適職診断

 

みなさんの幼児時代、通っていた幼稚園や保育園に体育を教えてくれる先生が、いらっしゃったのは覚えてますか。
子供にスポーツを教える仕事として、幼児体育指導員があります。幼児体育指導員は女性も当然いらっしゃいますが、男性のほうが若干多いです。

 

男性で保育を志望していても従事される男性教諭の人口は少なく、保護者からは男性教諭に対して少し抵抗を持たれがちなのが現状。
幼児体育指導員ですと、子供が好きな男性でも保育士や幼稚園教諭より適度な距離感があり就くこと可能です。また、子供も好きでスポーツが好きな方にも向いているでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

内定への近道

 

幼児体育指導員とはどんな仕事か。

 

幼児体育指導員とは、幼稚園、保育園、スポーツ施設にて体育の指導をする幼児体育の専門指導者のことで、主に幼児から小学校の低学年までの子供を対象に体育を教え、健全な運動育成を目指す専門家です。
心身の発達に合わせて基礎的な体力づくりの活動や体育を通して、身体だけでなく、心の健康や協調性などを育てることも仕事の一環です。

 

なぜ幼児体育が必要なのか

 

■子供の総合力が養われる

外で遊び、みんなで体を動かすことは体力や運動のためばかりではありません。
みんなで行うことで協調性や、道具を使ったりすることで培われる創造性が見につきます。

 

■自ら考え動く力

親や大人が過度に手をかけてしまうと、子供自身が考える力が弱まりがちになります。運動は自主性を鍛え、自ら考えて行動を起こせるようになります。

 

■子供らしさを旺盛にさせる

跳び箱や鉄棒ができるようになったりといった技術が身につくことを目標とするのではなく、体を動かすことで心や脳、体を育てることができるものです。その過程で技術も身につくため、子どもの自信や達成感につながっていきます。

Smart就活に無料登録する

 

■柔軟性を高める

全体の筋肉や関節をほぐしケガがしずらい体をつくっていきます。また、子供たちに運動を通してケガなどを体感してもらうことで子供は経験をして学習していきます。

 

■心拍機能の活動水準を高める

遊びとして運動を取り入れ、あらゆる運動の基本となる動きを正確に行うリズミカルさやスピードを加減して動きのコントロールをする能力を身につける。

 

業界研究無料相談実施中

幼児体育に必要な資格ってあるの?

 

幼稚園や保育園で子供たちに体育を教えるには「幼児体育指導員」「運動保育士」といった資格が必要になっていきます。予め、保育士や幼稚園教諭の資格は取得していることが望ましいでしょう。
国家資格を所有していると資格手当がつくことも多く、就活に有利になるケースもございます。

 

幼稚園教諭の資格が取れる学校は、主に保育系の学校となりますが、資格取得ができる学校では幼稚園教諭の資格と同時に、幼児体育指導員などの資格が取れるところが多いです。

 

幼児体育指導員に関連する資格を取得してから実務経験が必須になります。幼児体育系の学科やコースがある専門学校や、幼少年体育振興協会が行っている通信教育講座を修了するとよいです。

 

運動保育士の資格は「運動遊び実践」と、「子育て脳機能」の2つに分かれていて、それぞれ初級・中級・上級の各級があります。コースと級も、資格を取得するには資格認定試験の受講が必要です。

Smart就活に無料登録する

 

■運動遊び実践

「幼児期運動指導検定」コースともいい、どんな場面でも発達年齢にあった遊びができるプロを養成するコースです。いわゆる体育の先生を養成するのではなく、遊びの計画を組んだり、子どもが運動好きになるような指導ができたりを目標としています。

 

■子育て脳機能

こちらのコースは「脳機能と発育発達」

 

・脳に関すること
・記憶力を高める
・語彙を増やす
・集中力を高める

 

といった分野を学びます。最新の脳科学をもとに、子供の力を発揮させられる取り組みや、幼稚園や保育所で脳について話ができる専門家を目指せます。