今までの人生の振り返りや今後したい仕事はなにかを見極める上で就活生なら誰しもが経験する自己分析。

ですが分析した結果を合説や面接の場でどう活かせばいいのか迷っている人も中にはいるはずです。

今回はこの自己分析にフォーカスを当てつつ、説明会や適職診断での考え方についてお話します。

 

 

 

 

 

就活相談はこちら!

 

 

皆が躓きやすい自己分析のポイントって?

 

 

 

入りたい企業に自分を売り込むためには、まずは自分の強みについて把握する必要があります。「協調性がある」や「簡単に諦めない粘り強さが自慢」など、仕事に活かせる企業に貢献できる自分が誇る“武器”について知ること、つまり自己分析がちゃんと出来ているかが就活を突破するのに肝心な要素となります。ですが多くの学生が「あなたの魅力や強みは何?」と問われた時、具体的且つスムーズに答えることが出来ないのが実情です。自己分析が行き届いている人は自身のアピール出来るところや仕事への熱意や将来的なプランについて面接官に訴えかけることができます。

 

 

 

 

自己分析が出来る人と出来ない人の差は一体何なのか?それは「そもそも自分に強みがないと思い込んでいる」か「アピールポイントを表現する語彙が少ない」の2点に分けられます。前者ですが“自分と誰かを比べてしまう”ことにより自信を失い、結果「自分には就活で活かせる強みがないんだ」と思い込んでしまうケースです。ですが、人としての能力で見たら自分より上がいるのは当たり前の話です。スポーツや勉強もどんなに頑張ったって自分より優れた結果を残す人が現れるのは自然なこと。勿論その結果も重要ですが、大切なのは“自分が何を成し遂げて何を学んだ”かということです。スポーツの試合だって、敗北を経験してそこから勝利や成長に繋がる糸口を見つけることがほとんどです。負けを知らない勝利者はいません。自身と他者を比較するという不毛なことはせず、何か得意なことや継続している好きなことがあれば、「これが私の強みになる」のだと考えましょう。そして後者に関してですが、自分が伝えたいことは頭ではハッキリしているけれど、ボキャブラリーの欠如故に履歴書やESでは上手く表現できないということ。自分の人生を振り返り、強みとなる箇所を発見出来ても文字や言葉で伝えることが出来ないのは非常にもったいない。こればかりは本を読んだりして知識を増やし使うべき言葉を補完するしかありません。

 

 

 

 

面接官は「どんな仕事を任せられるか」「どんな成果を挙げてくれるか」をイメージするために、就活生が持つ意志に注目します。自分のしたいことや実現するための将来を見据えたプランニングなど、抜かりなく自己分析しているかが相手を納得させる上でカギとなります。

 

 

自己分析を理解しなければ合説は価値が薄い

 

 

 

 

各業界、様々な企業が入社志望者に自社への理解を深め興味を持ってもらうために開催するイベント「合同説明会(合説)」。数万人という就活生が何時間も待ち各ブースを回って企業の説明を受けに行く大切な機会ですね。お目当ての企業以外にこの場で他の企業を知り興味を持つなんてことも往々にしてあります。企業によってはこの合説の参加有無が採用選考試験のための条件になることもあります。ですがやみくもに、ただ数多の企業の情報収集のために参加するという姿勢は時間の無駄になってしまいます。先ほども触れましたが参加しても説明を聞くための待ち時間で1時間程度消費してしまいます。時間が限られている就活生の手前、「とりあえず参加しなきゃ」と臨むと、今自分が知るべき情報は何かを見失ってしまい、結果としてただ時間だけが過ぎてしまっただけになってしまいます。自己分析がある程度済み、自身の方向性が定まっている就活生は合説自体の参加はあまりオススメしません。合説は企業説明会に比べると深い内容まで突っ込まず、そして“企業の良い点”ばかりしか聞けない場なので、どうしても行く価値が薄いと感じてしまいます。自己分析を上手く活用したいのなら単体の企業説明会に参加したほうが建設的です。志望する企業の情報がいかに自分に適しているかが判断しやすいので、説明会の参加の目的を見誤らないようにしましょう。

 

 

「仕事の5つのタイプ」で自分に適した職種を明確に

 

 

 

 

自分がやりたい仕事が早急に見つかるというのは立派ですが、その一方で“やりたい仕事が自分に向いているとは限らない”というのも就活の落とし穴です。入社したら30~40年と長い時間勤めることになるわけですが、当初思い描いていた仕事のイメージとかけ離れてしまうと誰だって一度は後悔してしまいます。“やりたいこと=向いている”は似ているようで違います。実は新卒入社した会社を3年以内に辞めてしまう人の割合は3割というデータが存在し、この数値自体もここ十数年でそこまで変動していません。「やってみたい業界に飛び込んだのに、こんなはずじゃなかった…」という声も度々聞かれます。そういった結果を生んでしまう要因は「自身と仕事のミスマッチ」。なので“興味”はまず置いておいて、“向いているか否か”を企業選びの判断材料にしましょう。世の中に仕事は星の数ほどあれど、種類そのものは5つのタイプに分けることが可能です。「自分が向いているのはどのタイプなのか」という見方で考えれば、企業選びも難しくありません。

 

『0から1を生む仕事』

簡単に言えば“今までになかったものを生み出す仕事”です。企業や新規事業がイメージしやすいかと思います。

 

『1を10にする仕事』

世間にあまり認知されていない商品やサービスの市場を開拓していく仕事です。ベンチャー企業や商品販路を開拓する営業が該当します。

 

『10から100にする仕事』

元々ある仕事を一気に拡大していく仕事です。人員・エリア拡大に繋げる経営企画などが挙げられます。

 

『10を維持する仕事』

企業売り上げなどの“数字”を下げず、現状をいかに維持するかという点が重要になる仕事です。

分かりやすい例がルート営業や一般事務職といった職種になります。

 

『マイナスを0にする仕事』

売り上げなどの最低ライン(マイナス)を0のラインにまで改善、維持させるタイプです。企業の助けになるコンサル職もそうですが、病気(マイナス)を治す(0に改善)医師もこちらに該当します。

 

こうして分かりやすく仕事を分類化させることで、自分に合った仕事は何かという点と、自己分析の結果を結び付けやすくなるかと思います。そのために学生の時分はアルバイトからインターンなどを経験し、就活の際はこの5つのタイプを参考に自分に向いている仕事を見つけてみてください。

 

 

まとめ

 

 

 

意外と自分を理解することは他人を知ることより難儀するものです。自分にマッチした仕事選びという重要な作業が並行すればなおさら混乱が生じてしまいます。ですが長い期間自分の理想とする企業で働きたいのならこの作業は欠かせません。自分がどういう人間で、どういうことに興味があり得意とするのかを些細なことでも分析し、上記の5つの職種のタイプと照らし合わせて見事楽しくやりがいを感じる仕事を見つけちゃいましょう。