就職活動において広告業界と聞いて思い浮かべるのは、やはり電通や博報堂といった広告代理店ではないでしょうか。華やかなイメージのある広告業界は、やはり就活生にとって人気で倍率はとても高いと言われています。しかし、普段学生にとっては関わることのない業界であるため、実際に私も、広告代理店が何をしているのかは企業説明会や業界研究をするまではわかりませんでした。

 

 

簡単に説明すると、広告代理店とは、商品やサービスを売るために広告を出したいと考えている「広告主」とテレビや雑誌、新聞、ラジオ、ウェブメディアなど広告を載せる場所を持つ「媒体者・メディア」の間に立ち、広告アイディアの企画や制作会社への依頼、メディアの買い付けや販売などを行います。広告代理店の仕事は、かっこいい広告をつくるだけが仕事ではありません。

一つの広告を作るのにも、広告主の要望を聞く人・広告を考える人・広告枠を買う人・市場分析をする人など、様々な人が関わってやっと広告が完成するため、広告代理店の仕事は「チームでの仕事」となることが多いです。

 

また、広告代理店にも「総合広告代理店」・「専門広告代理店」・「ハウスエージェンシー」があります。

総合広告代理店は、あらゆる種類の媒体をつかって広告を出すことができ、電通や博報堂、アサツーディ・ケイはここに入ります。専門広告代理店とは、一つの媒体に特化していて、メディアよりの広告代理店といえます。例えば新聞広告やインターネット広告に特化した代理店で、サイバーエージェントや読売ISなどの企業があります。ハウスエージェンシーは、特定の企業やグループに属した広告代理店で、その企業やグループの広告はハウスエージェンシーである広告代理店が担当します。例えば、JR東日本企画(jeki)や東急グループの東急エージェンシーという企業があります。

それぞれの広告代理店にはそれぞれの違った強みがあります。幅広く広告の仕事をしたいのか、または専門的な知識を身に着けたいのか、または媒体者でもあるという強みを生かした広告をしかける仕事をしたいのか、など自分のビジョンとじっくり照らし合わせて、どんな企業で働くか考える必要があります。

 

 

私は「特にデジタルに関わる仕事」に重きを置いて、「総合広告代理店」やインターネット広告などの「デジタルマーケティング」に特化した企業、広告作成やウェブサイト構築を行う「制作会社」などの企業で就職活動を行いました。デジタルに関わりたい理由は、近年の広告業界においてインターネット広告が急激に成長しているため、デジタル分野に触れることで最先端の仕事に関わることができると考えたからです。また、今後広告業界で仕事をすると考えた時に、デジタル分野の経験は自らの市場価値を高めるとも考えたからです。

ですが、同じデジタルでもそれぞれでできる仕事内容は違うため、身につくものも違います。

例えば総合広告代理店であれば、デジタル関連の部署に配属になればインターネット広告やデジタルを生かしたマーケティングについての知識を身に着けることができる他、幅広く仕事がある故にデジタル分野以外の知識を身に着ける事もできます。また、デジタルマーケティングに特化した企業であれば、より早くデジタル分野に関するプロフェッショナルになることができます。

また制作会社であれば、実際に自ら作り上げるという技術を身に着けることができます。

このようにどの企業に入るかで数年後できる仕事がかわってきます。私は、20代でデジタル分野はもちろん、他にもオールマイティに仕事を経験し、30代以降で自分の専門分野を極めた仕事をしたいと考えたため、デジタル以外の媒体にも関わることができ、尚且つ様々な職種が経験できる総合広告代理店に就職をすることを決めました。

 

 

広告業界は、その広告を載せる媒体によっても、広告主であるクライアントの業種によっても、自らが携わる職種によっても、一人一人がたどるキャリアの道筋が違う、大変面白い業界であると思います。その反面、自分の中で将来なりたい自分像やキャリアプランがしっかりないと、就職活動時も入社後も勝ち残れないのではないかと思います。