「せっかく説明会にも積極的に参加して、ESや自己PRも作り込んだのに春採用で選考惨敗してしまった…」と途方に暮れている就活生向けに、今回は夏採用に関する情報をお伝えします。

「皆は内定を取り夏休みを謳歌する予定…。でも自分は取れていない」と落ち込まないでください。夏でもまだ良い企業と巡り合う機会は転がっています!

 

 

 

就活相談はこちらから!

 

ホワイトな企業もたくさん! 夏採用で内定を獲得

 

 

 

 

そもそも夏採用とは、6月下旬頃から8月末まで続く採用活動です。現在は売り手市場として就活生に有利に流れが傾いている傾向にあります。そのため引く手数多と言ってはなんですが、自分の志望する企業の内定を一足早く手に入れる就活生が他に応募した企業の内定を蹴るケースが多く、当初の予定よりも採用する人材を獲得出来ずにいる企業も昨今増えてきているのが現状です。そういった背景があり6月を過ぎ夏本番を迎える時期になっても企業側は採用活動を継続しているのです。

 

「でも人が集まらないって事は要するにブラック企業なんでしょ?」と疑いの眼を向けたくなる気持ちはよく分かります。ですが制度や待遇、社内の雰囲気共にホワイトな環境にある企業も就活期間をギリギリになっても優秀な学生を求めています。その理由ですが以下の理由が挙げられるでしょう。

 

世間に認知されづらいので人が集まりにくい

 

BtoB企業の場合、その業務内容故になかなか世間の人から注目されないという特徴があります。そのため社員を大事にするしっかりしたホワイト企業だとしても、就活生の目に留まらないという難点も含んでしまい、結果夏でも募集をかけるようになりました。

 

海外に留学していたので、帰国後の夏に就活をする学生もいる

 

人によりけりですが、大学生の内は言語学習や異国文化交流で海外へ留学する機会が多いです。日本と全く違う環境下にある海外留学は就活時に書くESや自己PRで相手に受けるエピソードなども比較的容易に生まれやすいので今も昔も大人気ですね。そういった人達が帰国した時に、海外の経験を活かそうと夏に就活を始めます。こういった点を加味し夏の就活事情が落ち着く流れを見せないのです。

 

大学院試後に就活を始める学生も多い

 

院試は大学受験より倍率が低く合格は難しくはないと言われていますが、落ちてしまう人は一定数存在します。その学生達の今後の進路としましては、新卒採用や既卒採用、公務員試験といった道が残されています。もちろん学生として引き続き院浪・留年という選択肢もありますが、就活生目線で進行していきますのでこちらは割愛します。仮に院試不合格となってしまっても結果が分かるのは8月上旬から9月の初旬なので新卒・既卒採用を視野に就活しても間に合います。

 

 

 

 

 

この3点が夏採用の大きなポイントです。「企業も大手ではなく中小や無名な所ばかりでしょ」と考えるかもしれませんが大手や上場企業も6月選考でも人材を確保出来ず夏採用を続けている所が多いです。就職支援でお馴染みのマイナビによると、上場企業でも半数以上の割合で6月選考を過ぎた後でも変わらず採用活動を続けているという調査結果が出ています。売り手市場の影響は人材獲得を実現できず採用に至らない大手企業(採用枠が大きい)やBtoB企業に色濃く反映されているのです。

 

もちろん業績もよくBtoB企業だからホワイトなんだと考えるのはまだ早いです。最終的にどんな企業か見極めるために「就活口コミサイト」も活用して情報を上手く整理しておきましょう。このように春で上手くいかなかった人でも夏にチャンスがまだ転がっています。ですが懸念点としては春採用と比較すると夏採用は選考の枠が少ないので、就活の難易度は若干高めに感じられます。理想を追い求め挑戦する気持ちは大切ですが、大手ばかりを狙うのではなく「この仕事、自分に向いているかも」と感じた夏採用継続中の企業を見つけたら積極的にマークしておきましょう。

 

どんな業界が夏でも変わらず募集をしているの?

 

 

 

 

夏採用でまだ人材募集をかけている企業にはまだまだ多くの大手が軒並み揃っています。例年変わらずに夏採用をしている企業には「本田技研工業」や「日本テレビ」に「読売新聞」、「三菱商事」「ヤマハモーター」「損保ジャパン」といった有名企業が連なっています。まさに選り取り見取りといった感じですが、これらの企業は6月下旬や7月上旬下旬にエントリーの締め切りが設けられていますので、お目当ての企業がありましたら漏れのないように締め切り日を確認しておきましょう。

 

他にもシーズンに限らず通年で採用を受け付ける企業も複数あり、大手では「ユニクロ」や「ソフトバンク」。外資系企業の場合は「ネスレ」「ユニリーバ」。ベンチャー企業ですと「メルカリ」や「DeNa」などがあります。ですが先ほど軽く、大手一辺倒で臨む難易度について触れていましたが、他にも大手のグループ会社も視野に入れて考えましょう。グループ会社の場合は大手企業より人は集まりにくい上に選考の難易度も大手企業よりは易しいという面を持っています。

 

夏の就活に挑む際はこの点に注意しておこう

 

 

 

 

正直な話、夏採用をしている企業は就活生に「なぜ春の就活時期で弊社を受けなかったの?」という疑問を投げかけてきます。勿論、企業側は「春の選考で第一志望に落とされたから」など就活生の内情はある程度は把握しています。当たり前の話ですがストレートに「他で選考落ちしてしまったから」なんて語るのはタブー。ここで肝心なのは「あえて夏に応募した訳(春頃とは違う志望度の変遷)」です。答える形は変わりますが“企業へ納得のいく答えを出す”という本質は変わりません。夏の時期に志望度の低かった場所へ行く考えに至った経緯を嘘偽りなく話しましょう。

自分の志望動機が春に比べどういう変化を遂げたのかという点を煮詰めて答えれば、相手にも誠実な印象を与える事が出来ます。そして夏まで就活しているとなると「今現在で他の企業で内定を獲れたか」という質問もしてくる可能性はあります。そういう疑問も解消できるように正直に無いと答え、なぜ今まで内定を獲れなかったのかという反省点も考えておきましょう。

 

まとめ

 

 

 

 

就活を無事に終えた周囲の人が夏の雰囲気に浮かれる中、ずっと変わらず企業の情報収集や志望動機などの練り直しをするのは、暗い気持ちで押しつぶされそうになってしまいがちです。ですが春がダメだったからというだけで就活を諦めてしまうのは早計です。ここで解説したように夏も変わらず就活に向き合えば、あなたの努力と人柄を理解してくれる企業はきっと現れます。大手企業だけを狙わず成長中のベンチャー企業やBtoB企業、大手のグループ会社など目の前にある可能性は進んで挑戦しましょう