューターネットワーク機器開発会社「Cisco Systems社」が認定するベンダー資格。正式名称は「Cisco Certified Internetwork Expert Routing and Switching認定」で、ネットワーク資格の最高位です。難易度は高いですが、取得できればネットワークエンジニアのエキスパートレベルであることが証明できます。

 

『LPIC(エルピック)』

 

カナダのNPO法人、Linux技術者認定機関「LPI」が認定する世界最大規模のLinux技術者認定試験が「LPIC」です。レベルは1~3の3段階で、最も難しいレベル3で、分野が3つ用意されています。日本でオープンソースソフトウェアを導入している半数以上の企業が、Linuxを利用されていますので、ぜひ取得しておきたい資格です。

 

 

 

インフラエンジニアのキャリアパス

 

 

 

一定のコミュニケーション能力は必要

 

パソコン上で作業を進めるエンジニアですが、技術を高めることに一生懸命になり、

コミュニケーション能力が低いとプロとして仕事をしていくことは難しくなるでしょう。

インフラエンジニアに限らず、どのような職種のエンジニアでも、クライアントとヒアリングを行い、適切な対応をすることが必要です。

そのためには最低限のコミュニケーション能力が必要になります。

「最低限」というのは「社会人として必要なコミュニケーション」を指します。

なので、高度なコミュニケーション能力は求められていません。

 

 

社会人基礎力を見極める

 

「社会人に共通して必要なコミュニケーション」が必要なことは、ここまでの話から分かりました。

しかし「社会人に共通して必要とされる程度」というのが、

ざっくりし過ぎていて、既に自分がその能力を満たしているかを判断するのが難しいでしょう。

これを判断するためには、経済産業省が提唱している「社会人基礎力」を参考にしましょう。

「社会人基礎力」は、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために

必要な基礎力を指している言葉であり「アクション」「シンキング」「チームワーク」の3つに分かれています。

この3つの能力は、更にそれぞれが細かく分けられており、全部で12の能力が定められています。

 

チーム内で働くことを意識する

 

インフラエンジニアを含むIT業種は、社会人基礎力の中でも「シンキング=考え抜く力」が優れているという結果が出ています。

つまり、自分の頭の中で考える力は凄いということですが、残りの「アクション=前に踏み出す力」と「チームワーク=チームで働く力」は少し低めの傾向が見られます。

ここで注目するのが、インフラエンジニアのチームワーク力は、さほど高くないということです。

システム開発をする際は、チームで作業を進める機会が多いため、コミュニケーションを取る必要があります。

全てのインフラエンジニアに、当てはまるわけではありませんが、

少しでもチームワーク力が劣っていると感じる人は、まずは「社会人基礎力を」上げるように心がけることが大切です。

 

まとめ

 

 

どのような仕事においてもスキルが求められますが、インフラエンジニアにも求められるスキルが当然にあります。

インフラエンジニアの場合は、どの業界で活躍するかによって求められるスキルが変化するのが特徴です。

そのため、少しでも知識が欠けていると活躍が難しくなることもございます。

また、ここに書かれていないスキルも要求されることがありますが、活躍の場を選択したなら

それに合ったスキルを磨くことが大事です。