「就活するなら資格は持っておいた方がいいよ!」就活生の間では毎年のように囁かれる言葉ですが、その答えは“半分正解であり半分不正解”なのをご存じでしょうか? 確かに汎用性抜群の資格や難関な資格を持っておくと、書類上では華やかで優秀に見えますが、大事なのは資格の有無だけでなく“使い方”です。今回は選考における資格の活かし方をご紹介します。

 

 

資格は“取得の実績”と“将来”への結びつきが重要

 

 

 

 

資格は自身のスキルアップはもちろん、能力面の可視化で非常に便利な“アイテム”です。毎年就活生の中でも、企業に向けたアピールポイントの模索に悩んでしまい「資格を多く持っておけば優秀に見えるだろう」と考えて取得に躍起になる人も散見します。もちろんその意識は間違っていませんし、取得にも努力が必要になりますから“就活で活かしたい”という意味では決して無駄にはなりません。

ですが、ここでお話ししておきたいのが“資格の数は企業にとって魅力的な要素ではない”という事です。

確かに志望する企業の業務内容で必須な資格や取っておけば後々で役に立つものは存在します。しかし企業・業界に関連しない資格を、ただ闇雲に取り入れるのは正直言って効果が薄いのです。

 

就活において企業は“優秀で意欲的な学生”を囲おうと積極的な採用活動をしているわけですが、選考で何に注目するかというと“資格の内容も含め、今まで行ってきた努力が企業の利益に繋がるか”という点に他なりません。

持っている資格が業務に関係しているものか? 取得の際にどんな事が大変だったか? そして自身の課題をどう解決したか?

企業は何も学生の“現在のスペック”だけに注視しているのではなく“学生時代にしてきた努力の過程や学習した事”、“それらを将来的にどう活用していくつもりか”といった部分を気にしているのです。

資格はあるに越したことはありませんが、新卒採用の面では上記のような“取得に至った背景”が説明出来ないと企業の興味を引く事は難しいでしょう。

 

資格取得は新卒より中途の方が注目されやすい

 

 

 

 

新卒の場合は、採用活動の時点でも“当人のポテンシャル”が重視され、意欲的な姿勢と明確なキャリアビジョンなどがあれば、入社前のタイミングで「〇〇の資格が無いとダメ」という風に細かく要求される事はありません。

それに資格が無かった場合でも、多くの企業では“入社後の資格取得”も奨励しているので正直な話、就活だからといって資格について神経質になる必要はないでしょう。

 

ですがそれなりのキャリアを積んで別企業に転職する中途の立場だと、新卒に比べ資格の価値が大きく変わります。というのも中途採用というのは、要するに採用後すぐに活躍出来る“即戦力”を欲しがっています。そういった意味でも仕事に活きやすい資格の保有は、中途の方が新卒採用に比べて直接的な評価に繋がりやすいのです

 

就活で資格を活かすコツは“自己PRへの盛り込み”

 

 

 

 

過去のエピソードを振り返り、自分の性格や特性といった強みをアピールする自己PR。多くの人は部活やアルバイトにボランティアなどの経験を軸に、強みの主張をしていく傾向にあります。

しかしこの時に「資格・強み」とセットにして自己PRに盛り込めば、資格の存在感と自身のポテンシャルを同時にアピールする事が可能になります。

先ほどもお伝えした通り、就活生の立場だと資格そのものは直接的な評価に繋がらない事が多いです。資格の種類自体も志望する企業の業務に結びつくものでないと、仕事の生産性ないし利益の向上に役立たないので意味が無いと判断されます。

 

そして本選考では、企業は学生の“輝かしい経歴や成果”よりも努力の過程を見て人柄を判断するものです。取得難易度が高い資格を所有しているにもかかわらず選考で落ちてしまう人は、この点のアピールが欠けている場合が多いとされますね。

ではどうすれば資格が活かされるかというと、単純に“資格を取ろうと考えた経緯の説明と自分の強みが勉強の中でどう発揮されたのか”を解説していけばいいのです。

資格を複数持っていれば「自分は優秀な人間なんだ」と“錯覚”してしまいがちですが、勉強はあくまでインプット作業の連続であり、企業が欲しいのは必要な情報を無駄なくアウトプット出来る人材です。

資格の誇示ではなく“難関な取得勉強を乗り越えた自身の強みを御社でどう活かしていくつもりか”をアピールしましょうね。

 

時間がある内にこの資格だけは取っておこう!

 

 

 

 

前述で散々、就活での資格の必要性について語りました。その資格が仕事をしていく上で必須なものだったり、取得行為が志望動機に紐づく以外を除くと、就活生にとって資格は選考を突破するための最強の武器にはなりえません。

ですが、全ての資格が活かしづらいというわけではなく「必要最小限これだけは取っておいて損は無いよ!」とオススメ出来る資格もございます。

 

ズバリ何かというと「TOEIC」「普通自動車運転免許」の二つです。

外国人労働者や外資系企業の数も増加傾向にあり、国内でのグローバル化が顕著なわけですが一部企業では社内の公用語を英語にするところも現れてきています。それに英語は世界共通語なので、語学スキルとしてはビジネス・日常生活に限らず汎用性抜群です。スコアとしては600~800ほどがベストでしょう。

また運転免許も、最近は若い層で“車離れ”が広がってきている時代ではありますが、免許そのものは持っておいて困る事がありません。身分証明書にもなりますし仕事では若手が公用車を用いて現場に向かう事も往々にしてよくある話なので、MT(もしくはAT)の免許を時間がある内に取っておきましょう。

まとめ

 

 

いかがでしたか? 「就活が始まってもアピールポイントが無い!」と焦る学生の多くは資格の数で魅力を補完しがちですが、その前に「なぜその資格が必要なのか」という点や、資格そのものの活用方法を理解していないと結局、他の就活生の影に埋もれてしまうだけです。 まずは自分の強みをしっかり理解し、そこから欲しい資格と結びつくかどうかを判断しましょうね。