今年も3月1日に就職活動が解禁されました。と同時に「エントリー」と「プレエントリー」も開始されました。「プレエントリー」とは自身の個人情報を登録することで、企業から会社説明会やエントリーの案内を送ってもらう申し込みです。また、自己PRや志望動機を書く必要はありませんので、簡単にできます。

3月1日になった瞬間から、就活生が一斉にプレエントリーをしようと、会社のホームページや就活サイトに押し寄せます。

 

 

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

 

プレエントリーはしなきゃダメなの?

 

 

 

プレエントリーすることが就活では必要です。

その理由は、プレエントリーしなければ企業にエントリーすることが不可能なためです。

多くの企業は、エントリーシート提出の前に企業説明会への参加を就活生に求めていますが、

その説明会はプレエントリーをした就活生しか予約できないことになっています。

となると、説明会を予約できない就活生は参加ができないため、

当然企業にエントリーすらできず、本選考にも進めなくなってしまいます。

 

こういったことから、企業の説明会に予約、参加するにはプレエントリーしている必要があります。プレエントリーをした就活生が企業の本選考に進む資格を得られることがあります。

そのため、プレエントリーは就活ではすべきであり、就活の一連の流れにおいて大切な手順です。

 

また、よく就活生に多く見られるのは

「業界も決まってないのにプレエントリーができない」ということ。

正直なところ、就活解禁の時点で志望業界が決まっている人の方が少ないです。

ですので、プレエントリーは「就活生と企業との出会いの場」です。

 

そういった人のためにプレエントリーの方法を2つ伝授します。

 

 

はじめは企業10社をプレエントリーをする

 

まずは10社、プレエントリーをすることを目標にしましょう。

プレエントリーに不安を感じる必要はありません。業界が決まっていない方は、各業界に対する偏見や謝った認識が少ない傾向が見られます。

つまり、素直に業界研究と企業研究をすることができる寛容性がございます。

書籍やネットで調べてみて、少しでも興味を持つことができたら、関連する企業に即プレエントリーをしてみて下さい。

 

 

さまざまな業界を調査してみる

 

10社プレエントリーができましたら、既にプレエントリーした企業が

どの業界に属しているか調べてみてください。

例えば、「金融、銀行」のワードを検索サイトで検索をしてください。

そうすると、多くの企業が引っかかります。

見つかった企業はどんどんプレエントリーしていきましょう。

 

この2つを根気強く繰り返すことで、興味のある業界や企業を探すことができます。

 

 

 

プレエントリーいつからはじめて、いつ終わるの

 

 

 

プレエントリーの時期は3月1日からです。実は、プレエントリーにも決まった時期があるのです。「就活の解禁は3月1日から」と言われますが、解禁されるのは「企業の広報活動」です。

つまり、就活生を対象に企業が「広報活動」を許される時期が3月なのです。

プレエントリーは、その「広報活動」にあたります。

会社は就活生にプレエントリーをさせて、登録してもらった個人情報宛に企業の宣伝を送るのです。

 

プレエントリーの期限がいつまでかというと、期限はありません。

しかし、プレエントリーをしないと企業からエントリーシートはもらえませんし、エントリーシートの送付には期限があります。

なので、プレエントリーは就活解禁の3月1日から済ませておくべきです。

企業によっては3月中旬に説明会がある会社だと、3月中旬にプレエントリーをするのでは遅いですので早めに申し込みましょう。

プレエントリーは、いつまで行っているかというと3月末までです。

必ず、3月1日~上旬までに気になる企業のプレエントリーを全て済ませておくようにしましょう。

 

プレエントリーした企業には「必ずエントリーしなければいけない」と勘違いをしている人がいますが、そんなことはありません。

必ずエントリーしなければいけないという義務は発生しないため、プレエントリーした企業のエントリーを辞退しても、全く問題はありません。

そのため、少しでも興味を持った企業は積極的にプレエントリーするようにしましょう。

 

 

プレエントリーは辞退できるの

 

 

 

上記で少し触れましたが、「間違って興味のない企業にプレエントリーしてしまったので辞退したい」という学生もいます。

しかし、プレエントリーを辞退する方法はありません。プレエントリーは単なる「会員登録」のようなものなので、説明会へ参加する義務やエントリーシートの提出義務が求められることはございません。

なので、「プレエントリーを辞退したい」と企業側に連絡をするのも必要ありません。

就活サイトからでなく、企業のホームページからプレエントリーした場合は、

画面の下に「退会する」という項目があります。そこから辞退できることも可能です。

 

プレエントリーをしたからといって、必ずその後のイベントに参加をする必要はございません。

個人情報を企業に登録しただけなので、プレエントリーを放置をしても面倒なことが起きたりすることはございません。

あくまで選択肢の幅をできるだけ広げる程度のツールとして活用されてください。

 

 

まとめ

 

 

 

プレエントリーでは「知らない会社」ほど、

とりあえずプレエントリーしておくことがオススメです。

というのも、プレエントリーは後から「やっておけばよかった」と後悔することが多く、 3月上旬のうちにやっておかないと取り返しがつかないからです。

持ち駒を多く持っておくためにも、たくさんの企業にプレエントリーされてみてください。

就活の段階でいろんな会社を知っておくと、選択肢の幅が広がります。ぜひ見ておきましょう。