華やかなイメージのあるブライダル業界。結婚を望む男女の理想的な挙式をサポートする責任重大な仕事です。

しかし綺麗事だけではやっていけないのもブライダル業界のツライところ。

今回はブライダル業界の仕事についてと裏側について解説します。

 

 

 

 

昔と違って今はブライダル業界にとって厳しい時代

 

 

 

 

そもそもブライダル業界とはプランニングから挙式時のセッティングや司会など挙式サービスを行う業界です。

結婚式や披露宴は男女の一大イベントですので、依頼主が満足のいくウェディングになるように事細かにスタイルやスケジュールを調整し、条件の折り合いをつけ、式に携わるスタッフ全員が最後まで親身に取り組むとても責任のある仕事です。

ですが近年では結婚そのものの必要性が若年層の中で薄らいでおり、ブライダル業界にとってあまり喜べない流れが生まれています。その大きな要因として挙げられるのが「ナシ婚」です。

交際の長いカップルが籍自体は入れるが結婚式は挙げずにいるという例が顕著に現れているのがブライダル業界にとって痛手となっています。

この影響もあってかブライダル業界の市場規模は縮小傾向にあり、好転の兆しが見られないというツライ状態が続いています。なぜナシ婚が多くなっているのかというと理由としては「少子化」「金銭的な不安」があります。

高齢者に比べて若年人口は減少しつつあり、そして度重なる不況の煽りを受けて共働きが増え、経済的な余裕が若者には無いという結果になっています。

その反面、比較的経済状況に余裕のある中年層の男女が遅れて式を挙げる晩婚化も伸びています。そのためブライダル業界では結婚式の件数よりも式の単価をより重視するようになりました。

こういった様々な要因が積み重なり、男女の結婚に対する意識とニーズの変化が生じ厳しい展開へ繋がるようになったのです。ですが結婚式の減少数は上がっていますが、晩婚化が進み件数より単価を求める流れのため、それでも業績を伸ばしている企業もあります。

そしてブライダル業界では他の業界と違い、大手が市場の寡占化を進められていないという点があって、大手中小ともシェアを伸ばしている傾向はあります。

 

 

ウェディングスタイルの変化で参入企業が増加

 

 

 

 

近年のブライダル業界では既存の型(ホテルウェディング)にハマらない自由度の高いお洒落な「ハウスウェディング」が台頭しています。欧州風の開放的で広々とした建物を貸し切って、プライベート感に溢れた挙式・披露宴を行うものです。種類としてはゲストハウス系やリゾート系にホテル系と、今ではウェディングの形はニーズに合わせて多様化しています。その影響もあり老舗のホテル側はかつてのウェディングシェアを取り戻そうとし、それに対抗するかのようにアパレルや飲食などの新規企業が参入。結果的に国内のブライダル業界の競争が激化しています。企業も差別化の工夫を図る必要があり、ウェディングだけでなくレストランやスタジオといった事業展開に取り組む姿勢を見せています。

 

 

ブライダル業界の魅力や気になる裏側について

 

 

 

 

ブライダル業界は華やかでやりがいに満ちているという先入観で応募してしまい、実際に働いてみて「想像と全く違う」とギャップに苦しむ人も多いです。

業界が持つ華やかなイメージとは、表舞台で見かけることの無い多大な苦労と長期にわたるスタッフの努力で出来上がっているのです。そのギャップに耐え切れず早期で業界を離れる人も少なくありません。

ですが、挙式の主人公である一組の男女の最高の思い出を作り、親族や友人など関わる人達を全員幸せな気持ちにするという、この業界ならではの魅力があります。プロデュースする式の形などは十人十色であり、機会によって新たなアプローチをする必要があります。

一回の挙式の仕様が変わるので飽きが来ず、そういう意味ではブライダル業界は刺激に溢れた仕事です。ただ現実的な暗い面に目を向けますと、離職者の数が多いというのもブライダル業界の特徴であります。

先ほどイメージのギャップについて離しましたが、職員の待遇や労働環境も離職に大きな影響を与えています。

以下ではブライダル業界がツライと感じる要因を挙げてみますので、この業界を志望する人は参考にしてみてください。

 

『労働時間』

 

ブライダル業界は他のサービス業と比べて労働で拘束される時間が長い傾向にあります。

週末に式が入る場合が多く土日も削って働く場合も。朝も6時から動き始めたり終電ギリギリで働いているなんてケースもザラです。平日シフトは比較的に朝遅く帰りは早い場所もあります。

けれど一週間単位で見ると労働時間は長く、体力がもたなくて辞めるという話も聞きます。

 

『給与の低さ』

 

一概には言えないのですが例を出して言うと、某大手ブライダル企業で働く勤続6年目の40代の人でも平均年収が512万ほどだったりするので、労働時間や受け持つ仕事の責任の大きさを考えると、決して高いとは言えません。

新卒で入社しても激務な上に数年間は満足のいかない実入りというのは覚悟した方がいいでしょう。

 

『責任が多大』

 

結婚式を無事にそして満足のいくように成し遂げる前提で進むので、スタッフは常に全身全霊で挑む必要があります。

その月の自身の担当組数が多かろうと休みなく接客した後でも関係ありません。

ちょっとしたミスでも式の当事者からしたら思い出に関わるので、会社の評価にも繋がりクレームにもなりで、責任の積み重なりでメンタル面の懸念があります。

 

『キャリアプラン』

 

一般的にキャリアアップはウェディングプランナーからリーダーへ。

その後はマネージャから支配人(責任者)に昇格となっていて役職に応じて給与も上がっていくという会社がほとんどです。

ただ「あくまで自分は式に直に関わるプレイヤーでいたい」と考える場合は、その時点で昇格を望めない事になります。

 

『職場の女性比率』

 

ブライダル業界は男性も勿論働いていますが圧倒的に女性の比率が多い環境です。

会社によって比率に関しては差が出てくるかと思いますが、式場の現場で働く人の7割程度が女性と言われています。

男性にとっては少し肩身の狭い職場になるかもしれません。

また結婚・出産のタイミングで退職するケースも往々にしてあります。

 

『利益・顧客満足度のバランス』

 

会社勤めとなると利潤の追求は必要です。

ですが会社から求められる数値と担当する顧客の幸せを天秤にかけ、予算などの都合で上手くバランスが取れず、自分のやりたい事を見失って転職を視野に入れる人もいます。

 

 

ブライダル業界の仕事の種類

 

 

 

ブライダル業界の仕事は接客スタッフと事務系の営業アシスタントなど様々な人がいます。

接客スタッフになると式の打ち合わせやテーマの設定。案内やイベント提案など幅広い対応を請け負います。

営業アシスタントは、プロデューサーやコーディネーターといった担当者の代わりに見積書を作ったり必要な物品の手配もします。

後述にて接客スタッフのメインとなる人気の仕事について紹介をしていきます。

 

『ウェディングプランナー』

 

挙式の1から10までを責任を持って担当します。

新郎新婦の希望と予算を把握し、入念な打ち合わせをしてその後の具体的なプランを練り、会場から衣装に料理や引出し物といった必要な物を手配します。

時には式のリハーサルも行い、万全の状態で新郎新婦やゲスト達をお迎えするのが業務の流れとなります。

 

『ドレスコーディネーター』

 

新婦を美しい花嫁姿に変貌させ、新郎のコスチュームもベストなものを選択する結婚式には欠かせない存在です。

新婦達のドレスの要望も大事ですが、プロの視点で雰囲気などに適した最高の状態を作り上げます。

ファッションセンスだけでなく相手の気持ちを読み取る事も大切です。

 

『ヘアメイクコーディネーター』

 

ウェディングはドレスの様式に限らず和装もありえます。そういった対応力を求められます。

一般的な美容師の業務範囲とは違った専門的な知識も必要です。

会場での披露は勿論、写真撮影などにふさわしいヘアメイクをしなければなりません。

多くはホテル内のヘアサロンに勤務するヘアメイクアーティストが担当しますが、プロダクションに所属する者もいます。

 

『介添人(アテンド)』

 

人生の大事な晴れ舞台という事もあり、新郎新婦の緊張度は相当なものです。

その気持ちをほぐし、式や披露宴が滞りなく進むように両名を傍でサポートするのが介添人の仕事です。

ドレスの裾を持ってあげたり着崩れを直したり、招待されたゲストへのおもてなしもする必要があります。

結婚式では予期せぬハプニングが起きる可能性もありますので、そういった出来事にも臨機応変に対処できる余裕も持つ事が大事です。

 

『音響・照明』

 

結婚式では新郎新婦の思い出を振り返ったり、両親へ感謝の手紙を読んだりと思い出深い場面が存在します。

その都度ベストなBGMを流し会場の照明を調整したりして雰囲気を作り上げる縁の下の力持ち的な存在です。

結婚式のシーン一つ一つで雰囲気の変化をもたらすので神経は使いますが、理想の演出が出来た時の達成感は大きいです。

まとめ

 

任の重さや業務の多さで離職者が多いのは確かです。

しかし新郎新婦の門出を祝うという意味ではブライダル業界はやりがいは十分にあります。

一生のイベントを扱う訳ですから数多の人にダイレクトに感謝される仕事ですし、「人の喜ぶが見たい」と思う人は是非チェックしてみてください。