就活生にとって絶対に受け取りたくない存在の「お祈りメール(不採用通知)」。せっかく頑張ったのに電子メール一通で不採用を言い渡されるのは本当にツラいですよね。そんな中、企業によっては不採用通知すら送らない「サイレントお祈り」なるものまであるようで、これも選考結果を今か今かと待つ就活生を傷つける要因に挙げられます。そしてお祈りメールが届いてしまった以上は“不採用”という結果は覆りませんが、仮にお祈りメールが来てしまった場合、就活生はどんな対処をするべきなのでしょうか?

 

 

 

お祈りメールに返信する場合とは?

 

 

 

 

原則として“企業から送られているお祈りメールには返事を返さない”のが就活のセオリーです。企業側の観点でいうと、書類・面接など応募してきた学生達の選考には、人員配置や会場準備などで多大な時間とコストを割く事になります。そして結果的に一部の採用を除いて、多数の就活生に不採用通知を用意し送らなければなりません。ですが一人一人に丁寧に電話や通知書の郵送をしていたらそれこそ膨大な時間が掛かってしまい非常に効率が悪い。そこで余計な手間を最小限に留めるために登場したのがお祈りメールです。

 

就活したての学生の中にはこういったお祈りメールに慣れていないので、返信をするべきか否かが分からない人も少なからずいらっしゃいます。ですがこちらが丁寧に返事をしても大概は迷惑に思われてしまうだけです。選考後に早いタイミングでテンプレ文章の不採用通知が届いたら、その企業の事は素直に諦めて次の企業に応募しましょう。ショックな気持ちに陥るのは仕方ありませんが、就活生には時間が限られていますのでいちいち気にしていたら身も心も辟易してしまいます。

 

 

 

 

ですが上記の返信不要の話は、あくまで不採用という形で早期に決着がついたケース。お祈りメールが来たから返信してはいけないというのは状況によって変わります。こう聞くと「何言ってんだこいつ…」と矛盾しているように思えるかもしれませんが、お祈りメールに返信する場合は明確な理由に基づきます。一体どんな背景があったら返すべきなのかをポイントに分けて解説していきましょう。

 

最終面接まで進んでいたが落ちた

 

筆記試験や一次(あるいは二次)選考を突破し、見事最後の選考まで残っていたけれど力及ばずで不採用になってしまった。こういう場合は十分に返信をする価値があります。というのも一次や二次の段階よりも最後まで残っていた方が、人事担当者の自身へ対する印象が色濃く残っているはずですし、何よりそこに行き着くまで数々のプロセスを経ているわけですから、お世話になったお礼の意味も込めて人事担当者へ返信した方が丁寧さが伝わります。「でも結果的に落とされたじゃん」と思いたくなる気持ちも分かりますが、最後の最後まで採用に検討を重ねてくれた人事担当者に敬意を払うのも今後就活を継続していく上で自信にも繋がります。

 

人事や企業との距離が近かった

 

就活の選考時にはトラブルがつきもの。当日提出するべき書類を忘れてしまったり、電車の遅延で面接会場の到着が遅くなってしまったりと、選考に付き合う人事担当者に心配や迷惑をかけてしまうケースも度々あります。しかしそれでも選考を実施してくれた企業にはそれ相応の感謝の気持ちと迷惑を掛けてしまったお詫びの文章を送るのも、今後社会人として生きていく上で必要になる立派なマナーです。前述の通りお祈りメールは電子メールで送られてきます。返信の際は言いたい事を要約し件名に簡潔にまとめましょう。人事担当者および企業というのは採用活動だけでなく普段の業務だけでも大忙しなので、本文を読まなくても一発で伝わるような文章を考えましょう。

 

志望企業が再応募をしている場合

 

惜しくも選考を通過出来ずお祈りメールを読む羽目になったとしても、志望していた企業が満足に人材を確保出来ず、再度就活生を募集していた場合はこちらにも選考に挑む機会が生まれます。ですがただ前のように普通に応募するのでは親切さに欠けますし、相手方も自分の事を覚えていない事も十分に考えられます。もし同じ企業への再応募を検討しているのなら、以前届いたお祈りメールに返信するのもいいでしょう。その時に「なぜ自分が落とされたのか」という理由を掘り下げて以前とは違う姿勢をアピールをしてみるのもテクニックとしてはありです。

 

不採用に至った理由をどうしても知りたい

 

お祈りメールはその性質故に、“何故自分が落とされたのか”という理由がいまいち掴めません。最初は手元に来てガックリするかもしれませんが、その後に「理由を知って次に活かしたい」と考えるのは人間の性というもの。こういう場合もお祈りメールに返信する理由としては十分です。言うまでもありませんが単純に「選考を通過出来なかった理由を教えてくれ」と送るのは不躾もいいとこなので、ちゃんとお礼の文章を考えて、それをベースに落ちた理由を尋ねるのが一番自然です。ですがこれは同じ業界を志望する際の攻略法に繋がる反面、なかなか返事が返ってこない場合も多いです。なのでお祈りメールに返信して、選考落ちの理由が知れたらラッキー程度に思いましょう。

 

サイレントお祈りを企業がする理由

 

 


 

 

企業が就活生にお祈りメールを送るのは普通…というわけではなく不採用という結果になっても、中には「もう何日も経つし落ちたの察してくれ」って具合に何も言わずに就活生を見送る「サイレントお祈り」が発生する事もよくあります。時間が無くて早く次に進みたいと考える学生からしたらたまったもんじゃありませんよね。業界・企業研究はもちろん自己PRの熟考やESの作成など、書類・面接選考を乗り越えるための努力を重ねてきたのに、最終的に無言で何日も放置されるのは誰だってムッとします。ですが各業界・企業によって様々ではありますが、就活に対しサイレントお祈りをせざるを得ない理由も存在するのです。サイレントお祈りをする理由を以下の方でまとめてみましょう。

 

内定辞退を考慮した補欠キープ

 

就活の場面では、内定を提示してもストレートに承諾する学生もいれば、選考を通過した何人かは別企業へ移り内定辞退を出す事も多いです。もちろんより良い企業で働くには最良の手段であり、就活生には何の問題もありませんが企業側にとっては死活問題です。もし万が一、内定辞退者数が当初の採用計画の予想を遥かに上回ってしまったら、何か月も継続的に採用活動をしていかなければなりません。それを考慮して企業は“採用するかどうか”のボーダーライン上にいる就活生を、ある程度残しておきたいと考えているわけです。

 

忙しすぎて対応がままならない

 

現在の就活事情では就活生に優位の売り手市場が続いており、企業もより多くの優秀な人材を獲得するために囲いたがります。その結果として業務ボリュームも積み重なっていき、合格者・不合格・選考中の就活生の対応で手一杯になってしまい、不合格者へのお祈りメールを出し忘れてしまったというケースもあります。

 

落ちた人からの返しが怖い

 

新卒・中途採用では本人の能力の次第に関わらず、性格的に難ありな人物も適正無しと判断され選考落ちします。お祈りメールを出した際、特にトラブルなどが無ければそれでお終いですが、たまに猛烈に抗議する“クレーマー気質”な就活生も存在します。お祈りメールを丁寧に返すタイプもいれば攻撃的に逆恨みするタイプ。後者の返答を考慮して最初からお祈りメールを出さないという考え方もあるのです。お祈りメール自体がネガティブな存在なので、なるべくデリケートな就活生を刺激したくないという背景がありサイレントお祈りが横行します。

 

企業側の採用活動に対する意識が低い

 

しっかりした大手企業だとあまり関係ありませんが、まだ誕生して間もないベンチャー企業や中小ではサイレントお祈りのパターンが目立ちます。採用を検討する人事担当者が就任したばかりで自身の業務を深く理解していなかったり、発足したばかりで忙しく通常業務と並行して採用活動をしているから片手間感覚になっていたりと、採用活動そのものへの意識の無さや理解の薄さで連絡をしないという企業も存在します。

 

担当者の都合で通知が遅れる

 

風邪やインフルエンザが流行っている時期だと、人事担当者が自宅で療養している事もありえます。規模の大きい企業ならば代わりを立てて連絡をしますが、少人数で回す会社ですと人事が休んでいる事でお祈りメールが送れたかの把握すらままなりません。外資系企業ですと人事担当者が海外に旅行中でお祈りメールを送っていないという話も度々聞きます。

 

サイレントお祈りを避けるポイント

 

 

 

 

このように企業によってお祈りメールを送れない理由も色々とあります。ですが時間のロスを避けたい就活生はただ手をこまねいて待っているわけにはいきません。もし先方から合否の連絡時期を聞いているのにも関わらず、期限を過ぎても来なかったらこちらから電話・メールで連絡しましょう。

 

そしてサイレントお祈りメールを未然に防ぎやすい手段ですが“選考後に丁寧なお礼状を送る”事が浮かびます。企業は数々の就活生を相手にするので、選考を終えた自分の印象が薄まりがちです。そこで他の就活生を出し抜く意味でも丁寧なお礼状を出した方が、好印象に繋がりサイレントお祈りが発生しづらくなります。あくまで可能性の域を出ませんが、印象を更に引き立たせるには有効的なので覚えておいて損はありません。

 

お祈りメールに返信する際の簡単な構成

 

 

 

 

返信する際は、まず最初に選考でお世話になった人事担当者に挨拶をし、在籍している学校名と氏名を名乗ります。選考の過程や結果がどうであれ、企業側に感謝を述べないのは礼儀に反します。きちんと忙しい時間を割いて面接の機会を与えてくれた事への感謝の気持ちを伝えましょう。その後は今後の自身の就活に対する意見や抱負を語れるといいでしょう。選考を落ちた理由について知りたい人は、抱負を述べた後に聞いてみましょう。大丈夫かと思いますが、返信する際は前向きな気持ちで文章を考えてください。企業への不満感を含んだネガティブな文章を載せるのは絶対に避けましょう。

 

まとめ

 

 

 

 

就活において誰もが自身の望む流れを体験出来るわけではないですし、しっかり対策をしてきたのに不採用になってしまったのなら、悲しいですが受け入れるしかありません。落とされた時のメールを読むのは誰でも一度は気持ちが沈んでしまいますよね。ですが一度は入社したいと考えしっかり下調べした上で臨んだ選考なので、お祈りメールが来たからといって恨む事はやめましょう。もし返信する場合は、社会人として恥ずかしくないように、きちんと礼節を重んじた内容を心掛けてくださいね。