menu
ログイン 会員登録
gotop

就活相談してみませんか?

【2019/2020卒向け就職相談】


無料就活支援サービス

Smart就活エージェント

詳しくはこちら

3月から始める就活! 就活生同士に潜む落とし穴とは

 

アルバイトやら色々な事情が重なって就活に向き合うのが3月になってしまったと自信を無くす人は毎年必ず現れます。ですが落ち込む必要はありません、本格的に就活準備のスタートに入るのは3月でも遅くはないのです。ではどうしたら周りとの遅れを取り戻せるのか?そして同じ就活に励む者同士の関わり合いで生まれるデメリットとは?今回はそこに注目してみました。

 

 

 

目次

3月の解禁後から本格的に就活準備を始める人へ

就活仲間に流されて自分のペースを崩さない

今の時期から進めるべき事は?

まとめ

 

 

3月の解禁後から本格的に就活準備を始める人へ

 

3月1日からは各企業のエントリーが解禁され、6月には選考スタートとスケジュールが一気に埋まり慌ただしくなってしまう就活シーズン。

その前の時期から就活にまつわる情報収集などの準備が遅れてしまい「他の人に出遅れた…どうしよう」と不安に思ってしまう人も中にはいらっしゃるかと思います。

確かに諸々の準備や心構えが早ければ早いほどそれなりに余裕を持った質の高い就活に臨む事が出来ます。ですが結論から言いますと3月から本格的に腰を上げても間に合います。

その理由として、3月時点ではまだ就活の大部分を説明会が占めているからです。

大多数の就活生が3月のエントリーに申し込み様々な企業の説明を受けるのが3月の大まかな流れとなります。

その後は勿論エントリーシート(ES)の締め切り日もありますが、仮に逃したとして3月後半や4月にESの2次の締め切りがありますので、そこまで悲観する必要はありません。

そして他の就活生とスタートダッシュが遅れても、3月の時点でSPIやESを集中的に行えば挽回は可能です。

この場合は説明会に極力参加しない事を前提に進めます。

というのも、説明会は確かに企業の上澄み程度の情報しか知らない就活生にとっては有意義な環境です。

人事担当者から受ける企業の内情や実際に働く人の声が生で聞けるのは貴重な経験ですしその後の選考にも影響を及ぼします。ですがその反面、1つの説明会で待ち時間や移動などを込みで半日近くの時間を削られてしまいます。

そうなってしまうと3月から準備を行う人にとってはESなどの取り組み時間が圧迫されてしまうので、参加そのものが就活の行く末を左右しかねません。それに酷ですが身も蓋もない事を言ってしまうと、そこまで時間と手間をかけて行った説明会で企業理解を深めても、選考で落ちてしまっては元も子もありません。

そういった懸念を考慮して、3月でも他の人に間に合うようにするには3月時点でES作成やSPIの勉強のために説明会そのものを捨てる選択をする決断も必要になるのです。

他の就活生も説明会に向かう頻度が多いほど勉強した内容を忘れる可能性が高いですし、SPIやESの作業に何日も徹しても結果は出せます。

 

就活でもっとも重要となるのが“スケジュール管理”です。

過密なスケジュールに慣れていないという人は3月までに、遅くても3月の時点で慣れて管理出来るようにしましょう。

というのも就活生の中には時間調整にミスが生じて就活の予定がブッキングし、結局どちらかを切り捨てねばならないという問題が起きる人もいます。

今までアルバイトに専念していて、就活のスケジュール管理がしっかり行えていなかった人も3月以降もアルバイトのシフトを組んでしまい、結果的に泣きを見るという場合も無きにしも非ずです。

企業を知る機会というのは3月を過ぎれば徐々に減っていき、6月の選考に向けて今まで以上に精神的にも肉体的にも切迫する流れになるので、3月の自身の身の振り方には気を付けましょう。

3月で最初から就活を開始する人はイベントに時間を割くのは極力避けつつ、ESなど今自分がやるべき事に優先順位を設けて諦めず進めましょう。

 

就活仲間に流されて自分のペースを崩さない

 

同じ苦労を共にする就活生同士の情報収集・共有は大変貴重であり、困窮していた自分や他の人への助け舟となる要素です。

お互いに狙っている同一の企業があるのならば、それぞれが情報を渡し合い選考への対策も練りやすいですから、こういった就活仲間の存在は何物にも代えがたいです。

ですがメリットばかりではなく思わぬ落とし穴が潜んでいるのがこういう関係の怖いところ。

確かに情報を深め合い切磋琢磨し合えるのは良い事なんですが、“就活を自分本位で進めづらい”という側面も持っています。というのも就活生はロボットではなく人間です。

「周囲に自分を良く見せたい」という見栄がどうしても生まれてしまうもの。

知り合いが誰もが知る大手企業ばかりを志望していると、自分も負けじと「自慢できるくらい知名度のある場所を選ばないと…」と妙な虚栄心が現れ、その結果自分に合う合わないを度外視した就活へと発展してしまいます。

“張り合い”という言い方は適切ではないかと思いますが、周りに流された挙句に自分の本当に進みたい道を見誤ってしまうのは危険です。高学歴の就活生がこういった傾向に陥りやすいという話も聞きますので、自分の人生を決める就活は自分の考え方・行動で挑んでください。

 

 

そして就活生同士が“ライバル”であり“戦友”といったある種、志のある意識が高い関係性であるならばあまり関係ないかもしれませんが、“友達同士”という感覚で集まってしまうとただ企業への愚痴を言い合うような関係になってしまいがちです。

決して楽な道のりではない就活を一緒に臨む訳ですから仲間意識が出てくるのは自然な事です。

しかしそこでただ就活に対して不平不満しか漏らさないような間柄になっていくと、何の生産性の無い馴れ合いの関係に変わってしまいます。そうなってしまうと相手が自分の志望する企業の内定を勝ち取ったときに想像以上の精神的ダメージを負いかねません。

 

今の時期から進めるべき事は?

 

3月時点で就活に取り組み、遅れを取り戻せる可能性はあるという話をしてきましたが、段階的にどういった手段を取るべきなのでしょうか?まずESの作成に着手しましょう。

数が多く業種様々な企業でも聞かれる質問は限られているので、アルバイトやサークル活動など自分の持つエピソードを情報整理して3月中に纏めておくと後々の就活に精神的な余裕が生まれます。

そしてESは締め切り日があるのでなるべく早めに提出しましょう。

締め切り日になるとESは再送が出来ませんので、情報の漏れや書き損じが無いように入念なチェックを忘れずに。SPIに関してですが、応募者の「性格検査」や「能力検査(言語問題・非言語問題)」の対策(勉強)を欠かさないようにしましょう。

受検するテストセンターによっては「英語能力検査」「構造的把握力検査」の2つを加える可能性もありますので、受検する際はよく確認しておきましょう。

企業には書類選考でESとSPIが必要となりますのでスケジュールを確保して必ず受けましょう。

またテストセンターでの受検結果を別に志望する企業へ送る事も可能です。

過去一年以内に受けた結果なのか最新のテスト結果なのかは送信先の企業には通知されませんので、時間に差し迫っている場合は利用しましょう。

 

 

 

実は3月の段階で面接を行う企業も存在します。経団連に属していない外資系企業などは面接を行うケースがあります。面接自体も企業によって目立った差異は無く、学生の時分に取り組んだ内容や志望動機といったものがほとんど。なので3月の時点で他の企業に比べ志望度がそこまで高くない企業でもどんどん面接に向かいましょう。

 

まとめ

 

学生としての人生に区切りをつけ、社会人としての華々しいデビューを飾る上で避けては通れない就活。ですが他の人が自分の一歩二歩先を行き、未だに自分だけ準備不十分な状態だとこれからどうするべきなのか焦燥感に駆られます。ですが本稿でも伝えた通り、就活の準備は3月からでもまだ間に合います。そのためには自分が今何が必要で何をすべきかというのを見失わず、周りの関係に振り回されないようにしましょう。