新卒就活生が企業に求める条件は色々とありますが、ワークライフバランスや福利厚生サービスといった魅力とは別に、給与の高さも企業選びの軸として重視されています。
せっかく長い社会人生活を送るのですから、誰だって高い年収を稼ぎたいと思いますよね?
なので、本稿では高給を稼げる仕事についてお話ししていきましょう。

Smart就活に無料登録する

 

 

高い年収を稼ぐ人とは?

 

高収入を稼ぐ人を「1000万円プレーヤー」と呼ぶことがありますが、20代であっても1000万円以上の年収を稼ぐ人は存在します。20代の就労人口が約1000万人であり、そのうちの0,2%にあたる約2万人が1000万円プレーヤーとされているのです。
そのような人たちはどんな業界にいるのかといえば、「総合商社」「コンサル系企業」メガバンクなどの「金融関係」に集中しており、この3つの業界に就職するにも並大抵の努力では実現しないでしょう。
新卒採用において学歴フィルターを設けている企業ならば難関大学の卒業が条件になりますし、業種職種によっては海外留学で英語をはじめとする語学スキルの獲得、さらにMBA(経営学修士)の取得などが求められることも……。

Smart就活に無料登録する

 

ただ、高学歴でなくても営業職で粉骨砕身し、成果が出た分だけインセンティブを稼ぐエネルギッシュな高年収組も見かけます。
高学歴に比べて能力的に“劣っている”ように感じられるかもしれませんが、入社前から資格や専門的なスキルを身につけておけば、頑張り次第で周囲との差を広げることができるでしょう。
ここからは高い年収を得られる仕事を5つピックアップしていくので、ぜひ仕事選びの参考にしてみてくださいね。

 

総合商社

 

30代で稼げる平均年収が1000万を超えるケースも珍しくないため、上昇志向の強い就活生からは依然人気の業界として名高いですね。
初任給は20万円前後と他の業界とそこまで大きな差はありませんが、常に在庫を持たない商社の特徴ゆえに、事業でかかるコストが抑えられるため、社員に利益を還元しやすいので継続して働いていけばそれだけ多くのお金を稼ぐことが可能になります。

Smart就活に無料登録する

 

総合商社は海外展開が事業拡大のカギとなるため、総合職に就いて海外駐在などの経験を積んでいけば年収はどんどん伸びます。
東南アジア諸国などの新興国に赴き、買付などの契約を結んでいけば、新卒の給与並みの手当てがつく場合もだけでなく、物価の安い国々で働くと支出を抑えられるうえに給与を日本円で支払われるので、キャリアに関係なく高給を稼げるわけです。

 

ただ、世界規模のフィールドをまたぐことになりますから、治安が良くない地域へ派遣されることも無きにしも非ず。
そして、就活では体育会系が有利と囁かれますが、総合商社ですと高学歴、語学、コミュニケーション能力以外での高い知識とスキルも要求されるため、入社難易度はかなり厳しいと言えます。

 

コンサル業界

 

どんな企業であっても、経営や戦略にコンサルティング会社の助言やバックアップを受けているものであり、自社内で経営戦略を立てるのは言うまでもありませんが、新事業や分野への進出やマーケティング調査、社内コンプライアンスの改善などでは外部からのコンサルティングが欠かせません。有名なコンサルティング・ファームでは「マッキンゼー」「ボスコン」「アビーム」「アクセンチュア」といった名を聞いたことがあるかと思います。日本の「NTTデータ」や「大和総研」「野村総研」などのシンクタンクもコンサル系企業です。

Smart就活に無料登録する

 

これらの会社に入ってコンサルタントになれば年収1000万円は珍しいことではなく、シニアクラスのコンサルタントでは2000万円以上もの大金を稼ぐ猛者もいらっしゃいます。
アナリストは500~800万円とコンサル系の中では比較的給料が低いですが、残業が多いので超過分の手当てを加えれば相当な金額を稼げます。

 

ただし、先ほど触れた総合商社のように就活生でも高い学歴とスキルを求められ、コンサルでは外資系も多いことから、英語の読み書きは大前提の条件となるでしょう。

 

金融業界(メガバンク)

 

「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」に代表される日本のメガバンクは、人気企業ランクでも常に上位を占める優良企業であり、入社数年目でも高収入を稼げる企業の一つです。
3社とも新卒入社して得られる給与は20万円前後の横並びになりますが、メガバンクということもあり、20代後半での平均年収は700万円以上を記録しています。
なお、日系企業ではなく外資系の金融機関ならばさらなる高給を稼ぐことが見込めるでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

ただ、その一方で、高学歴とりわけ数字の扱いに強みのある理系学生が重視され、選考難易度がなかなか高いのは今も昔も相変わらず。さらに、新卒入社してからも部署ごとで高い目標を設定されて社内の競争力が常に高められ、同期との関わりも場合によっては殺伐としやすくなる傾向にあります。
融資を見込める相手にはとことん入り込まなければならない仕事の性質と、朝から晩まで営業で酷使されることが起因して身体や精神を病んでしまう者も多い印象も……。

 

仮想通過など手数料の安い金融商品の台頭、AI技術を用いた個人資産の運用などで、たとえメガバンクであっても将来的には現在と同水準で稼げる業界ではなくなる可能性も考えられます。

 

マスコミ業界

 

マスコミ業界の中でもテレビの在京キー局の給料は群を抜いており、在阪のキー局でも同様です。
営業は他の業界と変わりませんが、制作部門はロケ出張や時間外労働も多大であり、そこで高給を稼ぐことができるでしょう。ただ、それが地方局となると驚くほどの格差が生じ、テレビ局同士でも稼げる金額は異なります。

Smart就活に無料登録する

 

新聞も高収入業種の一つですが、「朝日」「毎日」「読売」「日経」など、紙媒体の需要低下に伴い、どの新聞社でも購読率が下がっている傾向にあります。
新聞社の社員の平均給与が40代で1200万円近いですが、各社ごとで400~500万の差が出ているのも特徴的。
さらに、稼げる業界だった出版では、上位ランクの「学研」「ベネッセ」「東洋経済」などは1000万円クラスを維持していますが、出版業界は規模の違いが大きいので、月収20万円台もざらです。

 

最後に広告に関してですが、WEB媒体での広告やCM制作にイベントの開催など、プロモーション活動からマーケティングまで幅広い業務を担うことになるため、激務でブラックと囁かれがちですが、年収はメガベンチャーでも30代で平均700万ほど稼ぎ、「電通」などの大手企業で40代で1000万以上を稼ぐとされています。

 

不動産業界

 

オフィスビルや商業施設に住宅の建築などで業績を上げる不動産業界も、高年収を稼ぎたい就活生にはおすすめの道と言えますね。
地域密着の都市開発事業がメインだったり、海外進出でアジアや欧米にてさまざまな建物を複合的に展開していくものと、企業によって事業の方針は変わるものですが、住宅や施設にプラントといった巨大な代物を扱う世界なため、企画や開発などでメインに関わる人は、稼ぐ年収が高めになっていくわけです。

Smart就活に無料登録する

 

「三井不動産」「三菱地所」「住友不動産」「東急不動産」「野村不動産」といった大手になると平均で、年収900万~1000万円がほとんど。
ただ、不動産業とは言っても不動産を仲介する街の不動産屋が世の中にはたくさんあります。その多くは仲介手数料が大本の収益となり、自分が扱って契約した物件の量によって稼げる年収に大きな差が出てきます。

 

営業実績を残せず基本給だけだと200万円程度ですが、営業で稼げば2000万円も夢ではなくなります。とにかく扱う商品の金額が大きい業界なので、その手数料も馬鹿になりません。社員10人程度の小さな仲介業者でも、契約件数をこなせば給料に反映されやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回取り上げた業界はほんの一部に過ぎませんが、新卒であろうと目の前の仕事に一生懸命に取り組み、日々勉強を重ねていけば、今以上の年収を稼ぐことが可能になります。
就活生はここで紹介した仕事をあくまで例として捉えておき、“稼げる”だけではなく「本当に自分に合った仕事なのか?」という研究・分析も忘れず行ってくださいね。
 
本当に自分に合った仕事と巡り合うために『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』へ登録して就活を進めていきましょう!
Smart就活の就活エージェントサービスでは、あなたに最適な企業をご紹介します。ただ闇雲に企業を紹介するのではなく、就活生とのマンツーマンでのカウンセリングを通して、ご希望の条件に合った企業を厳選するのでご安心ください!カウンセリングは直接お会いしてもできますし、電話やメール、LINEでも承ることができます。また、企業の紹介だけでなく就活準備をしている時のふとした疑問点でもお気軽にご相談ください。
あなたの就活に寄り添う『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』をぜひご活用ください!