前回では「体育会系の人が評価を受ける理由」を明らかにしてきました。今回は「サークル代表者は就活で有利かどうか」について説明していきます。サークル代表や副代表(またはサークルで幹部)を経験してきた人は多いかもしれません。そして、その経験を使って就活用の自己PRなどを考えている人もいることでしょう。しかし、ちょっと待ってください!その経験は本当に評価される内容でしょうか?あなたのサークルでの経験は、もちろん評価されるものです。

 

ただ本当に就活で高い評価を受けるかどうかを、本記事の内容を読んでチェックしてみましょう!
私は面接官として過去に1万人近い学生と面接をしてきた経験があります。その中の10%の1000人近くが「サークル代表者」や「サークル副代表者」などの経験者でした。しかしその中で本当に「高い評価を受ける内容や経験」を持っている人は少なかったです。
その理由は今回ご紹介していく内容を読み進めると明らかになります。

Smart就活に無料登録する

 

 

有利になるのはケースバイケース

 

サークル代表という経験が就活で有利になるかどうかは就活生自身にかかっています。本当に大きな学生団体の代表で常に高いプレッシャーと厳しい仕事をこなし、かつ学業とも両立してきたという場合は、その経験を就活で有利とすることができるでしょう。

Smart就活に無料登録する

 

どのようなサークルの代表でも、人の上に立って全員をまとめた経験についても同じことが言えます。代表の経験が評価されないわけではありません。しかし、「サークル代表」という肩書きだけで評価されるわけではないという点に注意が必要です。
前の記事で書いたようにサークル砕氷も体育会系の人と同じで、要するにその経験の中で「3つの能力」を高められたかどうかが大事です。
あなたがその3つの能力を高められており、そして実際のエピソードを話すことが出来れば、サークル代表という経験は有利になります。

 

アルバイトや勉強でも有利になるときがある

 

ここまで読んで気づいた方もいるかもしれませんが、「体育会系」や「サークル代表」などの肩書きは関係ありません。
就活では「3つの能力」が高いかどうかということです。部活動などは環境的に厳しいために比較的に3つの能力を高められた人が多いかもしれません。

Smart就活に無料登録する

 

アルバイトやベンチャーの起業、長期インターンなどでも同じです。その中で「3つの能力」が鍛えられれば就活では有利となります。例えばアルバイトでファストフード店の店長、ベンチャー企業の社長であっても、どちらでも大きくは関係しないと言えます。もちろんそこで得た経験も大切であり、そこで何を学び、どのような姿勢でそれらに取組んでいたかも重要な評価対象です。しかし、良い学びや経験をそこから得られている人は、それに比例して「3つの能力」も高められている人であることが多いのです。

 

「3つの能力」の高さが就活で有利になる

 

結論としては、「体育会系」「サークル代表」などの肩書きだけでは就活で有利になることはありません(もちろん最初の段階の経験としては有利になるが、内定を勝ち取る直接的な要因とはなりません)。そうした経験の中で「主体性」「協調性」「論理性」の3つを高められたかどうかが、最終的に就活で有利になるかどうかに関係してきます。

Smart就活に無料登録する

 

最初にもお伝えしましたが、就活で評価される人とは「3つの能力」が高い人です。つまり、この能力を就活開始までにどれくらい上げられるかどうかが、就活の結果を決めるきっかけにつながります。
以上、「体育会系」や「サークル代表」の人がなぜ就活で有利になるのかを説明してきました。
巷には「体育会系有利」「サークル代表が有利」「資格保持者は有利」など言われていますが、そこには本当の理由があります。ぜひ、ここで得た正しい知識をもとにして、就職活動にむけて正しい対策を取っていきましょう。

 
就活が本格化してくると、よく就活生の間で「体育会が有利~、サークルで役職に就いていたから有利~」といった話がささやかれますが、どれだけ学生時代に人に誇れるような経験を積んできたとしても、それだけで就活に有利になるとは限りません。むしろ、志望先の企業が求める人物像と乖離(かいり)した考え方やビジョンを持つ就活生であれば、相手の信用を得ることは難しくなりますし、これまでの経験を前面に出してアピールしたところで、それが具体的に今後の仕事にどうつながるのかが分からなければ内定獲得はできないでしょう。就活で重要なのは、「相手に一緒に働いていくことへの安心をさせること」「経験や結果が大切なのではなく、努力や挫折の過程で何を学び、何を身につけたかを明確化すること」。そして、「相手の望んでいる要素が自分に備わっているか分析し、それを根拠とともにアピールすること」の3つです。どれだけ優れた専門的能力を持つ人物でも、関わりのある人と良好な関係を築けない、やりたくない興味のないことはすぐに投げ出す、論理的な話し合いができないようでは、本当の意味で優秀な人材とはいえませんからね。

 

もしも、「自分にはアピールできることなんてない」「過去のエピソードや学んだことをどう伝えればいいか分からない」と悩んでいるなら、『Smart就活の就活エージェントサービス(無料)』にご相談ください。
就活エージェントとマンツーマンで面談を行えば、自己分析や企業研究の精度を上げられるだけでなく、興味のある企業の情報を代わりに集めてくれる、スケジュール管理を手伝ってくれるなど就活の負担を大幅に抑えることができます。Smart就活をどれだけ利用しても完全無料ですし、電話あるいはLINEでもやり取り可能なので、忙しくてなかなか就活エージェントに会えないという方にもおすすめです。就活を効率よく進めたいならば、これを機にSmart就活へ登録しておきましょう!

 

 

■「体育会系」に関連した記事一覧