ダンスのスペシャリストとして各地で華麗に踊りを披露したり、生徒を集いダンスレクチャーを施すダンスインストラクター。あまり大っぴらに取り上げられることのない仕事ですから、名前だけしか知らないという人が多いと思います。今回はこの仕事について解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

己のダンススキルと知識で一流のダンサーを育てる立役者

 

 

 

 

そもそも「インストラクター」とは「指導者」を指す言葉で、誰に知識や技術を提供する講師の役割をします。ダンスは“タンゴ”や“バレエ”“ヒップホップ”など少人数やグループ隊形で行うものと色々な形がありますが、その中の専門ジャンルを極め、教える技量に達した者が「ダンスインストラクター」を名乗ることが出来ます。踊りに関しても種類が違えば、歴史や身の振り方も必要となる知識や生徒に教えるプランも変わってくるので、自分が得意とする専門ジャンルでクラスを持ちます。ダンスインストラクターは、自身も現役のダンサーとして各地のステージで華麗に踊る一方で、ダンサーを志す人を本格的に指導したり趣味やダイエット目的でダンスを嗜む人に手ほどきしたりします。自分が好きなダンスを同じくダンスに熱意のある人に技術を施し、上達していく姿を間近で見れるのはダンスインストラクターとしてとてもやりがいがあります。ダンス会場で全員が一丸となってステージで舞い、全身を使って観客達に特別な時間を演出・提供できるのもこの仕事の魅力です。ただ、長い時間をかけて相手を一人前のダンサーに、あるいは身体を引き締めて相手が望む体型に磨き上げなければならない責任があるのが大変な面ではあります。なのでミスが無いように、そして効率よく身体を動かせるように人体の仕組みやケアの仕方といった知識・指導方法が必要になります。

 

 

ダンスインストラクターになるためには?資格は必要?

 

 

 

 

見る者を魅了してやまない華麗で美しいダンサー。その技術を教える側に就くにはどうしたらいいのでしょうか?まず前提として自分が踊りのスペシャリストとして確固たる自信とスキルを身に着ける必要があります。「専門学校東京アナウンス学院・ダンスパフォーマンス科」や「大阪ダンス&アクターズ専門学校」といったダンスの実力をつける場に所属すると、スキルや知識も培われていくのでインストラクターとしての自信に繋がります。ダンスは好きだけど右も左も分からないという人や、自分のテクニックを更に昇華させたいと思っている人にも分かりやすく説明し理解させる力、挫けそうになっている人をサポートするメンタルケアや判断力など、インストラクターとしてだけでなく人としての思いやりや魅力があれば生徒から信頼されやすいです。ダンスインストラクターを育成している専門スクールでノウハウを学び、その後は就職先を学校が斡旋してくれるのが一般的です。勿論行きたいダンススタジオやジムがあればこちらからホームページや電話窓口にてアプローチしてみるのも手です。

そしてダンスインストラクターの資格についてですが、実はこれといって必要とされる資格はありません。ダンサーとしてのスキルや知識、信頼に足るしっかりした経歴さえあれば、誰でもダンスインストラクターを名乗り仕事をすることが出来ます。経歴に関しましてはダンスの経験年数や、過去に出場した大会や賞の受賞歴、バックダンサーとしての活動歴やメディア出演経験があると、“ダンサーとして文句のない経歴を持っている人材”として映り、高い宣伝効果が発揮されるので講師を募集しているスタジオなどから雇用されやすいです。

 

 

働くための主な環境ってなにがある?

 

 

 

 

ダンスインストラクターとして活躍する場は一般的に以下の4つに大別されます。

 

『ダンススタジオ・ダンススクール』

 

ストリートダンス(路上ダンス)のクラスが豊富。レベルに関しても初心者から腕を磨きたい上級者まで様々です。スタジオ・スクールは他に比べて“とことんダンスを習いたい”と積極的で熱意のある生徒が多く在籍するので、ダンスの指導者としてやりがいを感じやすい分、専門的なスキルも多く求められます。

 

『ダンス専門学校』

 

専門学校の「講師枠」で採用されるケースです。ダンススタジオやダンススクールのようにダンスへの情熱がある生徒が多いですが、あくまでも学校なのでスキルの他にもダンサーとして必要な心構えや歴史といった情報も教えていきます。講師として学校と契約するので、年間行事のスケジュールやカリキュラムなど、長期的な指導を視野に入れて取り組みます。学校という側面を持っているので勤務の時間帯も昼間のレッスンになるのも特徴的です。

 

『ジム・フィットネス』

 

先ほど紹介した2つに比べ、在籍している生徒の年齢層やダンススキルが幅広いです。ダンサー養成を主とする環境と違い、ダイエットなど健康意識でダンスを嗜む人が圧倒的に多いのが特徴的です。なのでダンサーとしての技量を追求して教えるというよりかは、いかに楽しく無理のないよう身体を動かす時間を与えられるかが重要になります。なのでインストラクターとしてはトレーニング方法や身体についての知識が豊富だと問題ないでしょう。

 

『個人でレッスン開講』

 

既存の環境に所属せずに、自分で生徒を集めカリキュラムを組むタイプ。生徒を集めたり、教えるためのレッスン場所を確保したなどインストラクター側の作業量やリスクは増えます。ですが、ダンスインストラクターが生徒を選んだり受講条件を設定できたり、レッスンにかかる費用も決められるので、自らの都合に合わせやすいという利点があります。受講する人数がある程度見込める場合は、スタジオなどで教えるよりも高額な収入を得る可能性も無きにしも非ず。指導実績を作るために少人数のクラスから自分で開講を始める場合もあります。

以上がダンスインストラクターの主な求人先ですが、専門学校卒業後はスタジオや講師派遣会社と業務契約を結んで働く場合もありますし、オーディションを受けて劇団や芸能事務所にダンサーとして所属するケースもあります。

 

 

まとめ

 

 

 

 

ダンスは数多くの形や特徴を持っていますがその指導を生徒に施すダンスインストラクターの種類はそう多くはありません。なので自分が教える側に回った時、「自分は何が得意でどんなことを教えていきたいか」を考えると自然に行く先が見えてきます。仕事としての自由度が高い分、手間やリスクが大きいですがダンスが好きでたまらないという人にはオススメです。