書類選考で企業側に注目されるために必要不可欠となる自己PRですが、書き方や内容が稚拙だと納得してもらえないばかりか、最後まで読んでもらえず選考落ちという悲しい結果を引き起こしかねません。ではベストな自己PRの書き方とはどんなものなのか? 今回はポイントに分けてご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

知ってた? 自己PRの書き出しはこうやって書く

 

 

就活において自己PRはお目当ての企業に自分を知ってもらい、興味を持ってもらう機会であり、書類選考が通るか否かを決める一手になります。採用担当者はただ就活生の“良い部分”だけを知りたい訳ではなくて、彼らの経験や考え方が企業にどう活かされるのか、実際に問題が発生したらどう乗り越えるかを自己PRを読みながら考えています。内容も重要なのは言わずもがな、忘れがちなのが自己PRの書き出しで相手が読むかどうかを考えるという点です。「言いたい内容は本文の中盤当たりで詰める予定だしいいじゃん」と思う人も中にはいるかもしれません。しかし、送られてきた膨大な応募書類を相手にする企業の採用担当者は、書き出しの時点で心を掴まれなかったら次の応募書類に移る可能性の方が大きいです。せっかく考え抜いて書いた自己PRなのに、書き出しで躓いて他の就活生の書類に埋もれるのはもったいない。以下では自己PRを書くときに押さえるべきポイントを挙げていきますので、参考にしてみてください。

 

『結論を先に述べる』

 

大前提として自己PRは結論を先に書きだす形にしましょう。相手に自分の強みや熱意を全面的に出していきたいと逸る気持ちは分かりますが、エピソードなどは後々に回し、自分がどういう存在なのかというシンプルで目に留まりやすい文言を最初に持っていくのが鉄則。その方が読み手も理解しやすいですし続きが気になる気持ちにさせる狙いもあります。

 

『曖昧な表現を避ける』

 

ありがちなのが「~だと思います」「~だと言われております」という表現です、先ほどシンプルに結論をまとめるように書きましたが、曖昧に感じる言い方はやめましょう。「だと思います」だと自信が無いと思われてしまいますし「だと言われております」は書き手の印象が薄くなってしまいます。文を締める際は「~です」と断定した表現にしましょう。

 

『使い古されたフレーズを使わない』

 

例えば「私の強みはコミュニケーション能力です」と書いた場合、ありきたり過ぎて興味を引く可能性を失ってしまいます。そしてこれだけだと情報に乏しくどのような能力かを相手にきちんと伝える必要があります。こちらを言い換えるなら「私の強みは、知り合ったばかりの人でも短い時間で仲良くなれる性格です」という具合に想像しやすい表現に直した方が丁寧です。

 

『具体性に富んだエピソードを入れ込む』

 

サークルやアルバイトで大変な時期があった時、「粘り強さで乗り越えた」と書き出す人もよく見かけます。しかし続きを読ませるにはこれだけだと効果は薄いです。「試合でいい結果を残すために練習を積み重ね、目標を達成するために日々厳しい練習メニューに励みました」という形で“粘り強さ”を強調しましょう。詳細なエピソードを書き出す際は、書きたい情報を一度整理した方が書いてる途中で迷いが生じにくくなりますよ。

 

『仕事に直接関係するような書き方を心がける』

 

企業がなぜ応募者を募るかというと、ずばり“一緒に働く仲間を見つけたい”からです。ですから自分の個性ばかりを主張するのではなく、業務内容や企業の雰囲気を紐づけるような自己PRは、相手を惹きつけやすいです。

 

『ネガティブ要素を盛り込まない』

 

繰り返しになってしまいますが自己PRは企業に自分を知ってもらうための絶好の機会です。そんな場なのに自分の評価を自ら下げてしまうような言葉を使うのはご法度です。「〇〇が苦手」「〇〇していく自信が無い」と墓穴を掘る行為はしないように気をつけましょう。

 

『自分の強み(スキル)の活かし方を書いて締める』

 

今後お世話になる職場で自分の持つ強み、学生時代で培われたスキルを具体的にどうやって活かしていくつもりなのかしっかり考えて文章の締めとしましょう。企業によって活かせるスキルは違ってきますので、ちゃんと仕事に貢献できる強みを伝えた方が企業側にとっても心強いです。

 

短所は短所のままで終わらせないで書く

 

 

 

長所をアピールするのは当たり前な話ですが、短所を書き出すには考慮するべきポイントがあります。ですがその前に自身の長所・短所がどういうものなのかを理解しましょう。「なぜコレが長所や短所になるのか」「この要素は過去にどう活きたか」「自分だけでなく周りの環境にどう影響するか」など、自分の半生を振り返りじっくりと考えてみましょう。長所・短所を考える事は自分の行ってきた行動を考える事と同義です。また、短所は言葉通り相手にマイナスのイメージを与えかねないと書き出しに迷う人もいるかもしれません。ですが長所と短所は表裏一体の関係であり、裏を返せば短所を改善するための具体的な要点を挙げることで相手に信頼出来る誠実な印象を与えられる可能性があります。例えば「楽観的な性格が短所」ならば「フットワークが軽く、何事にも積極的に取り組めるチャレンジ精神がある」とも言い換えることが出来ます。短所を“ただの短所”のままで済ますのはもったいないので、“新たな長所に化ける可能性”を示唆した言い方にしてみましょう。

 

まとめ

 

 

企業に自分の持つ魅力を感じさせるための自己PR。選考の可否を決定付けるこの文章に誰もが手を抜かず必死に考えて取り組みます。けれど書き方の違いや曖昧な言い方で最後まで読まれる事なく落とされてしまうのは就活に対するモチベーションにも影響してしまいます。ですが説明するべきエピソードの順序立てや書き出しの形式さえきちんとしておけば、相手からの興味をそそりやすいですし、その後の面接などの選考も円滑に進みやすいのは確か。必ず読み手が納得出来るような具体的で理解のしやすい文章の書き出しを心がけるべき。稚拙なフレーズだと作文感があり社会人としての素養を疑われてしまうので、今一度自分の自己PRの在り方を見つめ直してみましょう。

タグ

自己PR 就活 企業 書き出しのポイント 書類選考 結論 エピソード 強み スキル 長所 短所